投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 方位鑑定お願いします(1)
  2. 引っ越し方位について(2)
  3. 月の境目(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


リフォーム

 投稿者:さくら  投稿日:2019年 4月13日(土)23時02分27秒
  二階の一部屋を、畳から床にしたいと思います。
畳を床にする行為はリフォームと考えないといけないのでしょうか?
リフォームであるならば、よい時期を選びたいと思いますが、
二階はどの部屋も全て北とみるという話をきいたことがあるのですが、そうなのでしょうか?
二階でも、二階の中心をだし、その部屋方位をみるのでしょうか?
よろしくお願いします。

 

何度か連絡してるのですが。

 投稿者:まきメール  投稿日:2019年 3月30日(土)18時18分5秒
  0666733575でよろしいんですよね?何度もかけてるのですが、不在なのでしょうか?
メールに連絡頂けるとありがたいのですが。もし、明日心斎橋の大宝連合会館で授業ならそちらに伺いますが、連絡がとれないのでどうすべきでしょうか?

 

まき様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥燿  投稿日:2019年 3月30日(土)15時30分27秒
  ご迷惑おかけして申し訳ありません。
こちらもIT担当が原因を解析しているところですが、
現在ホームページ全体を、SSLと呼ばれる証明書で通信を保護しているのですが、
その証明証の更新が本来、SSL証明書は更新時期に自動的に更新が行われるべきところ、
どこかの手続き不備のため行われていないようで、ホームページを表示する際に警告がでているようです。サーバー側とも原因を確認しているとのことです。
復旧に向けて鋭意対処中とのことです。今しばらくお待ちください。
考祥館気学会の固定電話は今まで通り使えますので、
こちらにご連絡下されば私に連絡が取れるとなっています。
ご連絡下されば、鑑定をさせて頂きます。
 

ありがとございます

 投稿者:まきメール  投稿日:2019年 3月30日(土)02時53分9秒
  三谷様ありがとございます。
プライバシーが保護されませんとエラー表示がでてしまい、フォームからメッセージが送れませんでした。固定電話にも昨日の昼~夕方に電話させて頂いたのですが。また日中にでもかけさせでいただきます。
 

まき様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥燿  投稿日:2019年 3月30日(土)02時13分37秒
  ご心配ご迷惑をお掛けしております。
先代逝去後もその生前に意志の従い、教室も鑑定も変わらず継続させて頂いております。
鑑定依頼はホームページのお問い合わせのフォームからも可能ですが、
大塚の携帯電話はもちろん解約になっておりますが、ホームページ掲載の固定電話はそのままです。
鑑定ご希望でしたらいずれかでご連絡頂ければと思います。
 

鑑定依頼

 投稿者:まきメール  投稿日:2019年 3月29日(金)19時02分10秒
  すみません。このサイトで先生がおなくなりになったことを知りました。数年前に帝塚山の大塚先生に鑑定してもらい大阪の教室にも何回か通ってたのですが家相鑑定を依頼したいのですがどうしたらよろしいでしょうか?(終了証はあえて貰ってませんでした)
先生に鑑定依頼をと思い電話したら繋がらず困ってたところ、このようなことになってたことを知りビックリしてます。

 

憲輔様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥燿  投稿日:2019年 2月21日(木)08時24分34秒
  ご迷惑をかけて申し訳ございません。
もちろん鑑定させて頂いております。
鑑定フォームの不備が整わずご迷惑をお掛けしました。
東京でもご面談がご希望なら東京の担当者が対応します。
お示しいただいたメールアドレスにご連絡申し上げます。




 

鑑定していただきたく

 投稿者:憲輔メール  投稿日:2019年 2月20日(水)22時27分55秒
  以前、大塚先生に何度か鑑定していただいた東京在住の者ですが、そろそろ引越しを検討したいと思っており、鑑定をお願いしたいと思い、Webサイトのお問い合わせから1ヶ月ほど前に問い合わせを送ったのですが、返事をいただけなかったので、こちらへ書いて良いか悩んだのですが、こちらは稼働しているようなので、書かせていただきました。
東京ですが、鑑定はやっていただけるのでしょうか?
 

三谷祥燿さま

 投稿者:かのん  投稿日:2019年 2月12日(火)21時45分58秒
  詳細な回答を頂き、誠にありがとうございます。
今回、久しぶりに転居を予定しており、方位に関するサイトの情報を鵜呑みにし混乱していました。

月命殺は転居には使えない、ということを理解いたしました。
詳しいことについては個人的に鑑定を依頼することにします。

この度は、大変丁重にお返事いただき恐縮いたします。
先代大塚先生の頃から体制がお変わりないことを私も嬉しく思います。
 

かのん様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥燿  投稿日:2019年 2月12日(火)08時50分9秒
  先代大塚先生ご存命のころからのご意向とご希望に沿って、
またご逝去された際は、これを先代の命と受け止め、
考祥館気学会を、体制を崩さずそのままの形で引き継いでおります。

さてご質問についてですが、月命殺はあくまで凶方ですので、
原則として移転の際には使ってはいけません。
また的殺はありますが、本命に対するものです。
したがって月命に対しての的殺はありません。
もちろん月命的殺という言葉そのものが不適切な使い方であって、そのようなものはありません。
本命、月命そのものの働き、作用、意味から、おのずと意味のないものとなります。
昨今いろんなサイトなどでもしばしば出てくる言葉ですが、
本来の意味を解っていないと言わざるを得ませんので、
紛らわせられないようご注意ください。
あらためて、
月命殺は凶方となるので移転に使えない、月命的殺はない、
ご銘記ください。

これ以上の具体的な内容については、恐縮ですが鑑定のほうへお願い頂けますでしょうか。
当会では先代から允許頂いた弟子らも講師、鑑定士として活躍してくれていて、
ご依頼頂いた鑑定は、先代のころから同様の手頃な費用で手がけさせて頂いております。
ご要望があれば何なりと鑑定フォームからご依頼ください。

最後になりますが、
大塚先生に鑑定を受けられたご縁、大切に思って下さり有難く存じます。
 

/200