スレッド一覧

  1. 方位鑑定お願いします(1)
  2. 引っ越し方位について(2)
  3. 月の境目(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/1958 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ひまわり様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥燿  投稿日:2018年 9月 6日(木)12時52分36秒
  通報
  この「質問箱」の掲示板では、
あくまで気学の基本的、一般的な事柄を扱わせて頂いています。
したがって個々の具体的な内容にはお答えは致しかねますこと、あらためてご容赦ください。
壊れたものは早くなおす、それに移転が伴うならそれなりの対応が必要、
ここまではお答えできます。
早くなおすにしても、できれば避けたほうがいい場合もあります。
吉方なのでと申されていますが、年盤なのか月盤なのかもこちらでは判断しかねますし、
それについては個別の内容によって判断も変わってきますので、いい加減なお返事はできんせん。
したがって鑑定の範疇のこととさせて頂いております。
再度一般的なことについてお答えします。

<月命的殺について>
まず、月命的殺というのは気学ではありません。
私共のホームページでも一切出てこない言葉です。
教室の講義でお話している内容になり、
論理的な考えに基づいてのことで、理由は密象にあたるので差し控えます。

<子供の方位>
子供の方位をみるときは、本命でなく月命から吉方凶方をみなければなりません。
子供にはそれに加え、小児殺という凶方も考慮が必要です。

<移転の方位>
移転方位は、年盤と月盤ともに大切です。
年盤だけ、月盤だけで吉方、凶方の判断をすると、とんでもないことになります。
大凶はいかなる場合も不可です。
凶方であっても使える場合、使えない場合が個々あるいは状況で違ってきます。
また、地図で境界線をきちっと入れて確認することも肝要です。
これをされない方が大変多く、結果凶方であったということもよくあります。
行くところがない、という八方塞がりのケースは、
実際の私共の鑑定事例では、稀有な例は否定しませんが、まずありません。

<”吉凶は動より生ずる”>
と言います。 動かなければ吉作用もない代わり、凶作用も生じてきません。
動くことによって、はじめて吉凶が出現するというものです。
動いて吉作用を重ねていくことは、大変に苦労、労力の伴う場合も多々あります。
凶方を重ねてしまっている人は特にそうです。
また、凶方、凶作用を受ける、これも動いてはじめて生じるわけです。

現状では、これ以上はお答えしかねます。
状況は同じでも個々の内容によって判断が変っきます。
良かれと思ってお答えして凶であれば大変だということです。
 
》記事一覧表示

新着順:9/1958 《前のページ | 次のページ》
/1958