<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 引っ越し方位について(3)
  2. 方位鑑定お願いします(1)
  3. 月の境目(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


わんわん様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥耀  投稿日:2021年10月19日(火)19時23分46秒
  大きい面積にコンクリートを張るとヒビ割れなどをリスクが高まるので、
スリットを入れ、そこに草が生えるとグリーンベルトが出来て見栄えがいいので、
しばしば使われる手法ですが、手入れはそれなりに必要となりますね。
その間をコンクリートで埋めたいとのこと、それなりに構わないとは思いますが、
地からの気という点では、それを塞いでしまうことにもなります。
この方位であれば触ってはいけないという普遍的なものではなく、
そこに住む人の九星や十二支、また時期としての年月の九星によっても変わってきます。
また、年4回の土用中の着工は避けたほうがいいのではないでしょう。
 

ひまわり様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥耀  投稿日:2021年10月19日(火)19時18分27秒
  コウモリが…とのことですが、方位云々よりも早く対処されることでしょうね。
意図せぬことですし、壊れたものも放置せず可及的速やかに修理すべきで、同様の対応が必要でしょう。
 

外構のスリット

 投稿者:わんわん  投稿日:2021年10月19日(火)13時38分54秒
  庭にコンクリートとコンクリートの間にスリットがありそこに砂利をひいてましたが雑草が生えるので砂利をとって(深さ10センチ以内)薄くセメントか、防草土をして又砂利か人工芝をと考えてますが方角など気を付けた方がよい事ありますか?  

蝙蝠

 投稿者:ひまわり  投稿日:2021年10月19日(火)13時28分45秒
  蝙蝠が屋根と瓦の隙間や換気扇の柵の中に入ってるようで毎日糞が落ちています。屋根と瓦の隙間や換気扇の隙間を網などで塞いでコーキング?パテ?でとめる工事?作業は方位など気にしなければならない事ありますか?  

マシュー様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥耀  投稿日:2021年10月11日(月)16時02分15秒
  自分の意志で望んで転居する場合と、
出張なども含め仕事での移転の場合は自分の意としないところでの移転ですので、
そういう場合は方位の影響は非常に軽微です。
災害時の避難生活などもそれにあたります。
出張でも長期の2か月を超えるような場合も同様ですが、
その次の移転場所を自分の意志で決める場合には、
賃貸で借りている拠点となる住居、そこに住民票などがあっても関係なく、
現実にそこにほとんど住んでいないのであれば、
その直前に2か月以上居た場所からの吉方を選択するべきでしょう。

 

方位

 投稿者:マシューメール  投稿日:2021年10月11日(月)13時37分0秒
  初めて質問させていただきます。
私は、大阪府吹田市に居を構えておりますが、仕事の関係で年に1~2か月程度しか帰れない状態です。土木工事の場合、出張は最低3か月、長ければ半年を超えます。そうした場合の方位は、どこから見ればよいのでしょうか?
来年、今住んでいる賃貸住宅から出なければならないため教えていただきたくメールしました。
よろしくお願いします。
 

たぬきち様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥耀  投稿日:2021年10月 7日(木)19時01分23秒
  なるほど。お気持ちはよく分かりますが、、、、
勘違いをされていたのでしょう。
年月の方位の作用と、日刻の方位の作用の違いを数学的に数字に置き換えることはできませんが、
例えばそうですねぇ…どれだけ長く大きな効果を残していくかの比較となりますが、
日照り続きで溜池がカラカラ、そんな時に傘も要らないような雨が降っても屁のツッパリで、
すぐにまたカラカラになります。
日や刻の方位の作用がずっと残るものなら、
チマチマ積み重ねることにも意味が出てくるでしょうが、そうではなく薄れていきます。
上の例なら降った雨が溜まるより蒸発するほうがはるかに速く、結局溜まらない。
大雨にならないとダメなんですね。
大雨のような効果が年月の方位作用となるわけですね。
年月吉方で旅行に行っても意味はありませんが、
そちらを吉方を取れば、日刻で凶方なんてこともあります。


また、吉方旅行と称しているものですが、帰りの方位にはまず触れていません。
触れていないというより、そこには触れられないということですね。
方位には行きも帰りも、移動する限り方位があります。
行きだけよければ……というように都合よくは行きません。
行きが大事なら、帰りも大事になるのは当然です。

あまり気にされないように。楽しんでこられるのがいいと思います。
 

青龍様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥耀  投稿日:2021年10月 7日(木)18時19分59秒
  申し訳ございません。
5月30日にご質問頂いていたのに、まったく気が付けていませんでした。
ちょうどイタズラなど迷惑書き込みが多く苦慮していた頃でしたので、
このようなことになって申し訳なく思います。
あらためてお返事させて頂きます。

ご質問の内容は基本的には間違いありません。
”吉も吉を呼ぶ”ともいえますが、しかし凶の場合とは違ってきます。
凶というのは、何もしなくても転がれば下へ落ちていくのと同じ、
一方で吉は自分で頑張って一歩一歩上を目指して登って行かねばならないのと同じ、
勝手に引っ張り上げてもらえることは滅多とないと思ってください。
気学の理論は、宇宙の法則により成り立っていますが、
まさに上の例えは物理の法則のようなものですね。

実際の鑑定事例でもしょっちゅう感じることです。
凶方を重ねている人は、実際にまずなかなか吉方が出てきません。
吉方があっても何年か先とかにしかなかったり、
迂回も非常に面倒なケースが多く、仮移転先の決定に難渋することもある。
ある依頼人の場合、何とかうまい具合に仮移転エリアを決定できたんですが、
そのエリアがたまたま大阪の中ではちょっとガラがあまり宜しくないエリアであったため、
「あんなとこイヤです!小さい子供に悪影響や!」
「仮移転でも吉方で行くんやし、そんな変なことは起らへんですよ!3カ月だけですよ!」
とのやり取りになったが、そのままその方とは音信不通に。
たまたま人伝に聞いたところ、
結局そのまま大凶方位へ直行で転宅されたようで、
その3年後辺りから消息がわからないとのことであった。
このように、吉方を取ることの努力、我慢が出来ずに、楽な方に流れてしまうわけですね。

また、仮にこのように吉方があっても正直なところ、内容的にはしんどい吉方やね、
と思うこともあります。
それまで吉方を取ってなかった方々の場合は、往々にしてそうなり易いです。
ですので、「吉方に来たのにしんどいだけですわ」という人ももちろんおられます。
「まだ1回目の吉方取ったとこやしね、頑張って!」と励ますのみです。

吉方というのも、膿をまず出し尽くすが如く、生みの苦しみを伴う吉方の出方、
すんなりと気持ちよく吉作用が出てくる出方、
取る方位や廻座する九星によって色々です。
1回目を耐えて頑張って2回目、3回目と吉方を取りやすくなってくる、
またより良い吉方が廻ってきて楽に過ごしていける、
というように、変化は起こってくるのが一般的です。
我慢して頑張って粘って吉方を重ねて良縁を掴んだ人、
念願の吉相の家を持てた人、そういう方も色々おられます。

凶は重なるほど落ちやすく、真綿で首を絞められていくようなもので、
また一方で吉方も重ねるほど次の吉方が取りやすくなる。
これはまさにその通りですが、
大きな違いは、凶は楽すれば凶となり、
吉は自分自身が頑張って努力すればするだけ、その努力のし甲斐があり、
それによりまた吉方が取りやすくなる、というような違いでしょう。
例えば、一歩一歩山を登って行けば徐々に視界が開けて、
登らなければ見られない絶景が待ってくれている、そんなもんでしょう。
気学にかかわらず人間は常に努力し頑張るべきであることに川はないのでしょうが、
折角頑張るなら、吉方を使ってそのうえで努力すればより努力の甲斐があるということでもあるでしょう。

気学創始者の園田真次郎先生が残された言葉に、
「一時的の自己の都合や便宜を考えず、
 大吉方の年月が廻って来た時には一切の便不便や都合を排して、
 断じて吉方方位移転を忘れてはならぬ。」
というのがあります。
 是非皆さんも工夫努力で間違いない吉方を取ってもらいたいものです。

いい質問を頂いたので、つい熱が入ってしまいました(笑
長文になり申し訳ないです。
 

ありがとうございました

 投稿者:たぬきち  投稿日:2021年10月 7日(木)17時10分55秒
  ご回答ありがとうございます。
そうなのですね。私は引っ越しの予定はないので、旅行でチマチマと運気を稼ぎに行っているつもりでした。気合いを入れていたので、ちょっと残念です。
でも、「気学では、ほぼまったく考慮しない内容」と伺って、安心いたしました。せっかくなので楽しく行ってまいります。
ご丁寧に教えていただきまして、どうもありがとうございました。
 

たぬきち様

 投稿者:考祥館気学会代表 三谷祥耀  投稿日:2021年10月 7日(木)17時00分37秒
  (1)(2)どちらかということですが、
気学では、ほぼまったく考慮しない内容ですので、
自身のご都合でいいんではないでしょうか。

旅行や出張での方位は、大きな作用には及びません。
本当に生活や生涯に影響する方位の作用が現れるのは、年月の方位においてです。
それも月単位、年単位の期間を経てのものです。
旅行などでは、日や刻の方位が現れてくるものですので、
”今日は楽しかった!”とか、
”今日は人が一杯で疲れるし物はなくすしで…散々やったぁ”などの程度のモノです。
一方で、転居などの移転方位は、年月における吉方をきちっと取らなければなりません。
気学においては、
自身の生活など人生の運気にまで影響が出るとは考え難い旅行などの方位を講ずることはまずありません。

年月の吉方を取って行く数日とか10日とかの旅行を、
吉方旅行などと称しているサイトも見かけますが、
いいとこ取りのご都合主義は通用しません。
年月吉方で移った先に自分の気が移ってから初めて取った方位の作用が現れてくるもので、
それまでに帰って来てしまえば、それが吉方であってもその吉方の作用を得られるはずもないわけです。
よくご理解ください。
 

/225