teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月23日(月)06時05分0秒
返信・引用
  亜大-筑波大戦は、筑波が勝ちました。

 筑波000 010 020 ┃ 3
 亜大000 001 000 ┃ 1

亜大日の出キャンパス野球場、先発が清水と村木(2年=静岡)。
亜大は2回2死二、三塁で佐久本が右飛。
筑波は5回2死満塁から、中島準(4年=佐賀県立鹿島)の押し出し四球で串田(2年=県立船橋)かえり先制。
投げては、村木が4回を4安打1四球無失点3奪三振=画像上。
亜大・清水が、5イニングを無安打ながら8四球1失点4奪三振。
味方打線は6回1死で、筑波2番手・佐藤(1年=市立仙台)から手塚が左越えソロをはなち1対1の同点へ。
追いつかれた筑波は8回1死二、三塁で亜大2番手・松本侑から秋岡(4年=沼澤東)が中前打し星(4年=桐蔭学園)と中島準かえって勝ち越し。
投で、7回に登板の3番手・川﨑(4年=清峰)が1イニングを無安打無失点。
6回から登板した亜大・松本侑が、2回3分の1を奪三振ゼロの3安打2四球2失点=画像下。
チームは9回無死二塁で、筑波4番手・加藤三(2年・花巻東=画像中)から安食が空振り三振に上田は二飛で髙橋も空振り三振にたおれ万事休す。
きのうの亜大は、投手陣が11与四球で打線も援護しきれず同点止まり。
4安打の筑波大が、3対1で亜大に勝ちました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 
 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月22日(日)05時38分0秒
返信・引用
  日体大-関東学院大戦は、日体が勝ちました。

 関東010 000 001 ┃ 2
 日体000 020 10X ┃ 3

日体大 横浜・健志台キャンパス野球場(=画像上)、先発が北山(=画像中)と亀里。
関東は2回1死二、三塁から齊藤(4年=日大藤沢)の中犠飛で御簗(4年=敦賀気比)かえり先制。
投げては、亀里(4年=興南)が3回を奪三振ゼロも1安打1死球無失点。
日体・北山(3年=横浜)が、4回を1安打1四球1失点7奪三振。
5回に関東は1死満塁で、日体2番手・山田雄から江崎大(3年=佐賀商)が一ゴロに中島(1年=平塚学園)は一飛で三者残塁。
日体はその裏2死二、三塁で関東2番手・川井(1年=横浜創学館)から森岡(4年=東海大浦安)が中前打し松下(2年=明石商)と石井幸(1年=愛工大名電)が生還し、この回2点を入れ逆転。
投で、5回に登板の山田雄(3年=紋別)が1イニングを1安打2死球無失点1奪三振。
4回から登板した関東・川井が、2イニングを奪三振ゼロの4安打1死球2失点=画像下。
1点リードの日体は7回1死一、三塁で関東4番手・福本(3年=愛工大名電)から中村誠(4年=大阪桐蔭)が右犠飛をはなち上西(3年=宇部鴻城)かえって追加点。
関東は、8回2死三塁で日体4番手・黒柳(4年=春日部共栄)から吉田大(3年=佼成学園)が空振り三振。
それでも9回、日体5番手・森(博)[2年=豊川]から先頭・川端(2年=九州国際大付)が右中間へランニングホーマーし1点差。しかし、米満(2年=九州学院)と竹内(3年=東海大相模)が連続空振り三振に立岩(3年=筑陽学園)は遊飛にたおれ万事休す。
きのうの関東は、打線が3安打で毎回の13三振と援護しきれず。
9安打の日体大が、3対2で関東学院大に勝ちました。
 

https://nittaibaseball.com/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月17日(火)09時30分10秒
返信・引用
  神奈川大-拓大戦は、拓大が勝ちました。

 拓大003 000 234 ┃12
 神大010 000 132 ┃ 7

神大中山キャンパス野球場、先発が重田(3年=佐賀西)と中嶋の両左腕。
神大は2回、きのう3長打2打点だった先頭・東本(3年=報徳学園)が右越えソロをはなち先制。
拓大・中嶋が、2イニングを1安打1死球1失点1奪三振=画像上。
味方打線は、3回2死満塁から熊澤(4年=常総学院)の左前打で朝田と松本かえり逆転。つづく2死一、三塁からは雨宮への2球目に一走・熊澤と三走・荒谷の重盗が決まってこの回3点。
神大・重田が、3回3分の2を4安打4四球3失点3奪三振=画像下。
5回から登板の拓大3番手・赤嶺が、2イニングを1安打無四球無失点2奪三振=画像中。
チームは7回2死二、三塁で神大4番手・積田(3年=酒田南)から松本の右中間ツーベースで小林祐(3年=日大三島)と朝田が生還。
その裏、神大は拓大4番手・長島(4年=片倉)から先頭・松本凌(2年=東邦)が右越えソロ。
8回に拓大は1死満塁から、蔡への5球目を神大5番手・中野(4年=大分商)が暴投し芝山かえり6対2。なおも2死二、三塁からは謝名堂(3年=PL学園)の左中間ツーベースで神谷と水上かえってこの回3点。
神大もその裏2死一塁で、冨岡(3年=下関商)が左中間ツーベースをはなちさらに拓大・照屋中堅手からの返球が二塁へ悪送球となる間に松本涼(2年=平塚学園)生還。つづく2死二塁から、東本の右中間スリーベースで冨岡かえり4対8。つづく2死三塁で、松本凌が左前打し東本かえってこの回3点。
3点リードの拓大は9回2死満塁で、神大6番手・横山尚(3年=埼玉・南稜)から水上が四球を選び押し出し。つづく2死満塁で、蔡が右前打し松本と芝山の二者生還。つづく2死一、三塁からは謝名堂の右前打で水上かえりこの回打者一巡2安打4四球を集め4点追加。
7点差を追う神大はその裏、拓大5番手・橫森(3年=八王子学園八王子)から先頭・伊藤(3年=北陸)が左越えソロ。なおも1死満塁からは、冨岡が右前打し小野(2年=東海大山形)かえすもそこまで。つづく1死満塁で、東本が三邪飛に渡邊諒(1年=大分商)は三ゴロにたおれこの回2点止まりで反撃およばず。
きのうの神大は、打線が6長打ふくむ13安打も守りで12与四球7許盗塁と7/8のゴールドジム戦から3連敗し今月のオープン戦成績を1勝4敗に。
9安打の拓大が、12対7で神奈川大に勝ちました。
 

http://www.ku-baseball.com/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月15日(日)09時54分20秒
返信・引用
  立大-国士大戦は、立大が勝ちました。

 国士010 000 000 ┃ 1
 立大200 101 00X ┃ 4

立大新座キャンパス野球場、先発が川端健と安田。
初回に国士は1死二、三塁から中尾(3年=国士舘)が空振り三振に横田は二ゴロ。
立大はその裏1死二、三塁で三井が右越えツーベースをはなち太田英(1年=智辯学園)と佐藤聡(3年=柏南)かえって2点先制。
国士も2回1死一、三塁から瀬川のファースト前スクイズが決まって植村かえり1対2。
立大・川端健が、3回を4安打1四球1失点3奪三振=画像上。
味方打線は4回2死二塁から、きのう3安打2打点の上村(4年=掛川西)が右前打し林中かえって2点リード。
国士・安田が、5回を6安打1四球3失点3奪三振=画像下。
4回から登板した立大2番手・宮崎が、3イニングを1安打1四球無失点2奪三振=画像中。
チームは、6回2死二塁で国士2番手・矢口から上村の中前打で林中が生還し追加点。
国士は9回2死一、二塁で立大4番手・川満(1年=興南)から酒井が遊飛にたおれ万事休す。
きのうの国士は、中盤までの失点ひびき打線も4回以降三塁をふめず。
8安打の立大が、4対1で国士大に勝ちました。
 

http://rikkio-bbc.com/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月 8日(日)21時53分45秒
返信・引用
  JX-ENEOS対明大戦は、引き分けました。

 明 004 000 100 ┃ 5
 E 000 005 000 ┃ 5

ENEOSとどろきグラウンド、先発が宮﨑(1年目=桜美林大)と髙橋裕。
明大は3回2死一、二塁で清水頌が左前打し氷見かえって先制。なおも2死満塁からは、村上が走者一掃の左越えツーベースをはなちこの回4点。
投げては、髙橋裕が4回を2安打無四球無失点1奪三振=画像中。
ENEOSは6回無死一塁で、明大2番手・長江(=画像下)から小豆澤(1年目=上武大)の右中間スリーベースで川端(1年目=筑波大)かえり反撃。つづく無死三塁からは、小林(1年目=富士大)の右前打で小豆澤かえって2対4。なおも2死一、二塁で明大3番手・石毛から真鍋(2年目=早大)が右中間スリーベースをはなって二者生還し同点。つづく2死三塁で、きょう3安打の鹿屋(1年目=國學大)が中前打して真鍋かえりこの回打者10人6安打1四球を集め一挙5点。
逆転された明大は7回1死一塁から、渡邉涼の中前打をENEOS・百瀬がそらし打球がセンター後方を転々とする間に清水風かえって同点へ。
ENEOS・宮﨑が、142球を投げ6安打6四死球5失点5奪三振で完投=画像上。
きょうの明大は投手陣がリード守れず、ENEOSは3長打ふくむ9安打でドロー。
2時間48分のJX-ENEOSと明大戦は、5対5の引き分けでした。
 

http://meiji-bbc.net/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月 8日(日)04時58分40秒
返信・引用
  立大-神奈川工大戦は、立大が勝ちました。

 神工000 010 001 ┃ 2
 立大000 020 02X ┃ 4

立大新座キャンパス野球場、先発が川端健と浅野(1年=横浜隼人)。
立大は初回2死三塁から三井が遊飛で2回2死一、三塁からは宮が右飛。
投げては、川端健が4回を2安打無四球無失点4奪三振=画像上。
5回に神工は2死二塁で、立大2番手・宮崎から高村(4年=甲府城西)が右中間ツーベースをはなち中川(4年=青森山田)かえって先制。
立大もその裏1死二塁から、宮の左中間スリーベースで林中が生還し同点。つづく1死三塁からは、種田の高くはずむ二ゴロの間に宮かえりこの回2点を入れ勝ち越し。
神工・浅野が、5イニングを5安打無四球2失点3奪三振=画像下。
味方打線は6回2死一、三塁から中川が中飛で二者残塁。
5回から登板の立大・宮崎が、3イニングを3安打1四球1失点2奪三振=画像中。
チームは8回2死満塁で、神工3番手・萩原(2年=千葉商大付)から太田英(1年=智辯学園)の二ゴロを神工・早坂(1年=関東一)がはじき、宮と上村(4年=掛川西)かえってこの回2点。
3点差を追う神工は、9回に立大3番手・川満(1年=興南)から先頭・長嶋(3年=関東一)が左越えソロをはなつも、2死一塁で角田(2年=千葉商大付)が右飛にたおれ万事休す。
きのうの神工は、打線が6安打9三振と援護しきれず逆転負け。
7安打の立大が、4対2で神奈川工大に勝ちました。
 

http://rikkio-bbc.com/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 7月 2日(月)05時12分10秒
返信・引用
  亜大-平成国際大戦は、亜大が勝ちました。

 平国000 001 010 ┃ 2
 亜大202 011 10X ┃ 7

亜大日の出キャンパス野球場、先発が森田と田中彗(1年=二松学舎大附)。
亜大は初回1死二、三塁からきのう3長打3打点だった木倉が左中間ツーベースをはなち虎谷と阿部かえって先制。
3回、平国は2死満塁で八代(3年=桐生第一)が空振り三振。
亜大は、その裏2死三塁から伊藤寛(2年=静清)のピッチャー内野安打で木倉が生還。なおも2死一、二塁で武藤(1年=東邦)が左前打し伊藤寛かえりこの回2点。
平国・田中彗が、3イニングを8安打1四球4失点2奪三振=画像下。
亜大・森田(1年=六甲アイランド)が、4回を3安打3四球球無失点2奪三振=画像上。
味方打線は5回無死二塁で、平国2番手・宮下(1年=土浦日大)から木倉の左越えツーベースで比嘉(3年=興南)かえって5点リード。
6回に平国は2死三塁で、亜大3番手・辻(1年・育英=画像中)から原田(4年=聖光学院)が左前打して阿保(3年=弘前工)かえり反撃。
亜大もその裏1死二塁で、平国3番手・福谷(2年=荒川工)から中村将の左前打で安里(4年=沖縄尚学)が生還。
7回には無死満塁で、平国4番手・田平(1年=千葉英和)から小野寺(拓)[3年=常葉橘]の中犠飛で山本かえって追加点。
6点差を追う平国は8回2死一塁で、亜大4番手・宮川から阿保が左中間ツーベースをはなって澤田(3年=習志野)かえすもそこまで。
9回には1死一塁で、亜大5番手・松本健(1年=東海大菅生)から渡邊(2年=新発田中央)が二ゴロ併殺打にたおれ万事休す。
きのうの平国は、投手陣が打ち込まれ打線も8安打で7残塁と攻めきれず。
7回から登板の亜大・宮川(3年=国東)が、2イニングを2安打1四球1失点1奪三振。
5長打ふくむ13安打の亜大が、7対2で平成国際大に勝ちました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月24日(日)23時10分0秒
返信・引用
  青学大-帝京大戦は、青学が勝ちました。

 帝京000 000 103 ┃ 4
 青学100 000 103x┃ 5

青学大相模原キャンパススタジアム、先発が武田(=画像上)と横山(3年=神戸国際大附)。
青学は初回2死一、二塁から三浦の左前打で井上かえり先制。
帝京は、6回1死満塁で青学6番手・竹本から宮川(1年=成田)が遊ゴロ併殺打。
それでも7回1死一、三塁で喜納(3年=岡山学芸館)が左前打し角田(2年=銚子商)かえって同点へ。
追いつかれた青学はその裏、帝京4番手・岡野(1年=神戸国際大附)から先頭・泉口が右越えソロをはなち2対1とリード。
帝京は9回、青学8番手・山田をせめ1死一塁から喜納の左越えツーランで3対2。なおも2死一、三塁からは岡田(3年=横浜隼人)の右前打で佐藤(3年=市立船橋)が生還しこの回3点。
2点差を追う青学はその裏1死二、三塁で帝京5番手・山頬から山本龍が左中間ツーベースをはなって西川藍と西川尚かえり4対4の同点。さらに1死一、三塁からは井上の左中間シングルで濵嶋(2年=東邦)かえりこの回3点を入れサヨナラ勝ち。
投げては、9回に登板の山田が1イニングで3安打2四死球3失点=画像中。
8回から登板した帝京・山頬(4年=金光大阪)が、1回3分の1を4安打1四球3失点1奪三振=画像下。
きょうの帝京は、打線が9安打も投手陣がふんばれず逆転負け。
10安打の青学大が、5対4で帝京大に勝ちました。
 

https://www.agubbc.com/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月24日(日)04時10分46秒
返信・引用
  関東学院大-深谷組戦は、関東が勝ちました。

 関東001 010 012 ┃ 5
 深谷000 000 012 ┃ 3

関東学院大ギオンパーク(=画像上)、先発が川井(1年・横浜創学館=画像中)と上芝(1年目=関メディアベースボール学院)。
関東は、3回2死二塁から河西(3年=駿河総合)の左前打で福山(2年=れいめい)かえり先制。
深谷・上芝が、3イニングを3安打無四球1失点5奪三振=画像下。
関東は5回にも1死三塁で、深谷2番手・市原(1年目=上武大)から中村太(2年=愛工大名電)が右前打し久保優(1年=高岡商)かえって2点リード。
投げては、6回から登板の4番手・向井(2年=花巻東)が2イニングを無安打無失点4奪三振。
味方打線は8回2死三塁で、深谷3番手・根閒(7年目=千原台高)から松井(1年=東海大菅生)のセカンド内野安打で甲斐(3年=佼成学園)が生還。
深谷もその裏2死三塁で、関東5番手・武石(3年=筑陽学園)から杉山(1年目=浦和学院高)のショート内野安打で大村(2年目=愛知東邦大)かえり1対3。
9回に関東は2死一、二塁から中野(1年=龍谷大平安)の右前打で野中一(2年=群馬・吉井)が生還。つづく2死一、二塁で川端(2年=九州国際大付)が左前打し柳瀬(3年=西条)かえってこの回2点。
4点差を追う深谷は、その裏1死一塁から内田翔(1年目=中大)が右越えツーランをはなつもそこまで。
きのうの深谷は、7回まで打線が無安打と援護しきれず6/2の獨協大戦から1分けはさみ4連敗。
12安打の関東学院大が、5対3で深谷組に勝ちました。
 

http://www.kgubaseball.com/

 

きのうの全日本選手権

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月18日(月)10時58分35秒
返信・引用 編集済
   東北福祉大、3度目のV

第67回大会・最終日~決勝は、東北福祉大(仙台六)が国際武道大(千葉県)に勝って第53回大会以来の優勝を決めました。

 国武020 000 000 ┃ 2
 福祉230 001 00X ┃ 6

東北福祉大-国際武道大戦は、藤川(4年=京都外大西)と青野(4年=市立船橋)の先発で午後1時3分開始。
初回に国武は2死二、三塁から磯網(3年=東海大相模)が二ゴロ。
福祉は、その裏2死一塁で深江(4年=八戸学院光星)が左越えツーランをはなち先制。
国武も2回2死二、三塁から柄澤(2年=市立船橋)の左中間ツーベースで赤木(3年=作新学院)と鮎ヶ瀬(2年=作新学院)かえって2対2の同点へ。
追いつかれた福祉はその裏2死一、二塁から吉田(4年=国士舘)の左前打で古川(4年=花咲徳栄)かえり勝ち越し。吉田は、この日3安打し個人表彰選手で最高殊勲選手賞に。味方打線はつづく2死一、二塁から中野(4年=日大山形)の右前打で清水敬(4年=酒田南)が生還。つづく2死一、三塁で国武2番手・林(桂)[4年=銚子商]から元山(2年=佐久長聖)が中前打し吉田かえりこの回3点。
国武・青野が、1回3分の2を5安打1死球5失点2奪三振=画像下。
チームは3回2死三塁で福祉2番手・三浦(1年=盛岡大附)から赤木が遊ゴロ、4回2死三塁からは及川茂(3年=市立船橋)が二ゴロ。
2回途中から登板し、白星マークの福祉・三浦が2回3分の2を1安打1四球無失点と好投=画像中。
味方打線は6回1死満塁で、国武3番手・伊藤将(4年=横浜)から中野が右前打し大西(4年=智辯学園)かえって追加点。
追い込まれた国武は、9回2死で最優秀投手賞の福祉4番手・津森(3年・和歌山東=画像上)から柄澤が二飛にたおれ万事休す。
きのうの国武は、10安打も8残塁と攻めきれず同点止まりで前年大会につづく2度目の準Vへ。
午後3時38分、04年以来の大会Vを決め一塁側ベンチから飛び出しマウンド付近へ駆け寄る歓喜の福祉大ナイン。
11安打の東北福祉大が、6対2で国際武道大に勝って14年ぶりの大会制覇を果たしました。
個人表彰選手では首位打者賞が慶大・河合(.636)、敢闘賞は国武・平川裕、特別賞に九州地区南部・宮崎産業経営大。
おめでとう福祉大ナイン、秋季も仙台六大学リーグ戦で春秋連覇となる70度目の覇権をにぎりたいですね。
 

http://www.jubf.net/alljapan/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月10日(日)09時48分0秒
返信・引用
  慶大-日体大戦は、日体が勝ちました。

 日体102 000 020 ┃ 5
 慶大001 100 000 ┃ 2

慶大日吉総合グラウンド、先発が津留﨑と吉田大。
初回に日体は2死二塁から、きのう3安打3打点の高垣(2年=智辯和歌山)が左翼線ツーベースをはなち上西(3年=宇部鴻城)かえって先制。
慶大は、その裏1死満塁で杉本が一ゴロに嶋田は遊ゴロで三者残塁。
日体は3回1死満塁から、大木(3年=東福岡)への4球目を慶大・郡司が捕逸し中村誠(4年=大阪桐蔭)生還。なおも1死満塁からは、橋本(1年=敦賀気比)の左犠飛で上西かえりこの回2点。
慶大・津留﨑が、2回3分の1を奪三振ゼロの3安打4四死球3失点=画像下。
味方打線はその裏1死一、三塁で杉本の二ゴロ併殺くずれの間に渡部が生還し反撃。
日体・吉田大(3年=大冠)が、3イニングを5安打2四球1失点3奪三振=画像中。
慶大は4回1死一、三塁で日体2番手・松本航から渡部の左犠飛で内田かえって2対3。
4回から登板の日体・松本航(4年=明石商)が、2イニングを1安打無四球1失点1奪三振=画像上。
1点差を追う慶大は7回2死二塁で、日体3番手・東妻(4年=智辯和歌山)から杉本が左飛と好機をいかせず。
日体は8回2死満塁で、慶大5番手・木澤から高垣が左前打し宮木(2年=日大三)と上西かえりこの回2点。
慶大は9回2死一、三塁で日体4番手・北山(3年=横浜)から植田響が空振り三振にたおれ万事休す。
きのうの慶大は、序盤の失点ひびき打線も8安打で11残塁の拙攻。
10安打の日体大が、5対2で慶大に勝ちました。
 

https://nittaibaseball.com/schedule/7827

 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月 4日(月)09時42分0秒
返信・引用
  最終週2日目は、早大が慶大に雪辱しました。

 慶大000 000 000 ┃ 0
 早大003 020 40X ┃ 9
   ( 1勝1敗 )

観衆27,000人の神宮(=画像中)、慶大-早大2回戦の先発が菊地と小島。
慶大は初回2死一、三塁から正木が見逃し三振で3回2死三塁からは正木が左飛と好機をいかせず。
早大は、その裏きのうで.195(29位・点7本3)の先頭・吉澤が3号左越えソロをはなち先制。なおも1死三塁で、池田への3球目を慶大・菊地が暴投し山岡ホームイン。さらに2死満塁からは、きのうで.389(4位・点5本1)だった岸本への初球を慶大2番手・髙橋佑が暴投し池田かえってこの回3点。
慶大・菊地が、2回3分の2を1安打1四球3暴投3失点と振り逃げふくむ5奪三振で2勝2敗=画像下。
早大は5回にも慶大3番手・田中裕をせめ、2死一塁からきのうで.372(6位・点4本1)の福岡がセンター左へツーベースをはなち檜村かえり4対0。なおも2死一、三塁で岸本が左前打し福岡かえってこの回2点。
投げては、前日につづいて先発した小島が7回を9安打2四死球無失点5奪三振とふんばり通算18勝で防2.29(3位・4勝3敗)=画像上。
味方打線は7回2死二、三塁で慶大4番手・関根から岸本が中前打し二者生還。つづく2死一塁からは、小太刀の1号右越えツーランでこの回4点。
慶大は8回2死一、二塁で早大2番手・今西から中村が中飛にたおれ無得点。
きのうの慶大は、今季6度目となる2桁10安打ながら12残塁の拙攻で5/20の明大2回戦以来今季2度目の零敗を喫す。
3長打ふくむ8安打の早大が、9対0で勝って昨春3回戦からつづいた対慶大戦の連敗を4でとめました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月 3日(日)02時42分55秒
返信・引用
  最終週1日目は、慶大が早大に先勝しました。

 早大001 000 000 ┃ 1
 慶大000 300 00X ┃ 3
   ( 慶1勝 )

観衆28,000人の神宮、早大-慶大1回戦は小島と髙橋亮の先発で午後1時2分開始。
早大は初回2死一、三塁からきのうで.375(5位・点2本1)の岸本が遊ゴロ。
それでも3回2死三塁から、きのうで.366(6位・点3本1)だった福岡への初球を慶大・髙橋亮が暴投し小島かえって先制。
4回に慶大は、2死満塁から瀬戸西への初球を早大・小島が暴投し柳町かえり同点。つづく2死二、三塁で瀬戸西が右前打し郡司と中村が生還してこの回3点を入れ勝ち越し。きのうで郡司.395(3位・点9本1)、柳町.279(16位・点4本0)、瀬戸西.212(27位・点4本0)。
投げては、髙橋亮が6回を4安打3四球1失点4奪三振に抑え防1.52(2位・2勝)=画像上。
早大・小島が、4安打5四死球3失点9奪三振と球数136で完投も防2.57(3位・3勝3敗)=画像下。
味方打線は9回2死三塁で、慶大2番手・髙橋佑(=画像中)から瀧澤(2年・山梨学院)が遊飛にたおれ万事休す。
きのうの早大は、打線がタイムリーなく7三振9残塁と攻めきれず。
慶大が、3対1で勝って昨春の3回戦から対早大戦4連勝としました。
 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 6月 1日(金)03時58分30秒
返信・引用 編集済
   5/27(日)
第7週最終日は、立大と法大が連勝しました。

 東大000 000 001 ┃ 1
 立大000 020 02X ┃ 4
   ( 立2勝 )

東大-立大2回戦は、小林と川端健の両左腕が先発し午前10時半開始。
立大は5回1死二塁から、宮の左越えツーベースでこの日まで.213(27位・点7本1)だった江藤かえり先制。つづく1死二塁で、川端健も左中間ツーベースをはなち宮が生還してこの回2点。
前日につづいて先発し、今季全試合登板の東大・小林が5イニングを4安打2四死球2失点2奪三振で防3.73(8位・7敗)。
立大は8回1死一、二塁で東大3番手・宮本から藤野の左中間ツーベースで松﨑と飯迫かえってこの回2点。この日で藤野.3061(13位・点7本1)、飯迫.261(20位・点4本0)。
8回まで二塁をふめぬ東大は、9回1死三塁から平田の中前打で宮本かえすもそこまで。なおも2死一、二塁で立大2番手・手塚から新堀が空振り三振にたおれ反撃およばず。
1998年春から41季連続最下位の東大は、零敗を逃れるのがやっとで昨春以来となる10戦全敗の憂き目。
立大・川端健が、8回3分の1を3安打3四死球1失点7奪三振に抑え2勝目=画像上。
4長打ふくめ7安打の立大が、4対1で東大に勝って8勝4敗1分け・勝ち点3(2位)としました。

 法大110 020 000 ┃ 4
 明大201 000 000 ┃ 3
   ( 法2勝 )

第2試合、法大-明大2回戦の先発が森田と石毛の両左腕。
初回に法大は、2死一塁から中山の左中間ツーベースで向山が長駆生還し先制。この日で中山.380(5位・点8本1)、向山.354(10位・点7本2)。
明大もその裏1死一、三塁で越智が右前打しこの日3安打の村上かえり同点。なおも1死二、三塁からは森下智のゆるい一ゴロの間に逢澤かえってこの回2点。この日で森下智.364(8位・点8本0)、越智.362(9位・点14本3)、逢澤.298(16位・点5本0)。
法大は2回、この日で.450(1位・点9本1)だった中村浩が1号左越えソロをはなって同点へ。
明大も3回2死一、三塁から北本のショート内野安打でこの日3安打の越智が生還し3対2とリード。
5回に法大は2死一塁で、明大2番手・入江から毛利が左中間スリーベースをはなち三浦かえり同点。つづく2死三塁からは、この日で.280(18位・点6本0)の相馬が中前打し毛利かえってこの回2点を入れ勝ち越し。
3回から登板の明大・入江が、4イニングを4安打2四球2失点2奪三振で昨春5/21の立大2回戦以来となる黒星=画像下。
味方打線は9回無死一塁で、法大2番手・三浦から佐野が遊ゴロ併殺打に篠原は右飛で万事休す。
投がふんばれず逆転ゆるし、前日につづく1点差負けの明大は7勝6敗・勝ち点3(3位)とし5/21の慶大3回戦から3連敗。
4回から登板した法大・三浦が、最速150kmの直球を武器に6イニングを2安打1四球無失点5奪三振と好投し前日につづく白星で2勝目=画像中。
4長打ふくむ8安打の法大が、4対3で勝って5勝6敗1分け・勝ち点2(5位)とし昨春以来の明大戦勝ち点としました。
 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月31日(木)05時24分10秒
返信・引用
    5/26(土)
 慶大、36度目のV

第7週1日目、優勝の可能性を残していた明大が法大に敗れ慶大の秋春連覇が決定。慶大は、第67回全日本選手権(6/11~7日間・神宮、東京ドーム)へ第63回大会以来11回目の出場も決めました。

 明大000 100 013 ┃ 5
 法大220 001 001x┃ 6
   ( 法1勝 )

明大-法大1回戦は、伊勢と高田が先発し午前10時31分開始。
法大は、初回2死二塁で中山が右前打しこの日3安打の向山かえって先制。つづく2死一塁からは、この日3安打の福田が右中間ツーベースをはなち中山が生還してこの回2点。この日で中山.370(7位・点7本1)、向山.364(9位・点7本2)、福田.282(18位・点5本1)。
チームは2回にも先頭・宇草が1号左越えソロ、なおも1死満塁で明大2番手・森下暢から向山が押し出し四球を選びこの回2点。
明大・伊勢が、1回3分の0を4安打無四球3失点2奪三振で防2.64(5位・3勝1敗)=画像下。
味方打線は4回1死一、三塁で森下智が右前打し逢澤かえり反撃。この日で森下智.400(3位・点7本0)、逢澤.302(14位・点5本0)。
法大は6回2死一、三塁から向山の右前打で毛利かえって4点リード。
明大は8回1死満塁で、法大2番手・朝山から逢澤が右犠飛をはなって佐野かえり2対5。
法大・高田が、7回3分の1を5安打5四死球2失点4奪三振で防3.45(7位・2勝1敗)=画像中。
ねばる明大は9回1死一、二塁から平塚の中前打で喜多が生還。さらに2死一、三塁からは小泉のショート内野安打で北本かえり1点差。つづく2死一、二塁で法大3番手・三浦からこの日で.348(10位・点6本0)の渡辺佳が左前打し佐野かえってこの回3点を入れ5対5の同点へ。
追いつかれた法大はその裏2死一、二塁で明大5番手・竹田からこの日で.432(1位・点8本0)の中村浩が中前打し斎藤卓かえりサヨナラ勝ち。
投げては、9回途中に登板の三浦が3分の1イニングを1安打無失点に抑え初勝利。
9回裏から登板した明大3番手・髙橋裕が、3分の2イニングで1安打1失点し昨秋10/8の慶大2回戦以来となる黒星。
この日の明大は、序盤の失点ひびき終盤に追い上げるも同点止まり。
4長打ふくめ今季4度目となる2桁13安打の法大が、6対5で明大に勝ちました。

 立大200 130 010 ┃ 7
 東大000 100 000 ┃ 1
   ( 立1勝 )

第2試合、立大-東大2回戦の先発が田中誠と小林の両左腕。
初回に立大は2死二、三塁から飯迫のセカンド内野安打を東大・堤が一塁悪送球し松﨑と江藤かえり先制。
4回には2死二塁で、この日3安打の種田が左越えツーベースをはなち伊藤智かえって3点リード。
東大もその裏に無死一、三塁から岡の左前打で岩田が生還。
立大は、5回に先頭・三井が4号右中間ソロをはなちなおも1死二、三塁で東大2番手・宮本から田中誠の遊邪飛で飯迫かえり5対1。つづく2死二塁からは、宮のサード強襲安打の間に藤野かえってこの回3点。
東大・小林が、4回3分の0を7安打5四死球5失点2奪三振で防3.75(8位・6敗)。
5点リードの立大は8回2死一、三塁で東大3番手・有坂から三井が左前打し種田かえり追加点。
投で、田中誠が3安打無四球1失点12奪三振と球数109で通算10勝を5/12の明大1回戦に続く今季3度目の完投勝利でかざり防1.16(1位・6勝1敗)=画像上。
今季3度目となる2桁13安打の立大が、7対1で東大に勝ちました。

 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月21日(月)11時12分11秒
返信・引用
  第6週2日目は、明大と法大が雪辱しました。

 法大002 011 000 ┃ 4
 早大000 000 002 ┃ 2
   ( 1勝1敗 )

法大-早大2回戦は、高田と今西が先発し午前11時開始。
法大は3回1死二、三塁からきのうで.306(15位・点5本0)の相馬が左翼線スリーベースをはなち二者かえって先制。
5回にも2死一塁から、きのうで.421(3位・点6本1)だった中山が左前打し早大・池田左翼手からの返球を中継プレーに入った早大・檜村遊撃手が本塁悪送球して相馬かえり3対0。
初先発の早大・今西が、5イニングを4安打4四死球3失点3奪三振で初黒星となり1勝1敗。
法大は6回無死満塁から、高田への5球目を早大3番手・徳山が暴投しきのうで.448(1位・点7本0)の中村浩かえって追加点。
早大は、その裏2死三塁から小太刀が一ゴロで8回にも1死二、三塁から重田が二直に小太刀は空振り三振。
それでも9回2死二、三塁から岩本が中前打しきのうで.353(9位・点1本0)の福岡と黒岩が生還。しかし2死二塁で、法大2番手・朝山から池田が遊飛にたおれ万事休す。
きのうの早大は、5回まで打線が無走者と沈黙し終盤の反撃もおよばず。
法大・高田が、8回3分の2を7安打1四球2失点6奪三振に抑え防3.75(8位・2勝1敗)=画像下。
7安打5四死球の法大が、4対2で早大に勝ちました。

 慶大000 000 000 ┃ 0
 明大100 000 10X ┃ 2
   ( 1勝1敗 )

第2試合、慶大-明大2回戦の先発が菊地と伊勢。
明大は、初回2死三塁から越智の三ゴロを慶大・内田がはじき佐野かえり先制。きのうで越智.333(11位・点11本3)、佐野.308(13位・点0本0)。
慶大は4回1死二塁で柳町と郡司が連続三振、5回にも2死二塁から瀬戸西が遊飛。
明大は7回1死一、三塁で慶大2番手・髙橋佑から高瀬が左前打し越智かえって追加点。
慶大・菊地が、6回3分の1を2安打4四死球2失点6奪三振と昨春5/7の法大2回戦以来となる黒星で防1.80(4位・2勝1敗)=画像中。
追い込まれた慶大は、9回2死一塁からきのうで.361(7位・点8本1)だった郡司が遊ゴロにたおれ昨秋9/23の法大1回戦以来となるシャットアウト負けを喫す。
きのうの慶大は、打線が三塁をふめず沈黙し立大2回戦からの連勝も3でとまる。
明大・伊勢が、3安打2四球7奪三振と球数123で初完封勝利をマークし防1.67(3位・3勝)=画像上。
3安打の明大が、2対0で勝って昨春1回戦から続いた対慶大戦の連敗を5でとめました。
 
 

おとといの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月21日(月)09時58分0秒
返信・引用 編集済
    慶大、V王手

第6週1日目は、早慶が勝ちました。

 明大200 000 100 0 ┃ 3
 慶大100 000 002 1x┃ 4
  ( 延長10回・慶1勝 )

明大-慶大1回戦は、森下暢と髙橋亮が先発し午前11時開始。
初回に明大は、1死一塁から渡辺佳の左前打を慶大・河合左翼手が中継プレーに入った慶大・瀬戸西遊撃手へ悪送球する間に、エンドランのかかった吉田が生還し先制。なおも2死三塁で、越智が右前打し渡辺佳かえってこの回2点。この日で吉田.368(8位・点4本0)、渡辺佳.361(10位・点5本0)、越智.343(11位・点11本3)。
慶大もその裏1死一、三塁からこの日3安打の郡司が左前打し河合かえり反撃。この日で河合.412(6位・点3本0)、郡司.394(7位・点8本1)。
明大は7回2死二塁で、慶大3番手・関根から森下暢が中前打しこの日で.467(2位・点5本0)だった森下智が生還。
2点差を追う慶大は9回無死二、三塁から田中凌への5球目を明大・森下暢が暴投し大平かえって2対3。さらに無死一、三塁で明大2番手・磯村から瀬戸西の二ゴロ併殺打の間に渡部が生還しこの回2点を入れ3対3の同点へ。
明大・森下暢が、8回3分の0を7安打3四球3失点6奪三振で防3.00(5位・3勝2敗)=画像中。
10回に明大は2死一、二塁で慶大7番手・石井から越智が中飛。
慶大はその裏、先頭・柳町が三失で出塁した無死一塁から郡司が中越えツーベースをはなって柳町かえりサヨナラ勝ち。
午後2時7分、5/6の立大2回戦から3連勝で一塁側ベンチから殊勲打をはなった郡司のもとへ駆け寄る歓喜の慶大ナイン。
9回途中から登板の明大・磯村が、1回3分の0を3安打1四球1失点し初黒星で1勝1敗。
この日の明大は、終盤追いつかれリード守れず今季3度目となる1点差負けで昨春の1回戦からは対慶大戦5連敗。
10回表に登板した慶大・石井が、1イニングを1安打1四球無失点1奪三振で昨秋10/7の明大1回戦以来となる白星=画像上。
今季4度目となる2桁10安打の慶大が、延長10回4対3で勝って秋春連覇となる36度目の優勝へ王手をかけました。

 早大100 100 030 ┃ 5
 法大000 000 001 ┃ 1
   ( 早1勝 )

第2試合、早大-法大1回戦の先発が小島と菅野。
早大は初回2死一塁から、加藤の右越えツーベースで福岡が長駆生還し先制。この日で加藤.444(4位・点3本1)、福岡.367(9位・点1本0)。
チームは、4回にこの日で.476(1位・点2本1)の岸本が1号左越えソロをはなち2対0。
法大は7回1死二、三塁から安本と西山が連続空振り三振で好機をいかせず。
早大は、8回2死満塁から小太刀が走者一掃の左越えツーベースをはなってこの回3点。
法大・菅野が、7回3分の2を8安打3四球5失点11奪三振で防4.06(7位・1勝4敗)。
味方打線は、9回にこの日で.323(12位・点5本2)だった先頭・向山が2号左越えソロ。しかし、2死満塁と攻めるも古山(3年=法政二)が二飛にたおれ万事休す。
この日の法大は、打線が援護しきれず零敗を逃れるのがやっと。
早大・小島が150球を投げ、6安打1四球1失点7奪三振で抑えリーグ現役最多タイとなる通算16勝を4/28の明大1回戦以来今季2度目の完投勝利でかざり防2.77(4位・2勝2敗)=画像下。
5長打の早大が、5対1で法大に先勝し5/5の東大1回戦から3連勝としました。
 
 

おとといの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月15日(火)02時56分26秒
返信・引用
   5/13(日)
第5週2日目は法大が東大に連勝、明大は立大に雪辱しました。

 東大000 100 001 ┃ 2
 法大001 021 42X ┃10
   ( 法2勝 )

東大-法大2回戦は、小林と高田が先発し午前11時開始。
法大は3回1死二塁から、この日で.333(14位・点3本0)だった相馬が中前打しこの日3安打4得点の安本かえり先制。
東大も、4回1死から岡が1号左中間ソロをはなち同点へ。
追いつかれた法大は、5回1死二塁で東大2番手・宮本から高田の左中間ツーベースで安本が生還して勝ち越し。なおも2死二塁で、川口凌が左前打し高田かえってこの回2点。
4回から登板の東大・宮本が、2イニングで3安打無四球2失点し3敗。
法大は6回にも1死三塁で、東大3番手・有坂から中村浩が右犠飛をはなって中山かえり3点リード。この日で中村浩.478(2位・点7本0)、中山.419(3位・点6本1)。
投げては、高田が6イニングを5安打無四球1失点5奪三振に抑え初勝利をマークし防4.70(8位・1勝1敗)=画像下。
味方打線は7回1死一、二塁から川口凌の右越えツーベースで安本かえって5対1。つづく1死二、三塁からはこの日で.333(14位・点4本1)の向山が中前打し二者生還。さらに2死一、三塁で東大4番手・濵﨑から中村浩が右前打し向山かえりこの回打者一巡5安打1四球で4点。
8回にも無死満塁で、東大6番手・川口[寛]から川口凌の右犠飛で安本が生還。つづく1死一、三塁からは向山も中犠飛をはなち西山かえってこの回2点。
9点差を追う東大は9回無死三塁で、法大3番手・朝山から岡の遊ゴロの間に三鍋かえすもそこまで。
東大は、この日も投手陣が打ち込まれ4/14の慶大1回戦から開幕8連敗の憂き目。
前日に続き4長打ふくめ今季3度目となる2桁12安打の法大が、10対2で東大に勝って2勝4敗1分け・勝ち点1(5位)としました。

 明大401 101 100 ┃ 8
 立大000 020 400 ┃ 6
   ( 1勝1敗 )

第2試合、明大-立大2回戦の先発が伊勢と中川。
初回に明大は1死三塁で、渡辺佳が左前打しこの日3安打の佐野かえって先制。なおも1死満塁から、この日4安打の森下智が中前打して二者生還。つづく1死一、三塁で高瀬が左前打し越智かえりこの回4点。この日で森下智.500(1位・点5本0)、渡辺佳.393(6位・点5本0)、佐野.368(8位・点0本0)、越智.357(9位・点8本2)。
初先発だった立大・中川が、5安打1四球4失点1奪三振と炎上しわずか3分の1イニング球数34で降板し昨秋10/31の法大4回戦以来となる黒星=画像中。
明大は、3回にも立大2番手・江口をせめ2死から越智が2号左越えソロ。
4回には2死一塁から、この日で.375(7位・点4本0)だった吉田の左前打を立大・三井左翼手がそらし佐野生還。
6点差を追う立大は、5回無死満塁から松﨑の三ゴロ併殺くずれの間に林田かえって反撃。つづく1死一、三塁からは江藤の遊ゴロ併殺くずれの間に宮かえりこの回2点。
4点リードの明大は、6回2死で立大3番手・橋本から投手の伊勢が1号右越えソロ。
投げても、伊勢は6イニングを6安打2四死球2失点7奪三振とふんばり防2.50(3位・2勝)=画像上。
味方打線は、7回2死満塁から氷見が中前打しこの日で.346(11位・点4本0)の逢澤かえって追加点。
立大も、その裏2死満塁で明大3番手・竹田から飯迫が四球を選び押し出し。つづく2死満塁から、この日で.306(17位・点5本1)だった藤野が右前打し荒井生還。つづく2死満塁からは、伊藤智(2年=岩手・高田)のファースト内野安打で江藤かえり5対8。つづく2死満塁で、寺山への3球目を明大・竹田が暴投し飯迫生還。しかし2死二、三塁からは寺山が見逃し三振にたおれこの回3安打3四球で4点かえすも猛追そこまで。
この日の立大は、序盤の失点ひびき今季2度目となる2桁10安打ながら12三振9残塁で攻めきれず。
3時間20分の雨中戦は、3長打ふくめ今季5度目となる2桁15安打の明大が8対6で立大に勝ちました。
 
 

おとといの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月14日(月)15時32分16秒
返信・引用
    512(土)
 法大・中山、サイクル安打

第5週1日目は、立大と法大が勝ちました。

 立大000 001 300 ┃ 4
 明大100 001 010 ┃ 3
   ( 立1勝 )

立大-明大1回戦は、田中誠と森下暢の先発で午前11時開始。
明大は、初回2死三塁で逢澤が右前打し吉田かえって先制。
この日で吉田.407(6位・点4本0)、逢澤.318(15位・点4本0)。
6回に立大は無死一、三塁からこの日で.258(20位・点6本0)の江藤が中前打し種田が生還して同点へ。
明大もその裏2死一塁で、森下暢が左中間ツーベースをはなち森下智かえり2対1とリード。
立大は7回2死満塁で、明大2番手・磯村から江藤の2点右前打を明大・越智右翼手が本塁悪送球し走者一掃で、この回3点を入れ逆転。
明大・森下暢が、6回3分の1を8安打無四球3失点5奪三振で防3.60(7位・2勝2敗)=画像中。
味方打線は8回1死一、二塁から森下智の遊ゴロで二封も併殺をあせった立大・林田二塁手が一塁悪送球する間に逢澤かえすもそこまで。
9回には2死一塁から、この日で.400(7位・点4本0)の渡辺佳が左飛にたおれ万事休す。
この日の明大は、9残塁と攻めきれず4/28の早大1回戦以来となる1点差負け。
立大・田中誠が141球を投げ、7安打4四死球3失点5奪三振と4/23の法大3回戦以来今季2度目の完投勝利で防1.19(1位・5勝1敗)=画像上。
3長打ふくむ9安打の立大が、4対3で明大に先勝しました。

 法大200 055 500 ┃17
 東大000 000 100 ┃ 1
   ( 法1勝 )

第2試合、法大-東大1回戦の先発が菅野と小林の両背番17。
法大は初回2死二塁から、この日12年春の明大・小室(現三菱自動車岡崎)以来リーグ史上8人目となるサイクル安打を達成し4安打6打点の活躍だった中山が右翼線スリーベースをはなち、向山かえって先制。つづく2死三塁からは、福田も中越えスリーベースをはなって中山かえりこの回2点。この日で中山.423(2位・点6本1)、福田.368(9位・点4本1)、向山.333(13位・点1本1)。
チームは5回にも1死一、二塁から中山の左中間ツーベースで二者生還。なおも2死一、二塁からは安本の右中間スリーベースで二者かえって6対0。つづく2死三塁で、清水俊が左前打し安本かえりこの回打者10人4安打2四球1失策で一挙5点。
東大・小林が、4回3分の2を9安打3四球7失点1奪三振で防3.10(4位・5敗)。
法大は6回無死一、二塁で東大3番手・濵﨑から中山が左前打し川口凌が生還。さらに無死満塁から、この日で.500(1位・点5本0)だった中村浩の一ゴロを東大・岩田が本塁悪送球し二者かえって10対0。つづく無死二、三塁からは安本の右前打で二者生還しこの回2安打2四球2失策で5点。
7回にも、2死二塁で中山が1号左中間ツーラン。なおも2死満塁から、小林への4球目を東大・濵﨑が暴投し福田かえって15対0。つづく2死二、三塁からは小林の中前打で二者かえりこの回打者一巡5安打1失策で5点追加。
東大はその裏1死一、二塁から山下朋の左前打で新堀かえすもそこまで。
この日の東大は、投手陣が猛打あび守りも乱れ零敗を逃れるのがやっと。
法大・菅野が7イニングを4安打3四死球1失点3奪三振に抑え、昨秋10/23の立大1回戦以来となる白星でリーグ現役最多の通算16勝とし防3.47(6位・1勝3敗)=画像下。
6長打ふくめ今季2度目となる2桁16安打の法大が、17対1で東大に勝ちました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月 7日(月)10時34分0秒
返信・引用
  第4週2日目は、早慶が勝ちました。

 早大010 002 002 ┃ 5
 東大030 000 000 ┃ 3
   ( 早2勝 )

早大-東大2回戦は、早川と有坂の両背番号13が先発し午前10時半に開始。
2回に早大は1死二塁から、吉澤の右翼線ツーベースで加藤が生還し先制。きのうで加藤.417(4位・点2本1)、吉澤.222(27位・点6本2)。
東大もその裏1死一、二塁からきのうで.158(34位・点4本1)だった新堀がチーム26イニングぶりの得点となる1号左越えスリーランをはなち3対1とリード。
2点差を追う早大は6回2死二、三塁で田口が左前打し岸本と小太刀かえり3対3の同点へ。
東大はその裏2死二、三塁で早大2番手・今西から堤が左飛と好機をいかせず。
早大は9回無死二塁で、東大4番手・小林から加藤のショート内野安打を東大・新堀が一塁悪送球する間に福岡かえって勝ち越し。なおも2死一、二塁で檜村が右前打し加藤かえりこの回2点。きのうで福岡.346(14位・点1本0)、檜村.250(23位・点2本0)。
8回から登板の東大・小林が、2イニングを4安打2四球2失点2奪三振で防2.59(5位・4敗)。
味方打線はその裏、早大3番手・徳山から新堀と堤に青山が三者三振でゲームセット。
きのうの東大は、投手陣がふんばれず4/14の慶大1回戦から開幕6連敗。
8回から救援した早大・徳山(1年=大阪桐蔭)が、2イニングを1安打無四球無失点3奪三振に抑え初勝利=画像下。
3長打ふくむ14安打の早大が、5対3で東大に勝って3勝4敗・勝ち点1(4位)としました。

 立大000 001 000 ┃ 1
 慶大210 001 00X ┃ 4
   ( 1勝1敗 )

第2試合、立大-慶大2回戦の先発が手塚と菊地。
慶大は初回1死二、三塁で郡司が右越えツーベースをはなち小原のみ生還し先制。さらに1死満塁からは、内田の二ゴロ併殺くずれの間にきのう4安打の河合かえりこの回2点。きのうで郡司.375(7位・点5本0)、河合.375(7位・点3本0)。
チームは、2回にも2死二塁で河合が左前打し瀬戸西かえって3点リード。
立大・手塚が、2イニングで4安打2四球3失点し昨秋10/17の慶大2回戦以来となる黒星=画像中。
5回まで三塁をふめぬ立大は6回無死二、三塁から松﨑の一ゴロの間に笠井かえり1対3。
慶大もその裏2死二塁で、立大3番手・川端健から柳町が中越えツーベースをはなって菊地が生還し追加点。
立大は7回無死満塁のチャンスも、慶大2番手・髙橋佑から荒井が投ゴロに林中は空振り三振、寺山が遊ゴロで三者残塁。
慶大・菊地が、6回3分の0を2安打3四球1失点7奪三振とふんばり防1.98(2位・2勝)=画像上。
きのうの立大は、タイムリーなしの10三振8残塁で4/14早大1回戦から1分けはさんだ連勝が5でとまる今季初黒星。
4長打ふくむ9安打の慶大が、4対1で立大に雪辱しました。

 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月 6日(日)04時32分21秒
返信・引用
    慶大、今季初黒星

第4週1日目は、立大と早大が勝ちました。

 慶大000 000 002 ┃ 2
 立大111 000 00X ┃ 3
   ( 立1勝 )

慶大-立大1回戦は、関根と田中誠の先発で午前10時半開始。
立大は初回2死二塁から、きのうで.238(24位・点4本3)だった三井の左飛を慶大・河合が落球し松﨑かえり先制。
2回には、きのうで.200(30位・点2本1)の先頭・江藤が1号右越えソロをはなち2対0。
慶大・関根が、2イニングを2安打1四球2失点5奪三振で昨春5/8の法大3回戦以来となる黒星。
立大は3回にも2死一、二塁で慶大2番手・木澤(2年=慶應)から江藤が右前打しきのうで.300(16位・点2本0)の飯迫かえって追加点。
6回まで二塁をふめぬ慶大は、7回1死二塁で嶋田が遊ゴロに内田は空振り三振と好機をいかせず。きのうで嶋田.333(11位・点8本1)、内田.133(36位・点2本1)。
立大・田中誠が、8イニングを3安打1四球無失点8奪三振に抑え防0.29(1位・4勝)=画像上。
3点差を追う慶大は9回2死一、三塁で立大2番手・川端健から正木が中前打しきのうで.333(11位・点4本0)の郡司が生還。つづく2死一、二塁からはきのうで.278(19位・点2本0)の中村も中前打し大平かえって1点差。なおも2死二、三塁と一打同点のチャンスながら代わった立大3番手・中川から植田清が二ゴロにたおれ反撃およばず。
きのうの慶大は打線が援護しきれず、昨秋9/26の法大4回戦以来となる黒星で昨秋10/7の明大1回戦から続いたリーグ戦の連勝が10でとまる。
7安打の立大が3対2で勝って、昨春2回戦から続いた対慶大戦の連敗を4でとめ4/14の早大1回戦からは1分けはさみ7季ぶりの5連勝としました。

 東大000 000 000 ┃ 0
 早大000 000 001x┃ 1
   ( 早1勝 )

第2試合、東大-早大1回戦の先発が小林と小島の両左腕。
早大は3回2死二、三塁からきのうで.174(32位・点5本2)の吉澤が右飛。
東大は、5回2死満塁から小林が遊ゴロで7回2死一、三塁からは小林が三飛。
早大も、その裏2死満塁からきのうで.400(5位・点2本1)の加藤が中飛。
8回、東大は2死三塁からきのうで.222(27位・点0本0)の岡が捕邪飛。
早大はその裏2死二、三塁で岩本が遊ゴロ。
投げては、小島が8イニングを6安打3四球無失点9奪三振で防3.30(5位・1勝2敗)=画像中。
味方打線は9回にきのうで.176(31位・点0本0)の先頭・池田が四球を選び、西岡の三犠で1死二塁からきのうで.318(15位・点1本0)の福岡が左前打し1死一、三塁からは加藤の四球で1死満塁のチャンス。ここで、田口(3年=早実)が中前打し池田かえってサヨナラ勝ち。午後4時3分、均衡をやぶり一塁側ベンチから飛び出す歓喜の早大ナイン。
投で、9回に登板の2番手・今西が1イニングを無安打無失点3奪三振に抑え初勝利。
東大・小林が、8安打9四死球1失点4奪三振と球数138で8回3分の1を初完投も9回に力尽き防2.42(4位・3敗)=画像下。
きのうの東大は、4/21の明大1回戦から24イニング無得点と打線が沈黙し惜敗。
2長打ふくむ8安打の早大が、1対0で東大に勝ちました。
 

http://www.big6.gr.jp/

 

きょうの東都

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月 4日(金)20時50分25秒
返信・引用
   東洋・上茶谷、リーグ新20K

第4週最終日は、東洋大が駒大に勝ちました。

 駒大000 000 003 0 ┃ 3
 東洋002 010 000 1x┃ 4
 (延長10回、洋2勝1分け)

駒大-東洋3回戦は、辻本と上茶谷の先発で午前11時開始。
東洋は3回2死一、二塁で小峰が左前打し小川かえって先制。なおも2死二、三塁からは竹原の中前打で山本が生還しこの回2点。きょうで竹原.371(7位・点5本0)、小川.296(17位・点2本0)、小峰.233(27位・点3本1)。
チームは5回にも2死一、三塁で駒大2番手・白銀からきょうで.297(16位・点8本2)の中川が右前打し小川かえり3点リード。
駒大・辻本が、4回3分の2を4安打3四球3失点4奪三振で防3.04(5位・1勝1敗)。
東洋・上茶谷が8回、先頭・若林を空振り三振にとり個人1試合最多19奪三振のリーグ新記録をマーク。
8回まで三塁をふめぬ駒大は9回無死二、三塁で岡田耕が左前打し菅野かえって反撃。さらに1死二、三塁から新田への5球目を東洋2番手・甲斐野が暴投し平野生還で1点差。なおも1死一、三塁からは酒井良の二ゴロ併殺くずれの間に諸積かえりこの回3点を入れ同点へ。きょうで岡田耕.440(2位・点7本1)、菅野.364(10位・点2本0)、平野.261(24位・点1本0)、酒井良.100(39位・点1本0)。
東洋・上茶谷が、8回3分の0を5安打2四死球3失点と8連続ふくむ20奪三振で防1.72(2位・4勝)=画像上。
味方打線は10回に先頭・竹原の遊飛を駒大・橋本が落球し、中川の投犠で1死二塁からきょうで.364(10位・点5本1)の佐藤が申告敬遠による四球で1死一、二塁と一打勝ち越しのチャンス。ここで、岡﨑(1年=帝京)が中越えツーベースをはなち竹原かえってサヨナラ勝ち。
午後1時30分、接戦を制し一塁側ベンチから駆け寄る歓喜の東洋ナイン。
投げては、9回途中から登板の甲斐野が2イニングを無安打1四球無失点3奪三振に抑え昨秋11/4の亜大3回戦以来となる白星=画像中。
5回途中から登板した駒大・白銀が、4回3分の2を2安打4四球1失点2奪三振で防2.66(4位・2敗)=画像下。
きょうの駒大は、打線が同点止まりで4/17の國學1回戦から1分けはさみ4連敗し今季2勝4敗1分け・勝ち点1(5位)。
6安打7四球の東洋大が、延長10回4対3で駒大に勝って6勝2敗1分け・勝ち点3(1位)とし4/27の國學3回戦から1分けはさみ3連勝としました。
 

http://www.tohto-bbl.com/

 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 5月 1日(火)09時24分11秒
返信・引用
  第3週最終日は、明大が早大に勝ちました。

 早大000 040 000 ┃ 4
 明大510 030 00X ┃ 9
   ( 明2勝1敗 )

早大-明大3回戦は、小島と森下暢が先発し午後1時開始。
明大は、初回1死満塁で越智が押し出し四球を選んで佐野かえり先制。なおも2死満塁から、森下智の2点中前打を早大・小太刀がそらし打球がセンター後方へ転々とする間に走者一掃し4対0。つづく2死三塁からは、森下暢の二飛を早大・丸山が落球し森下智かえってこの回打者10人3安打3四球2失策を集め一挙5点。きのうで越智.400(6位・点7本1)、森下智.375(8位・点3本0)。
チームは、2回にも2死二塁から越智が左前打しきのうで.435(4位・点4本0)の吉田かえり6点リード。
5回に早大は無死二、三塁から小島の遊ゴロを明大・渡辺佳が一塁悪送球し小太刀が生還して反撃。つづく無死一、三塁で鈴木萌が左中間ツーベースをはなち檜村かえって2対6。つづく無死二、三塁からは丸山のゆるい二ゴロの間に小島が生還。つづく1死三塁で、福岡の高くはずむ二ゴロの間に鈴木萌かえりこの回4点。
明大もその裏1死一、二塁から森下暢が左中間ツーベースをはなってきのうで.400(6位・点5本0)の平塚と森下智の二者が生還し8対4。さらに2死一、二塁で吉田が左前打し森下暢かえってこの回3点。
早大・小島が、5イニングを9安打6四球9失点1奪三振で防4.50(7位・1勝2敗)=画像中。
明大・森下暢が、5回3分の1を7安打2四球4失点9奪三振で防3.38(5位・2勝1敗)=画像上。
早大は8回2死満塁のチャンスで、明大3番手・伊勢(=画像下)から池田が空振り三振にたおれ好機をいかせず。
きのうの早大は、序盤の失点ひびき打線も11三振8残塁と攻めきれず昨春から3季連続明大戦で勝ち点を落とし今季1勝4敗(4位)。
3長打ふくめ前日につづき今季4度目となる2桁11安打の明大が、9対4で勝って4勝1敗・勝ち点2(3位)としました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月30日(月)07時40分1秒
返信・引用
   慶大、開幕4連勝

第3週2日目は慶大が法大に連勝、明大は早大に雪辱しました。

 明大311 012 133 ┃15
 早大111 000 000 ┃ 3
   ( 1勝1敗 )

明大-早大2回戦は、伊勢と早川の先発で午前11時開始。
初回に明大は1死満塁から、越智の遊ゴロを早大・檜村がはじき佐野かえって先制。つづく1死満塁で、平塚が右前打し渡辺(佳)生還。つづく1死満塁からは、森下智の二ゴロ併殺くずれの間に逢澤かえりこの回3点。きのうで平塚.500(2位・点5本0)、渡辺佳.471(3位・点4本0)、越智.412(6位・点5本1)、逢澤.357(9位・点3本0)、森下智.333(14位・点1本0)。
早大もその裏2死三塁から、きのうで.429(5位・点2本1)の加藤が左前打し丸山かえって反撃。
2回に明大は、2死一塁で渡辺佳が右中間ツーベースをはなち佐野生還。
早大・早川が、2イニングを4安打1四球4失点3奪三振で防5.63(8位・2敗)。
味方打線は、その裏1死二塁から檜村の左越えツーベースで岸本かえり2対4。
3回に明大は1死一、三塁で早大2番手・徳山から西野のサード前スクイズが決まり越智かえって3点リード。
その裏、早大は2死から加藤が1号中越えソロをはなち3対5。
明大は5回無死一、三塁で平塚が左前打し逢澤生還。
6回にも1死三塁で、早大4番手・柴田から逢澤の左越えツーベースで佐野かえり7対3。なおも2死二塁からは、平塚の右越えツーベースで逢澤かえってこの回2点。
7回には2死二塁で、逢澤が左中間スリーベースをはなち渡辺(佳)生還。
投げては、5回から登板の2番手・磯村(1年=中京大中京)が3イニングを1安打2四死球無失点6奪三振に抑え初勝利=画像中。
チームは8回無死三塁で、早大5番手・藤井寛(3年=東筑)から西野が左前打し清水(頌)生還。さらに1死一、二塁からは赤木の中越えスリーベースで二者かえりこの回3点。
9回にも1死二、三塁から西野の右犠飛で越智かえって13対3。つづく2死三塁からは、内山のセカンド内野安打で高瀬が生還。つづく2死一塁から、きのうで.350(12位・点3本0)の吉田が中越えツーベースをはなって内山かえりこの回も3点。
きのうの早大は、投手陣が猛打あび16年秋の立大3回戦以来となる2ケタ失点。
10長打ふくむ今季3度目の2ケタ21安打の明大が、15対3で早大に勝ちました。

 法大200 000 020 ┃ 4
 慶大200 012 00X ┃ 5
   ( 慶2勝 )

第2試合、法大-慶大2回戦の先発が高田と菊地。
初回に法大は1死三塁から、福田のゆるい二ゴロの間に相馬かえり先制。なおも2死一、二塁で吉岡が中前打し向山かえってこの回2点。きのうで相馬.368(8位・点2本0)、福田.333(14位・点3本1)、向山.333(14位・点1本1)。
慶大もその裏2死一塁から、郡司の左中間スリーベースで河合が生還し反撃。つづく2死三塁で、嶋田が左前打し郡司かえり2対2の同点へ。きのうで郡司.353(10位・点4本0)、嶋田.353(10位・点8本1)。
チームは5回無死二、三塁から郡司の左犠飛で河合が生還し勝ち越し。
法大・高田が、5イニングを9安打無四球3失点2奪三振で初黒星=画像下。
慶大は6回無死一、三塁で法大2番手・三浦から菊地が右前打し中村かえって4対2。つづく無死一、三塁からは小原の高くはずむ三ゴロの間に瀬戸西かえりこの回2点。
3点差を追う法大は8回2死一、二塁から中村浩の左中間ツーベースで向山と中山かえって1点差。きのうで中村浩.533(1位・点5本0)、中山.350(12位・点0本0)。
慶大・菊地が、7回3分の2を7安打2四死球4失点5奪三振で昨春5/29の早大3回戦以来となる白星=画像上。
法大は、9回1死三塁と一打同点のチャンスも慶大3番手・石井から福田が空振り三振に向山は二ゴロで万事休す。
きのうの法大は、投がふんばれず今季3度目の1点差負けで立大1回戦からは1分けはさみ昨春以来となる開幕4連敗で今季4敗1分け(5位)。
今季2度目となる2ケタ13安打の慶大が、5対4で法大に勝って東大1回戦から8季ぶりの開幕4連勝で勝ち点2とし立大と首位へならびました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月29日(日)03時16分21秒
返信・引用
  第3週1日目は、早慶が勝ちました。

 慶大000 050 100 ┃ 6
 法大003 000 000 ┃ 3
   ( 慶1勝 )

慶大-法大1回戦は、髙橋亮と菅野の先発で午前11時開始。
初回に慶大は2死一、三塁からきのうで.385(8位・点7本1)の嶋田が三ゴロ。
法大もその裏1死満塁から、きのうで.400(7位・点2本1)の福田が空振り三振に吉岡は三ゴロ。
それでも3回1死一、三塁から吉岡の右前打できのう3安打し.353(11位・点1本1)の向山かえって先制。なおも1死満塁からは、きのう4安打で.429(4位・点2本0)の相馬が中越えツーベースをはなって二者かえりこの回3点。
慶大は5回無死満塁で、河合が中前打し瀬戸西と髙橋佑かえって反撃。さらに1死二、三塁からは郡司の左越えツーベースで二者生還し逆転。つづく1死二塁で、法大2番手・石川から嶋田も右中間ツーベースをはなって郡司かえり、この回打者10人5安打1四球1失策で一挙5点。
法大・菅野が、4回3分の1を6安打2四球5失点2奪三振で防4.41(8位・3敗)。
4回から登板した慶大2番手・髙橋佑が、3イニングを4安打無四球無失点2奪三振に抑え昨春4/25の立大4回戦以来となる白星=画像中。
味方打線は、7回1死で法大3番手・三浦から嶋田の1号左越えソロで追加点。
きのうの法大は、打が12安打11残塁の拙攻で投もリード守れず4/21の立大1回戦から1分けはさみ3連敗。
3長打ふくむ9安打の慶大が、6対3で法大に勝って4/14の東大1回戦から3連勝としました。

 早大010 000 020 ┃ 3
 明大010 001 000 ┃ 2
   ( 早1勝 )

第2試合、早大-明大1回戦の先発が小島と森下暢。
2回に早大は、きのうで.333(13位・点5本2)の先頭・吉澤が1号左越えソロをはなち先制。
明大もその裏2死一、三塁から投手の森下暢が中前打しきのうで.333(13位・点4本1)の越智かえって同点へ。
6回に早大は2死一、三塁で山田が中飛。
明大はその裏2死二塁から、越智が中前打しきのうで.462(1位・点3本0)の渡辺佳かえり2対1とリード。
7回まで7残塁の早大は、8回1死一塁で吉澤が3ボールからの4球目を強振。打球は左中間スタンドへ飛びこむ値千金の2号ツーランとなって逆転、沸きに沸く三塁側の早大応援席。
明大・森下暢が、7回3分の1を9安打3四球3失点4奪三振で昨秋9/10の早大2回戦以来となる黒星で防3.38(7位・1勝1敗)=画像下。
味方打線は、8回2死二塁から越智が二直にたおれ同点ならず。
きのうの明大は、打線が援護しきれず昨秋10/8の慶大2回戦以来となる黒星。
早大・小島が120球を投げ5安打4四死球2失点7奪三振に抑え、法大・菅野とならぶ現役最多通算15勝を完封した昨春5/14の立大1回戦以来となる完投勝利でかざり防2.12(4位・1勝1敗)=画像上。
3長打の早大が、3対2で明大に先勝し昨秋10/14の法大1回戦からつづいたリーグ戦の連敗を6でとめました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月23日(月)09時52分2秒
返信・引用 編集済
  第2週2日目は明大が東大に連勝、立大と法大は引き分けました。

 立大010 120 010 ┃ 5
 法大001 300 100 ┃ 5
  ( 立1勝1分け )

立大-法大2回戦は、手塚と高田の先発で午前10時半開始。
立大は2回、先頭・三井が3ボール2ストライクからの8球目を強振。打球は、3戦連続弾の3号右中間ソロとなり先制。
法大は3回1死二塁から、高田のファースト内野安打を立大・飯迫がベースカバーの手塚へ一塁悪送球する間に福田かえって同点。
4回に立大は、2死三塁で飯迫が右前打し寺山かえり2対1。
法大もその裏1死満塁で、立大2番手・中川から中村浩が走者一掃の左中間スリーベースをはなちこの回3点を入れ4対2とリード。
立大・手塚が、3回3分の1を3安打1四球3失点2奪三振=画像中。
味方打線は、5回に先頭・吉田の1号右越えソロで3対4。なおも1死からは、笠井も1号右中間ソロをはなってこの回2点とし4対4の同点。
初登板だった法大・高田(2年=平塚学園)が、4回3分の1を5安打無四球4失点6奪三振=画像下。
チームは、7回に先頭・向山の1号左越えソロで5対4。
ねばる立大は8回1死三塁で、法大2番手・石川から寺山が右前打し荒井かえって同点へ。
法大はその裏に無死一、三塁の好機も立大3番手・川端健から清水俊(3年=佼成学園)が空振り三振に向山は三ゴロ、川口凌も一ゴロにたおれ勝ち越しならず。
きのうの法大は8安打も9三振9残塁と攻めきれず、立大も5長打ふくむ8安打ながらドロー。
2時間39分の立大-法大2回戦は、連盟規定により5対5の引き分けでした。

 明大000 001 420 ┃ 7
 東大000 000 000 ┃ 0
   ( 明2勝 )

第2試合、明大-東大2回戦の先発が伊勢と小林の両背番17。
初回に東大は2死二塁で、岡がショート内野安打も二走・三鍋は明大・平塚一塁手からの返球で本塁タッチアウト。
明大は4回2死一、三塁から氷見が右飛で5回には2死一、三塁から逢澤が中飛。
それでも、6回に先頭・越智の1号左越えソロで先制。
7回には、1死三塁から渡辺佳の左中間スリーベースで吉田かえり渡辺佳、吉田ともきのう3安打ずつの成績。チームはさらに1死二、三塁で東大2番手・宮本から越智が中前打し二者生還。なおも2死二塁からは、平塚も中前打し越智かえってこの回4安打1死球を集め4点。
今季4登板の東大・小林が、6回3分の1を6安打4四死球4失点1奪三振で2敗。
明大・伊勢が、7イニングを5安打1死球無失点8奪三振に抑え初先発初勝利=画像上。
味方打線は8回1死二、三塁で東大3番手・濵﨑から渡辺佳が中前打し吉田と渡邉涼かえり追加点。
きのうの東大は、投手陣が終盤に猛打あび打線は散発6安打と沈黙し今季2度目の零敗で4/14の慶大1回戦から開幕4連敗。
4長打ふくめ前日につづく2ケタ12安打の明大が、7対0で東大に勝って11年秋から14季連続の緒戦勝ち点としました。
 
 

きょうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月21日(土)22時02分1秒
返信・引用 編集済
  第2週1日目は、明大と立大が勝ちました。

 東大101 000 000 ┃ 2
 明大115 020 00X ┃ 9
   ( 明1勝 )

東大-明大1回戦は、宮本と森下暢の先発で午前10時33分開始。
初回に東大は、きょう3安打の辻居が先頭打者アーチとなる1号左越えソロをはなって先制。
明大もその裏1死二、三塁から逢澤の左犠飛できょう3安打の吉田かえり同点。
2回には2死三塁で、森下暢が左前打し森下智かえって2対1。
3回に東大は2死一、二塁から三鍋の中前打で辻居が生還し同点へ。
追いつかれた明大はその裏1死満塁から、平塚のショート内野安打で渡辺佳かえり勝ち越し。つづく1死満塁からは、氷見の右翼線ツーベースで越智と森下智が生還し5対2。つづく1死二、三塁で東大2番手・有坂から森下暢も中越えツーベースをはなち平塚と氷見かえって、この回打者一巡4安打2死球で一挙5点。
東大・宮本が、2回3分の1を奪三振ゼロの8安打2死球7失点で2敗。
5点リードの明大は5回1死二、三塁から吉田の右翼線ツーベースで二者かえり追加点。
投げては、森下暢が最速151kmの直球を武器に6回を4安打2四球2失点7奪三振で昨春5/20の立大1回戦以来となる白星=画像上。
きょうの東大は、序盤に投が打ちこまれ勝ち越しゆるす。
3長打ふくむ14安打の明大が、9対2で東大に勝って5季連続の緒戦白星発進としました。

 法大000 000 002 ┃ 2
 立大030 000 00X ┃ 3
   ( 立1勝 )

第2試合、法大-立大1回戦の先発が菅野と田中誠。
立大は2回、先頭・三井が4/15の早大2回戦につづく2号右越えソロをはなって先制。なおも無死一塁からは、藤野の右中間ツーベースで飯迫が長駆生還。さらに1死三塁で、田中誠が右前打し藤野かえりこの回3点。
法大は4回1死二塁で相馬が三直併殺、5回には2死二塁から向山が三ゴロと好機をいかせず。
立大・田中誠が、7回を5安打無四球無失点3奪三振に抑え2勝目=画像中。
法大・菅野が、7イニングを8安打無四球3失点5奪三振で昨秋10/25の立大3回戦以来となる黒星=画像下。
味方打線は9回2死二塁で、立大2番手・中川から福田が1号右越えツーランをはなち1点差。しかし、2死一塁からは毛利が中飛にたおれ反撃およばず。
きょうの法大は、4長打ふくむ8安打も序盤の失点ひびき昨春から3季連続の黒星スタート。
3長打ふくむ8安打の立大が、3対2で法大に勝って4/14の早大1回戦から3連勝としました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月16日(月)04時18分31秒
返信・引用
  第1週最終日は、慶大と立大が連勝しました。

 早大002 000 000 ┃ 2
 立大200 101 00X ┃ 4
   ( 立2勝 )

早大-立大2回戦は、早川と手塚の先発で午前11時開始。
立大は初回2死一、三塁から飯迫の中前打で寺山かえり先制。つづく2死一、三塁で藤野も中前打し三井かえってこの回2点。
早大は3回2死一、二塁から吉澤の左中間ツーベースで池田と丸山が生還し2対2の同点へ。
追いつかれた立大は、4回に先頭・藤野が1号左越えソロをはなち勝ち越し。
6回にも、先頭・三井の1号右越えソロで追加点。
昨春5/29の慶大3回戦以来となる先発だった早大・早川が、6イニングを6安打2四死球4失点9奪三振で昨秋10/17の法大2回戦以来となる黒星=画像中。
4回から登板の立大2番手・川端健(1年=秀岳館)が、4イニングを1安打1四球無失点5奪三振に抑え初登板初勝利=画像上。
追いこまれた早大は9回2死一、三塁で立大3番手・中川から池田が二ゴロにたおれ万事休す。
きのうの早大は、7安打8残塁の同点止まりで00年秋以来35季ぶりとなる緒戦連敗スタートの憂き目。
3長打ふくむ7安打の立大が、4対2で勝って昨春の2回戦から対早大戦6連勝し4季連続緒戦勝ち点としました。

 慶大100 030 010 ┃ 5
 東大000 100 000 ┃ 1
   ( 慶2勝 )

第2試合、慶大-東大2回戦の先発が津留﨑と小林。
慶大は初回2死満塁から、内田の押し出し四球で小原が生還し先制。
東大は4回2死一、二塁から新堀のセカンド内野安打がゆるくセンター前方へ抜ける間に岩田かえり同点へ。
追いつかれた慶大は5回1死二塁で、柳町が中前打し河合かえって勝ち越し。なおも2死一塁からは、嶋田の左越えツーベースで柳町が生還。さらに2死一、二塁で中村が中前打し嶋田かえりこの回3点。
東大・小林が、5イニングを6安打4四死球4失点1奪三振で昨秋10/24の明大2回戦以来となる黒星。
味方打線は5回2死一、二塁から三鍋が左飛。
7回にも、2死二塁で辻居が遊ゴロと好機をいかせず。
慶大・津留﨑が、7イニングを5安打2四球1失点11奪三振に抑え昨秋9/19の東大3回戦以来となる白星=画像下。
チームは8回1死二塁で、東大2番手・宮本から正木の左中間ツーベースで内田が生還し追加点。
きのうの東大は、打線が16三振と援護しきれず零敗を逃れるのがやっと。
4長打ふくむ9安打の慶大が、5対1で東大に勝って6季連続緒戦勝ち点とし秋春連覇へ好発進を見せました。
 

http://www.big6.gr.jp/

 

おとといのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月10日(火)09時35分0秒
返信・引用
  4/8(日)の明大-亜大戦は、引き分けました。

 亜大000 000 001 ┃ 1
 明大000 100 000 ┃ 1

明大 内海・島岡ボールパーク、先発が伊勢(3年=九州学院)と中村稔。
亜大は、2回1死二塁で正隨が見逃し三振に髙橋は左飛。
明大は4回2死一、三塁からこの日3安打の越智が中前打し村上かえって先制。
投げては、伊勢が4イニングを2安打無四球無失点3奪三振=画像上。
亜大・中村稔が、6回を5安打1四球1失点6奪三振=画像中。
味方打線は、7回2死二塁で明大4番手・磯村(1年=中京大中京)から野中(2年=佐賀商)が空振り三振。
8回には2死二塁で、明大5番手・長江から栗原(2年=常葉菊川)が空振り三振と好機をいかせず。
それでも9回は明大6番手・入江(=画像下)から、先頭・阿部(1年=京都翔英)の死球で代走・中村将が二盗し安食(3年=鶴岡東)の投犠で1死三塁と一打同点のチャンス、ここで上田が捕前スクイズを決め中村将かえり同点へ。
明大もその裏2死二、三塁と一打サヨナラ勝ちの好機。しかし、亜大3番手・高山(2年=神村学園)から内山が二飛にたおれ勝ち越しならず。
この日の亜大は、打線が8回まで三塁をふめず同点止まりでオープン戦成績を12勝11敗3分けに。
明大は、投手陣が3安打9三振に抑え14勝10敗2分け。
2時間11分の明大-亜大戦は、1対1の引き分けでした。
 

http://meiji-bbc.net/

 

おとといのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月 9日(月)09時48分23秒
返信・引用
  法大-國學大戦2試合は、國學が連勝しました。

 國學002 002 000 ┃ 4
 法大000 000 000 ┃ 0

法大川崎総合グラウンド(=画像)、第1試合の先発が菅野と清水。
國學は3回無死一塁から、小川龍の左中間スリーベースで貞光かえり先制。なおも1死一、三塁からは戸堀(2年=横浜)の左中間ツーベースで小川龍が生還しこの回2点。
6回にも1死二、三塁から横井の左越えシングルで中山かえって3対0。つづく1死一、三塁で法大2番手・落合から貞光の投前スクイズが決まって川村(1年=日本文理)かえりこの回2点。
法大・菅野が、5回3分の1を奪三振ゼロの6安打6四死球4失点。
國學・清水が、6イニングを2安打無四球無失点2奪三振。
7回まで三塁をふめぬ法大は8回2死二、三塁で國學2番手・山口(4年=済美)から川口凌が左飛と好機をいかせず。
9回にも、2死一塁から舩曳が空振り三振にたおれ反撃ならず。
この試合の法大は、打線が散発4安打と沈黙し投手陣を援護できず4/4中大戦からの連勝が3でとまる。
6安打8四死球の國學大が、4対0で法大に勝ちました。

 法大010 140 100 ┃ 7
 國學302 002 10X ┃ 8

第2試合は、森田(4年=富山商)と渡邊(2年=尽誠学園)の両左腕が先発し午後1時25分開始。
國學は初回1死から、この試合3安打の内藤(2年=中京大中京)が右越えソロをはなち先制。さらに2死満塁からは、進藤の押し出し四球で伊藤雅が生還。つづく2死満塁から、福永(1年=横浜)も押し出し死球で山本(1年=大阪桐蔭)かえりこの回3点。
法大は2回1死三塁から、札葉(3年=川越東)の左犠飛で清水俊(3年=佼成学園)かえって反撃。
國學は3回無死一塁から、髙橋謙の右越えツーランで4点リード。
投げては、渡邊が3イニングを奪三振ゼロの1安打2四球1失点。
法大・森田が、3回を5安打4四死球5失点4奪三振。
味方打線は4回2死一、三塁で國學2番手・田村から札葉の右前打で福田が生還。
5回にも2死満塁から、村田(2年=横浜)の左中間ツーベースで走者一掃し5対5の同点。つづく2死二塁で、清水俊が左前打し村田かえってこの回4点とし6対5とリード。
國學も6回1死一塁で、法大3番手・新井(3年=折尾愛真)から山本の右中間スリーベースで伊藤雅が生還。つづく1死三塁からは、髙橋謙の中犠飛で山本かえりこの回2点を入れ7対6。
7回に法大は1死一、三塁で國學3番手・諸見里から村田の二ゴロ併殺くずれの間に杉村(2年=広島新庄)が生還し同点へ。
國學はその裏、法大4番手・森脇(4年=掛川西)から先頭・大野(2年=聖望学園)が右中間ソロをはなって勝ち越し。
投で、5回途中から登板した諸見里が2回3分の1を奪三振ゼロも3安打無四球1失点。
7回裏に登板の法大・森脇が、1イニングで2安打無四球1失点1奪三振。
チームは8回2死二塁で、國學4番手・池内瞭(1年=津商)から斎藤卓が左前打も國學・川本左翼手(3年=岩国)の好返球に、二走・原田は本塁タッチアウトで同点ならず。
この試合の法大は、打線が毎回走者と3長打ふくむ13安打も投手陣がふんばれずオープン戦成績を16勝11敗1分けに。
4長打ふくむ11安打の國學大が、8対7で法大に勝って成績を14勝8敗2分けとしました。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月 2日(月)00時38分50秒
返信・引用 編集済
  横浜商大-東大戦は、横商が勝ちました。

 東大021 001 200 ┃ 6
 横商112 400 02X ┃10

横商大みどりキャンパス野球場、先発が藤村(2年=愛工大名電)と野村(2年=仙台二)。
横商は初回無死一、三塁から古川(3年=明徳義塾)への初球前に東大・野村のボークで吉川(3年=横浜創学館)かえり先制。
2回に東大は2死満塁で、磯野が右前打し岩田と廣納(3年=茨木)が生還して2対1。
横商はその裏2死三塁で、東大2番手・溪(4年=浅野)から浅見(2年=横浜隼人)が左翼線スリーベースをはなち嘉門(3年=敦賀気比)かえって同点へ。
3回に東大は2死三塁から、岡の右前打で大鳥(3年=早実)が生還し3対2。
横商はその裏2死二、三塁からきのう5打点の石原弘(3年=創志学園)が左中間ツーベースをはなって古川と嘉門かえり逆転。
投げては、藤村が3イニングを5安打2四死球3失点2奪三振=画像上。
2回から登板の東大・溪が、2イニングで奪三振ゼロの4安打3四球3失点=画像中。
横商は4回にも1死満塁で、東大3番手・伊藤(4年=東海)から西林(4年=宮崎日大)の押し出し死球で浅見が生還。つづく1死満塁からは、松元(3年=神村学園)の右犠飛で合田(3年=希望ヶ丘)かえって6対3。なおも2死満塁から、石原弘の押し出し四球で古川が生還。つづく2死満塁で、福田(3年=正智深谷)への初球を東大4番手・小林が暴投して西林かえり、この回打者10人2安打5四死球を集め4点。
5点差を追う東大は6回1死三塁で、横商2番手・渡邉(2年=愛媛・北条)から新堀の二ゴロの間に岡かえって4対8。
7回にも1死満塁で、横商3番手・川村(2年=向上)から三鍋の中前打で笠原と大鳥が生還しこの回2点。
4回から登板した横商・渡邉が、3回3分の1を4安打無四球3失点3奪三振=画像下。
味方打線は8回1死満塁で、東大6番手・川口(4年=県長野)から石原弘が左中間ツーベースをはなち古川と西林かえり追加点。
東大は9回、横商4番手・戸田(4年=都立総合工科)の前に三者凡退でゲームセット。
きのうの東大は、打線が12安打も投手陣は11与四死球の乱調でオープン戦成績を2勝11敗に。
3長打ふくむ11安打の横浜商大が、10対6で東大に勝ちました。
 

https://tokyo-bbc.net/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 4月 1日(日)03時58分0秒
返信・引用
  亜大-セガサミー戦は、セガが勝ちました。

 セガ100 030 000 ┃ 4
 亜大010 000 100 ┃ 2

亜大日の出キャンパス野球場、先発が持田(4年=開星)と森井(1年目=徳島・板野高)。
セガは初回2死二塁から、根岸(3年目=日大)の左越えツーベースで北川(1年目=福井工大福井高)かえり先制。
亜大も2回1死二塁で、木本(1年=秀岳館)が左中間ツーベースをはなち髙橋かえって同点へ。
セガ・森井が、3回を1安打2四球1失点4奪三振=画像上。
味方打線は5回2死一、二塁で亜大2番手・諸隈(2年=佐賀商)から神野(9年目=立正大)が右前打し須田(4年目=立正大)かえり勝ち越し。なおも2死二、三塁からは政野(7年目=青学大)の中前打で北阪(1年目=日大)と神野が生還しこの回3点。
亜大・持田が、4回3分の1を4安打5四球3失点3奪三振=画像中。
4回から登板のセガ2番手・田中(8年目=大分工高)が、3イニングを奪三振ゼロも無安打無四球無失点=画像下。
3点差を追う亜大は7回2死二塁で、セガ3番手・飯田(1年目=長崎・海星高)から阿部(1年=京都翔英)のゆるいセカンド内野安打で中村将かえすもそこまで。
9回には2死二塁で、セガ4番手・石垣(4年目=中大)から手塚が左飛にたおれ万事休す。
きのうの亜大は、打線が2安打8三振と援護しきれず3/24青学大戦からの連勝が4でとまり成績を11勝8敗2分けに。
7安打のセガサミーが、4対2で亜大に勝ってオープン戦成績を6勝6敗4分けとしました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月26日(月)05時38分31秒
返信・引用
  立正大-JFE東日本戦は、立正が勝ちました。

 JF東010 000 000 ┃ 1
 立正031 000 10X ┃ 5

立正大熊谷キャンパス野球場、先発が鈴木と在原(2年目=中大)。
2回にJF東は2死一、二塁で中嶋(5年目=明大)が右前打し吉川(6年目=東海大)かえって先制。
立正はその裏に無死一、三塁から伊藤弘の投前スクイズで伊藤裕が生還し同点。なおも1死一、二塁からは木下が二ゴロも併殺をあせったJF東・鳥巣(1年目=上武大)が二塁悪送球し、きのう3安打2得点の佐々木(勝)かえり勝ち越し。さらに2死満塁で、平田が押し出し四球を選び土井かえってこの回3点。
3回にも1死一、三塁から土井の投前スクイズで佐々木(勝)が生還し3点リード。
投げては、鈴木が5回を奪三振ゼロも5安打3四球1失点=画像上。
JF東・在原が、5イニングを7安打2四球4失点3奪三振=画像中。
立正は7回無死三塁から、平田への6球目をJF東2番手・辻(5年目=愛知学院大)が暴投し小郷かえり追加点。
JF東は8回2死一、三塁で立正4番手・山本(1年・広陵=画像下)から吉川が三邪飛。
9回には2死一、二塁で立正6番手・新村から鳥巣が中飛にたおれ万事休す。
きのうのJF東は、序盤の失点ひびき打線も8安打で11残塁の拙攻。
8安打の立正大が、5対1でJFE東日本に勝って3/18の東北公益文化大戦から1分けはさみ4連勝し、オープン戦成績を19勝5敗2分けとしました。
 

http://www.ris.ac.jp/sports/baseball/index.html

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月25日(日)00時55分55秒
返信・引用
  早大-創価大戦は、創価が勝ちました。

 創価000 300 400 ┃ 7
 早大010 000 010 ┃ 2

早大安部磯雄記念野球場、先発が今西と杉山(3年=盛岡大付)。
早大は2回1死一、三塁から丸山(1年=広陵)のセカンド内野安打で加藤かえり先制。
創価は4回2死満塁から、泉(2年=新田)の押し出し四球で松本(4年=関西創価)が生還し同点。つづく2死満塁で、古和田(1年=新田)が左前打し石川(2年=常総学院)と萩原(2年=日南学園)の二者かえってこの回3点を入れ勝ち越し。
早大・今西が、4イニングを4安打2四球3失点5奪三振=画像中。
味方打線は、5回2死満塁の好機も檜村が遊ゴロ。
創価・杉山が、5イニングを6安打4四球1失点5奪三振=画像上。
チームは7回1死一、二塁で早大3番手・柴田(2年=早大学院)から松本の左翼線スリーベースで古和田と高(3年=関西創価)が生還し5対1。つづく1死三塁からは、鈴木嘉(2年=静岡)が右越えツーランをはなちこの回4点。
6点差を追う早大は、8回に創価2番手・小孫(3年・遊学館=画像下)から先頭・福岡が右越えソロをはなつもそこまで。
きのうの早大は、投がふんばれず打は8安打も10残塁の拙攻でオープン戦成績を4勝6敗に。
8安打の創価大が、7対2で早大に勝ちました。
 

http://www.wasedabbc.org/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月19日(月)05時18分41秒
返信・引用
  日体大-新日鐵住金鹿島戦は、日体が勝ちました。

 鹿島000 000 010 ┃ 1
 日体320 020 01X ┃ 8

日体大 横浜・健志台キャンパス野球場、先発が松本航(4年=明石商)と嶋田泰(8年目=日体大)。
日体は初回無死一、三塁から船山(4年=日大三)の右中間ツーベースで大木(3年=東福岡)かえり先制。つづく無死二、三塁からは高垣(2年=智辯和歌山)の中犠飛で上西(3年=宇部鴻城)が生還。つづく1死二塁で、エドポロ(3年=柏日体)が左前打し船山かえってこの回3点。
2回にも1死二塁で、馬場(3年=八戸学院光星)が中前打し中村誠(4年=大阪桐蔭)生還。なおも1死満塁からは、船山の右犠飛で馬場かえりこの回2点。
鹿島・嶋田泰が、2イニングを7安打1四球5失点1奪三振=画像中。
味方打線は、3回1死二塁で江藤(6年目=八戸大)が左飛に中村[大](4年目=日本文理大)は中飛。
日体は5回1死二塁で、鹿島3番手・佐藤僚(3年目=山形中央高)から高垣が左越えツーランをはなち7点リード。
投げては、松本航が7回を1安打1四球無失点5奪三振=画像上。
8回に鹿島は2死二塁で、日体2番手・森山(4年・桐生=画像下)から江藤が中前打し佐藤竜(3年目=法大)かえって1対7。
日体もその裏2死一塁から、中村誠の左中間ツーベースで高垣が長駆生還し追加点。
鹿島は9回、日体3番手・森(博)[2年=豊川]の前に三者凡退で万事休す。
きのうの鹿島は、序盤の失点ひびき打線も7回まで三塁をふめず零敗を逃れるのがやっとでオープン戦成績を6勝5敗に。
3長打ふくむ10安打の日体大が、8対1で新日鐵住金鹿島に勝って成績を7勝3敗としました。
 

https://nittaibaseball.com/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月17日(土)17時53分40秒
返信・引用
  横浜商大-亜大戦は、亜大が勝ちました。

 亜大001 000 110 ┃ 3
 横商001 000 001 ┃ 2

横商大みどりキャンパス野球場、先発が河野颯(1年=横浜商大高)と持田(4年=開星)の両背番16。
亜大は初回2死一、三塁で髙橋が三飛。
横商は2回2死一、三塁から石原(3年=創志学園)が空振り三振。
3回に亜大は1死二塁で、頓宮が中前打し手塚かえって先制。
横商もその裏2死三塁から、古川(3年=明徳義塾)の左中間ツーベースで吉川(3年=横浜創学館)が生還し1対1の同点へ。
投げては、河野颯が3イニングを5安打2四球1失点3奪三振=画像中。
味方打線は4回2死三塁で石原が左飛、5回にも2死三塁から古川が遊ゴロ。
亜大・持田が、5イニングを2安打4四球1失点3奪三振=画像上。
チームは7回1死二、三塁で横商3番手・木幡(1年=宮崎日大)から手塚のゆるい三ゴロの間に矢野かえり勝ち越し。
8回にも1死三塁から、安食(3年=鶴岡東)の捕前スクイズが決まり髙橋かえって2点リード。
投で、6回から救援の2番手・西岡(4年=首里)が3イニングを無安打1四球無失点1奪三振=画像下。
7回から登板した横商・木幡が、3イニングを2安打2四球2失点2奪三振。
味方打線は9回2死二塁で、亜大3番手・髙山(2年=神村学園)から浅見(2年=横浜隼人)の右中間ツーベースで木村(2年=秀岳館)が生還し1点差。しかし2死一、二塁からは近藤(1年=横浜商大高)が一ゴロにたおれ反撃およばず。
きょうの横商は、打線が3長打も9残塁と攻めきれず惜敗。
3長打ふくむ7安打の亜大が、3対2で横浜商大に勝ってオープン戦成績を5勝6敗1分けとしました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月16日(金)04時43分45秒
返信・引用
  中大-三菱日立パワーシステムズ戦は、MHPSが勝ちました。

 MHPS003 001 210 ┃ 7
 中大000 000 002 ┃ 2

中大多摩キャンパス野球場、先発が伊藤(4年=小山台)と松田(4年目=近大)。
中大は2回2死一、二塁で古賀(1年=福岡大大濠)が見逃し三振。
MHPSは3回無死満塁から、村山(12年目=常葉菊川高)の右前打で久木田(3年目=第一工大)かえり先制。なおも1死満塁からは、五十嵐(9年目=立大)への4球目が中大・古賀捕手の打撃妨害となりきのう3安打の竹内(6年目=明大)生還。つづく1死満塁で、平野(5年目=日体大)が中犠飛をはなち村山かえってこの回3点。
中大・伊藤が、4回を8安打4四死球3失点5奪三振=画像中。
MHPS・松田が、5回を1安打1死球無失点3奪三振=画像上。
味方打線は6回1死一、三塁で中大2番手・水谷(=画像下)から村山の左犠飛できのう3安打の久保(3年目=富士大)かえり4点リード。
7回にも1死二、三塁で中大4番手・喜多川から久保の左犠飛で成田(2年目=中央学院大)が生還。つづく2死三塁で、竹内が右前打し中西(6年目=八戸大)かえってこの回2点。
8回には、1死から五十嵐が右越えソロをはなち7点リード。
その裏に中大は、2死二塁でMHPS3番手・浜屋(2年目=樟南高)から石田(1年=習志野)が遊ゴロ。
それでも、9回にMHPS4番手・荒川(2年目=城西国際大)をせめ無死三塁から、吉田叡(4年=佐野日大)の左犠飛で牧かえり1対7。さらに1死一、三塁で大工原も左犠飛をはなって小野寺が生還。しかし2死一、二塁からは黒木(2年=宮崎商)が空振り三振にたおれ反撃およばず。
きのうの中大は、打線が3長打ふくむ7安打も投手陣が打ち込まれオープン戦成績を5勝2敗1分けに。
13安打の三菱日立パワーシステムズが、7対2で中大に勝ちました。
 

https://chuobaseballteam.wixsite.com/chuobaseball

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月15日(木)05時43分20秒
返信・引用
  東洋大-新日鐵住金鹿島戦は、鹿島が勝ちました。

 東洋000 000 000 ┃ 0
 鹿島000 001 00X ┃ 1

東洋大川越キャンパス野球場、先発が梅津と嶋田泰(8年目=日体大)。
鹿島は、初回1死二塁から堀越(8年目=東洋大)と髙畠(6年目=日体大)が連続空振り三振。
4回に東洋は1死一、二塁で中川が二ゴロ併殺打。
鹿島はその裏2死一、三塁で佐藤竜(3年目=法大)への4球目に重盗を企図も三走・堀越が三本間で挟殺。
投げては、嶋田泰が5回を3安打1四球無失点3奪三振=画像上。
味方打線は6回1死二塁から、きのう3安打の堀越が右翼線ツーベースをはなち江藤(6年目=八戸大)かえって先制。
東洋・梅津が、5回3分の1を5安打2四球1失点6奪三振=画像中。
6回から登板の鹿島2番手・菊地(1年目=帝京大)が、2イニングを2安打無四球無失点1奪三振=画像下。
東洋は8、9回も鹿島3番手・能間(5年目=東洋大)から三者凡退ずつに抑えられ反撃ならず。
きのうの東洋は、打線が三塁をふめず沈黙し投手陣を援護できぬまま零敗。
6安打6四球の新日鐵住金鹿島が、1対0で東洋大に勝って3/11の新日鐵住金かずさマジック戦から3連勝しオープン戦成績を6勝3敗としました。
 

http://kbw-bb.com/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月14日(水)05時10分10秒
返信・引用
  駒大-東京国際大戦は、東国が勝ちました。

 東国110 000 510 ┃ 8
 駒大040 002 000 ┃ 6

駒大祖師谷グラウンド、先発が多崎(4年=駒大高)と柴田祐(4年=青森山田)。
初回に東国は1死一、三塁から柴田紘(4年=八王子学園八王子)のゆるい遊ゴロの間に松田(4年=相洋)かえり先制。
2回にも2死満塁で、上田(3年=中央学院)が左前打し後藤(3年=熊本学園)かえって2点リード。
駒大はその裏に無死一、二塁から東の三犠を東国・石松三塁手(2年=千葉敬愛)が一塁悪送球し鵜飼(1年=中京大中京)かえり反撃。なおも1死一、二塁で砂川が左越えツーベースをはなち東と諸積かえって3対2。さらに2死一、二塁からは酒井良の右前打で砂川が生還しこの回4点。
投げては、多崎が4回を4安打2四球2失点2奪三振=画像中。
チームは、6回1死三塁から東の左越えツーランで6対2。
東国・柴田祐が、6イニングを5安打4四球6失点2奪三振=画像上。
4点差を追う味方打線は7回2死一、二塁で駒大3番手・村越(1年=学法石川)から上田の中前打で、一走・松田が二塁をオーバーランし挟殺プレーもセーフとなって緑河(3年=福島・光南)かえり3対6。なおも2死満塁のチャンスで、駒大4番手・平嶺(3年=文徳)から柴田紘が左中間へ逆転弾となるグランドスラムをはなって、この回4安打2四球を集め一挙5点。
7回途中から登板の駒大・平嶺が、3分の1イニングで2安打1四球2失点=画像下。
東国は8回にも1死一、三塁で駒大5番手・上野(3年=中京大中京)から松田への2球目を駒大・東捕手が捕逸し浅野(2年=前橋工)かえって追加点。
追い込まれた駒大は9回2死一塁で、東国4番手・川邉(4年=錦城学園)から若林(2年=駒大苫小牧)が左飛にたおれ万事休す。
きのうの駒大は、打線が3長打ふくむ7安打も投手陣がふんばれずオープン戦成績を3勝5敗に。
8安打8四死球の東京国際大が、8対6で駒大に勝ちました。
 

http://komadai-baseball.sakura.ne.jp/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月11日(日)20時45分30秒
返信・引用
  日体大-鷺宮製作所戦は、日体が勝ちました。

 鷺宮000 000 000 ┃ 0
 日体002 000 01X ┃ 3

日体大 横浜・健志台キャンパス野球場、先発が松本航(4年=明石商)と中川(2年目=駒大)。
鷺宮は、初回1死二塁で茶谷(2年目=東洋大)が空振り三振に橋本(3年目=城西大)は二ゴロ、3回にも2死三塁から茶谷が遊ゴロで無得点。
日体はその裏1死二塁で、きょう3安打の上西(3年=宇部鴻城)が左中間スリーベースをはなち大木(3年=東福岡)かえって先制。つづく1死三塁からは、船山(4年=日大三)の右犠飛で上西が生還しこの回2点。
鷺宮・中川が、4回を6安打無四球2失点3奪三振=画像中。
日体・松本航が、5回を3安打無四球無失点5奪三振=画像上。
2点差を追う鷺宮は、6回2死三塁で日体2番手・森山(4年=桐生)から橋本が遊ゴロと好機をいかせず。
日体は8回1死二塁で、鷺宮3番手・西村(4年目=桐蔭横浜大)から高垣(2年=智辯和歌山)の左中間スリーベースで上西かえり追加点。
追い込まれた鷺宮は、9回に日体3番手・東妻(4年・智辯和歌山=画像下)から新納(2年目=立正大)が三直で橋本は二ゴロ、秦(6年目=立正大)が遊飛にたおれ反撃ならず。
きょうの鷺宮は、打線が4回以降無安打と沈黙し投手陣を援護できず零敗。
4長打ふくむ10安打の日体大が、3対0で鷺宮製作所に勝ってオープン戦成績を5勝2敗としました。
 

https://nittaibaseball.com/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月10日(土)22時50分33秒
返信・引用
  亜大-立命大戦は、立命が勝ちました。

 立命010 003 110 ┃ 6
 亜大000 201 101 ┃ 5

亜大日の出キャンパス野球場、先発が持田(4年=開星)と山上(4年=立命館宇治)。
立命は2回1死二、三塁から三宅(2年=神港学園)のゆるい一ゴロの間に奈良龍(4年=市立川越)かえって先制。
亜大は4回無死二、三塁から木本(1年=秀岳館)への初球を立命・大本捕手(3年=掛川西)が捕逸しきょう3安打の頓宮かえり同点。つづく無死三塁からは、木本の中犠飛で手塚が生還しこの回2点。
6回、立命は先頭・辰己(4年=社)が中越えソロをはなって同点。なおも1死一、三塁で三宅が右前打し大本かえり勝ち越し。つづく1死一、二塁から橋本和(2年=龍谷大平安)の左翼線ツーベースで工藤(3年=明豊)が生還しこの回3点。
投げては、山上が5回を5安打1四球2失点6奪三振=画像上。
亜大・持田が、6イニングを11安打1四球4失点6奪三振=画像中。
味方打線は6回裏2死満塁で、立命2番手・小橋(4年・立命館=画像下)から中尾が左前打し頓宮かえって3対4。
7回に立命は無死一、三塁で亜大2番手・西岡(4年=首里)から奈良龍の遊ゴロ併殺くずれの間に澤谷(4年=東山)かえり2点リード。
亜大も、その裏2死から頓宮の左越えソロで4対5。
立命は8回2死二塁から、井上(3年=報徳学園)への2球目に二走・橋本和が三盗しさらに亜大・頓宮捕手が三塁悪送球して追加点。
その裏に亜大は2死二塁で、立命3番手・福島(3年=東福岡)から安食(3年=鶴岡東)が中前打も、立命・辰己中堅手の好返球に二走・木本は本塁タッチアウト。
9回には2死三塁から、頓宮への初球が立命・福島のボークとなり新中(1年=崇徳)かえすもそこまで。
きょうの亜大は、打が毎回走者で3長打ふくむ12安打も投がふんばれずオープン戦成績を3勝3敗1分けに。
5長打ふくむ15安打の立命大が、6対5で亜大に勝ちました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月 5日(月)09時56分32秒
返信・引用
  明大-駒大戦は、明大が勝ちました。

 駒大000 000 030 ┃ 3
 明大104 000 00X ┃ 5

明大 内海・島岡ボールパーク、先発が髙橋裕と上野(3年=中京大中京)。
明大は初回2死二塁で、越智が中前打しきのう3安打の逢澤かえり先制。
3回、駒大は2死三塁から緒方が中飛。
明大はその裏2安打1失策の1死満塁で、森下智が2ボール1ストライクからの4球目を強振。打球は、ライトオーバーのグランドスラムとなってこの回4点を入れ5点リード。
駒大・上野が、3イニングを7安打1四球5失点2奪三振=画像中。
明大・髙橋裕が、6回を2安打2四球無失点3奪三振=画像上。
7回まで打線沈黙の駒大は8回に明大2番手・長江(=画像下)をせめ2死一、二塁から緒方の中前打で岡田耕かえって反撃。つづく2死一、三塁で千丸(1年=花咲徳栄)が右前打し坂本(3年=駒大高)かえり2対5。つづく2死一、三塁からは杉浦(2年=静清)の右前打で緒方が生還してこの回3点かえすもそこまで。
9回には2死一、二塁で明大3番手・森下暢から坂本が中飛にたおれ2点およばず。
きのうの駒大は、序盤の失点ひびきオープン戦成績を2勝3敗に。
9安打の明大が、5対3で駒大に勝って成績を4勝2敗としました。
 

http://meiji-bbc.net/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 3月 4日(日)06時20分31秒
返信・引用
  立正大-セガサミー戦は、立正が勝ちました。

 セガ000 000 010 ┃ 1
 立正000 020 10X ┃ 3

立正大熊谷キャンパス野球場、先発が渡部と氏家(4年目=東京国際大)。
セガは、初回2死三塁から根岸(3年目=日大)が空振り三振。
4回には1死三塁で、根岸が空振り三振に赤堀(9年目=立正大)は遊ゴロと好機をいかせず。
立正・渡部が、4イニングを1安打1四球無失点4奪三振=画像上。
味方打線は5回1死二塁から、平田の左翼線ツーベースで小郷が生還し先制。つづく1死二塁からは、佐々木(斗)が右前打し平田かえりこの回2点。
セガ・氏家が、5イニングを8安打4四球2失点4奪三振=画像中。
5回途中から登板した立正3番手・南部(3年=戸塚)が、2イニングを無安打無失点2奪三振=画像下。
チームは7回1死三塁で、セガ2番手・田中(8年目=大分工)から伊藤裕のゆるい二ゴロの間に風岡(2年=愛工大名電)かえって追加点。
3点差を追うセガは、8回1死満塁で立正5番手・赤川(3年=弘前学院聖愛)から宝楽(1年目=東洋大)の押し出し死球で1点かえすも、つづく1死満塁で立正6番手・木寺から江藤(6年目=日本文理大)が遊ゴロに根岸は空振り三振で反撃そこまで。
9回には、2死一塁から北阪(1年目=日大)が右飛にたおれ万事休す。
きのうのセガは打線が援護しきれず零敗を逃れるのがやっと、2/23西部ガス戦から1分けはさんだ連勝が3でとまりオープン戦成績を3勝4敗2分けに。
11安打の立正大が、3対1でセガサミーに勝って2/27吉備国際大戦から1分けはさみ4連勝し9勝2敗1分けとしました。
 

http://www.ris.ac.jp/sports/baseball/index.html

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 2月25日(日)20時00分58秒
返信・引用 編集済
  横浜商大-法大戦は、法大が勝ちました。

 法大001 101 000 ┃ 3
 横商001 000 001 ┃ 2

横商大みどりキャンパス野球場、先発が戸田(4年=都立総合工科)と中野(3年=白樺学園)。
3回に法大は1死一、三塁から向山の右犠飛で杉村(2年=広島新庄)かえり先制。
横商もその裏2死一、二塁で西林(4年=宮崎日大)が左前打し合田(3年=希望ヶ丘)かえって同点へ。
追いつかれた法大は4回1死一塁から、佐藤勇(2年=中京大中京)の左越えツーベースで鎌倉が長駆生還し勝ち越し。
投げては、中野が3イニングを4安打2四球1失点1奪三振=画像上。
味方打線は、6回に先頭・安本(3年=静岡)が左越えソロをはなち2点リード。
投で、4回から登板の2番手・落合が2イニングを2安打無四球無失点1奪三振=画像中。
横商・戸田が、5回3分の0を9安打2四死球3失点2奪三振=画像下。
チームは、7回2死満塁で法大3番手・森脇(4年=掛川西)から浅賀(2年=日大山形)が二ゴロ。
8回には2死二、三塁で法大4番手・上條(4年=市立川越)から合田が空振り三振。
それでも横商は9回無死一塁で、法大5番手・磯川(3年=川越東)から西林が右翼線ツーベースをはなって金子(3年=山村学園)かえり1点差。なおも1死一、三塁と一打同点のチャンスも浅見(2年=横浜隼人)が浅い右飛で松岡(2年=横浜創学館)は空振り三振にたおれ反撃およばず。
きょうの横商は打線が11安打も15残塁の拙攻で惜敗ながら、6回表途中から登板した2番手・川村(2年=向上)が6奪三振ふくむ12打者連続凡退と4イニング無失点の力投。
3長打ふくむ9安打の法大が、3対2で横浜商大に勝ちました。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 2月25日(日)04時10分41秒
返信・引用
  慶大-横浜商大戦は、慶大が勝ちました。

 横商100 000 100 ┃ 2
 慶大381 060 01X ┃19

慶大日吉総合グラウンド、先発が髙橋佑と小井手(2年=向上)。
初回に横商は2死三塁から、西林(4年=宮崎日大)への初球が慶大・髙橋佑のボークとなり吉川(3年=横浜創学館)かえって先制。
慶大はその裏に無死一、三塁できのう3打点の郡司が左犠飛をはなち柳町かえり同点。つづく1死一塁からは、嶋田の左翼線ツーベースで河合が長駆生還し勝ち越し。なおも1死一、二塁で植田響(2年=高松商)が左前打し嶋田かえってこの回3点。
横商・小井手が、3分の1イニングを3安打2四死球3失点し球数20で降板=画像中。
慶大は2回無死満塁で、横商2番手・戸田(4年=都立総合工科)から嶋田のゆるい二ゴロの間に柳町かえり4対1。つづく1死二、三塁から正木(1年=慶應)の中前打で二者生還。さらに1死満塁で、横商3番手・藤村(2年=愛工大名電)から名幸(4年=慶應)が四球を選び押し出し。つづく1死満塁からは、宮田が左越えグランドスラムをはなってこの回打者11人2安打4四死球2失策で一挙8点。
チームは、3回にも横商4番手・松本(3年=宇都宮工)から先頭・郡司の中越えソロで大量11点リード。
投げては、髙橋佑が4回を4安打無四球1失点5奪三振=画像上。
味方打線は、5回に先頭・郡司が連続打席弾となる左中間ソロ。なおも無死満塁で、横商5番手・楢舘(2年=十和田工)から橋本昂(3年=慶應)が右前打し角谷(2年=湘南)かえって14対1。つづく無死満塁で、大西駿も右前打し二者生還。さらに2死一、二塁で横商6番手・亘(4年=横浜商)から山崎(3年=慶應)の右越えスリーベースで二者かえり、この回打者11人5安打3四球を集め一挙6点。
投で、5回から登板の2番手・長谷部(2年=中京大中京)が2イニングを無安打無失点=画像下。
横商は7回無死三塁で慶大3番手・髙橋伶(3年=慶應)から、近藤(1年=横浜商大高)の遊ゴロを慶大・宮田がはじき塩月(1年=報徳学園)かえって2対18。
慶大も8回1死一、二塁で横商7番手・川村(2年=向上)から杉本の右前打で山崎が生還し追加点。
きのうの横商は、投手陣が猛打あび11与四死球の乱調で打線もタイムリーなしと投打に精彩を欠く。
5長打ふくむ15安打の慶大が、19対2で横浜商大に勝ちました。
 

http://baseball.sfc.keio.ac.jp/

 

春季にむけて

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 2月24日(土)09時52分38秒
返信・引用
  観戦するオープン戦はきょうが慶大-横商戦であす横商-法大戦、3/4(日)は明大-駒大戦を見る予定です。

http://www.big6.gr.jp/game/preseason/2018spring_preseason.html

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 2月18日(日)20時52分20秒
返信・引用
  立大-桐蔭横浜大戦は、立大が勝ちました。

 桐蔭001 005 000 ┃ 6
 立大031 001 20X ┃ 7

立大新座キャンパス野球場(=画像上)、先発が中川と山地(4年=青森山田)。
立大は2回1死二、三塁から松﨑への初球を桐蔭・山地が暴投し長田(2年=國學院久我山)かえって先制。つづく1死三塁で、松﨑が右前打しきょう3安打3打点の三井(2年=大阪桐蔭)生還。なおも2死二、三塁からは小野(3年=横浜)への2球目を桐蔭・山地が暴投して松﨑かえりこの回3点。
3回に桐蔭は1死一、三塁から林(4年=日南学園)のゆるい二ゴロの間に渡邊太(4年=日体大柏)かえって反撃。
立大・中川が、3イニングを無安打2四死球1失点1奪三振=画像中。
チームはその裏2死一、三塁で三井が中前打し佐藤雄(3年=立教新座)生還。
桐蔭・山地が、5回を8安打1四球4失点1奪三振=画像下。
3点差を追う味方打線は6回に立大2番手・宮崎をせめ無死一、二塁で内山(2年=青森山田)が右中間ツーベースをはなって中井(4年=青森山田)かえり2対4。つづく無死二、三塁からは鈴木聖(4年=東北)の投ゴロで三走・桑原(2年=浦和学院)が挟殺プレーも立大・宮崎が三塁悪送球し、ボールがファウルゾーンを転々とする間に二者生還して同点。さらに1死一、二塁で立大3番手・千田(2年=岩手・高田)から阿部(3年=日大三)が右前打し石橋(2年=盛岡大附)かえって5対4。つづく1死一、三塁からは瀬戸(2年=仙台育英)の中犠飛で吉本(4年=九州国際大付)かえり、この回打者一巡3安打1四球2失策で一挙5点。
立大もその裏に無死満塁で、桐蔭2番手・池上(3年=厚木北)から井上の二ゴロ併殺打の間に松﨑が生還し1点差。
7回にも無死一、二塁で桐蔭3番手・登坂(3年=市立川越)から三井が左中間スリーベースをはなち長田と東(1年=福岡大大濠)かえってこの回2点を入れ逆転。
この回から登板の桐蔭・登坂が、2イニングを2安打3四死球2失点2奪三振。
チームは、9回2死二塁から原(4年=桐蔭学園)が右飛にたおれ万事休す。
きょうの桐蔭は、打線が5回までタイムリーなく投手陣もふんばれず勝ち越しゆるす。
6回途中から登板した立大・千田が、4イニングを5安打無四球無失点2奪三振。
10安打の立大が、7対6で桐蔭横浜大に勝ちました。

http://rikkio-bbc.com/

 

謹賀新年

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2018年 1月 1日(月)07時10分54秒
返信・引用 編集済
  明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。
 
 

来季にむけて

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年12月24日(日)20時58分3秒
返信・引用 編集済
  ことしは春秋とも3位の法大(=画像・菅野)、来年度の推薦合格者から甲子園での成績はポジションやサイズが本戦最終出場当時。

 平元 銀次郎 投手
( 広陵・左左 180/73 )
17年99回全国大会は、秀岳館(熊本)との2回戦に8回を8安打無四球1失点7奪三振。試6勝3負1回28責20防6.43、チームが07年89回大会以来4度目の準優勝。最速146kmの直球にスライダーや落差のある速いカーブ、チェンジアップを駆使。

 三浦 銀二 投手
(福岡大大濠・右右175/75)
17年89回選抜で、初戦の創志学園(岡山)戦に149球を投げ9安打2四球3失点6奪三振の完投勝利=動画。滋賀学園との2回戦再試合も、7安打3四死球3失点9奪三振と球数130で完投勝利。試3勝2負0回33責6防1.64、チームがベスト8。最速144kmの直球にカーブやスライダー、チェンジアップを織り交ぜるタフネス右腕。

 山下 輝 投手
(木更津総合・左左187/87)
16年88回選抜では5番ファースト背番3、試3打11安4本0点1率.364のチームが8強。
16年98回全国大会も背番3、ファーストで5番と7番を打ち試3打7安1本0点0率.143のベスト8。
99回全国大会は背番1、日本航空石川との初戦に14安打1死球6失点10奪三振と球数150で完投も1回戦。最速145kmの直球にスライダーやカーブにカットボールを駆使、二刀流の可能性も秘める。

 後藤 克基 捕手
(滋賀学園・右右172/75)
88回選抜で3番を打って2回戦の釜石(岩手)戦に4回1死二、三塁から2点左中間ツーベースをはなち試3打13安6本0点4率.462のチームが8強。
89回選抜では3番と1番を打ち試3打17安4本0点1率.235の2回戦、長打力に魅力があって巧みなリードの司令塔。

 舟生 大地 捕手
(日大山形の主将・右右181/83)
99回全国大会は4番打者で1回戦、強肩ほこり一発長打あって好機に強い。

 中原 輝也 二塁手
(尽誠学園・右左169/62)
98回全国大会では5番を打ち2安打も2回戦、3年時にショートで主将をつとめ俊敏な守りのリードオフマン。

 岡田 悠希 左翼手
(龍谷大平安・右左182/79)
88回選抜で5番と7番を打って、初戦の明徳義塾(高知)戦に3回1死から中越えソロ。試4打11安3本1点1率.273のチームがベスト4、近畿屈指の長距離砲で広角にも打てる。

 小池 智也 中堅手
(八戸学院光星・右右179/72)
88回選抜は8番打者で背番18、試2打5安1本0点0率.200の2回戦も守備範囲ひろく右方向へ長打あり。

 神野 太樹 右翼手
( 天理・右右 172/77 )
15年97回全国大会で、8番を打ち1打点の1回戦。
99回全国大会は4番を打って初戦の大垣日大(岐阜)戦に2回の先頭で先制中越えソロ、4回には1死から連続打席弾となる左越えソロ。準決勝の広陵(広島)戦で3回2死一、二塁から同点2点右中間スリーベース。試4打17安6本2点6率.353のチームが4強、小柄ながら広角に鋭い打球を飛ばす「天理のバレンティン」。

 諸橋 駿 左翼手
(中京大中京・右左177/78)
99回全国大会では5番打者をつとめ2安打2打点の1回戦、長打力あってチャンスに強い。
 

http://www.youtube.com/watch?v=KBK4fcwrtfw

 

来季にむけて

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年12月17日(日)18時02分20秒
返信・引用
  秋季4位の國學大(=画像・清水)、来年度の推薦合格者から甲子園での成績はポジションやサイズが本戦最終出場当時。

 石井 友樹 投手
(山梨学院・右右173/68)
17年99回全国大会では背番10、前橋育英(群馬)との初戦に4回から3番手で登板し2回3分の2を2安打7四死球5失点3奪三振とチームが1回戦、サイドから最速141kmの直球が武器。

 小川 樹 投手
(関東一・右右173/79)
16年88回選抜で背番11も出場試合なし、1回戦。最速130km台中盤の直球にスライダーやカーブ、チェンジアップを駆使し打撃も非凡。

 影山 尭紀 投手
(済美・左左 173/77)
99回全国大会では背番10、試2勝0負0回9.1責5防4.82の3回戦。最速135kmの直球にカーブやスライダーを織り交ぜ、先発と救援もこなす。

 棚原 孝太 投手
(滋賀学園・右右173/64)
88回選抜で背番11、試2勝0負0回2.1責0防0.00のチームがベスト8。
17年89回選抜では背番10、初戦の東海大市原望洋(千葉)戦に192球を投げ11安打4四死球2失点12奪三振で延長14回完投勝利、試3勝1負0回23責1防0.39の再試合ふくめ2回戦。最速136kmの直球にスライダー、チェンジアップを駆使。

 川岸 正興 捕手
(星稜・右右 168/72)
16年98回全国大会は、9番を打って1安打も1回戦。

 福永 奨 捕手
(横浜の主将・右右177/81)
98回全国大会で背番12、試2打3安0本0点0率.000の2回戦。
99回全国大会は背番2、6番を打ち初戦の秀岳館(熊本)戦で7回2死一、三塁からの左中間スリーランふくむ4打点もチームが1回戦。

 川村 啓真 右翼手
(日本文理・右左172/79)
99回全国大会では3番打者、初戦の鳴門渦潮(徳島)戦に1回1死一塁から先制左中間ツーラン(=動画)。試2打9安4本1点5率.444の2回戦、捕手から転向し選球眼よくチャンスで勝負強さを発揮。

 山本ダンテ武蔵 左翼手
( 大阪桐蔭・右右 174/78 )
89回選抜は4番ライト背番9、初戦の宇部鴻城(山口)戦で1回無死満塁から先制押し出し四球を選び、試5打18安6本0点3率.333のチームが12年84回大会以来2度目のV。
99回全国大会では背番7、4番と5番に2番も打って初戦の米子松蔭(鳥取)戦で5回1死二塁から左前タイムリー。試3打11安4本0点1率.364の3回戦、父親がアメリカ人で高校生離れしたパワーの安打製造機。
 

http://www.youtube.com/watch?v=_o_i0WKcgow

 

レンタル掲示板
/3