teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご無沙汰しています☆

 投稿者:スバル  投稿日:2018年 1月16日(火)11時21分32秒
  遅くなりましたが

新年明けましておめでとうございます☆

本年も何卒宜しくお願い致します☆

昨年から仕事の時間帯が変わったのと諸々で中々お邪魔出来ませんでした☆

毎年恒例の東京ピジョンフェスも大事無く終わって漸く正月気分も終了です☆

バタバタの中で三箇日に交配して今ボチボチ産卵し始めました☆(^^)
 
 

サスライの鳩キチさんへ

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月14日(日)06時33分35秒
編集済
    いよいよ始まりましたか。こちらは来週末からスタートです。
 昨晩は秋季の連合会表彰式兼新年会がありました。今季は400k成鳩の部優勝のカップと賞状、それに楓賞10位&菊花賞8位の賞状を頂きました。秋季の時点で、連合会最優秀鳩舎得点が第2位だったことも朗報でした。今春もお互い頑張りましょう。
 今年は頑張って短い時間でも良いので毎日朝の舎外をするようにしました。20分ほどで降りて来てしまいますが、今までの週2回よりは良いかも知れません。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

春レース

 投稿者:サスライの鳩キチ  投稿日:2018年 1月13日(土)21時30分53秒
  本日80K合同訓練で春レーススタートです。
ところが帰還が中距離レース並みの展開になり、一時はこれで春が終わってしまったと思いました。
15時まで帰還があり最終的に7割の帰還でした。
 

サスライの鳩キチさんへ

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月 9日(火)21時46分58秒
   マスターはブログ等はやっていません。トリは見れませんが、ヤンセンブック(愛鳩の友社)を読むと素晴らしい1羽が出来た時の様子が何度となく出てきます。その感触を本から掴み取ってもらえればと思います。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

鳩談義お疲れ様です。

 投稿者:サスライの鳩キチ  投稿日:2018年 1月 7日(日)21時29分27秒
  マスターの方はブログはやられてないのでしょうか?異次元のヤンセンを見てみたいです。  

只今帰還しました

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月 6日(土)20時25分59秒
   第9回目となる美濃高田鳩談議から帰還しました。現在師事しているマスターは、ヤンセンを手掛けて10年になるとのことでしたが、念願の1羽が今年できたそうです。それを見た瞬間、掴む前にこれは異次元の鳩だと感じました。
 ヤンセンブックをこの夏から秋にかけて読んだのですが、ヤンセン兄弟が超素晴らしい出来の鳩ができるとすごく喜ぶシーンが何回か出で来るのですが、この事かと体感した次第です。口では表現しようがないのですが、あれを作るのに10年かかったと思うと、私などはまだまだひよっ子であります。
 帰り際に、総合優勝目指して頑張るように言われました。が、まずは総合シングルが先なので、今春の継続目標としたいと思います。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

年2回の勉強です

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月 4日(木)22時47分43秒
編集済
   美濃に行っての鳩談議も今回で9回目になります。やる気をもらってくるのと同時に、レベルの高い鳩を観たり、鳩の観方や飛ばし方を聞くことが何より勉強になります。
 今回はマスターもカメラを新調したので、デジタル画像の使い方を始め活用方法などを共有してきます。さらには、タブレット端末を用いた拡大画像からの眼様の考察を共有してこようと思っています。
 また、作出時に使うアイテムを考案したので、それも持参します。採用されると良いのですが・・・。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

眼屋さんへ③

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月 3日(水)21時08分15秒
   あくまで一般論ですが、
1番目の銀眼は、スピード性を感じます。距離特性は、短・中距離。
2,3番目の柿眼は、距離特性は、超長距離。帰還能力(=帰巣能力)は、Good。ただし、この眼から直仔でスピードを出すには、交配相手を相当選ぶ必要があるかと・・・。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

眼屋さんへ②

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月 3日(水)15時22分30秒
  【鳩の眼に関する一考察】

 何故眼を観るのでしょう?鳩の姿のPhotoに眼のPhotoを入れるのには、「何か意味があるからだ」と信じているのは私だけでしょうか。
 鳩を掴んで何を評価するのでしょう。その鳩のどんな資質を知りたいのでしょう。これらがすべてを物語ります。
 我々はレースをしますから、より速く帰さねばなりません。そのための条件にはいろいろとあります。「作出」と「競翔」という側面からみますと、眼を観るのは「作出」に係る要素が大きいと思われます。つまり、個体としての特徴を眼から見定めたいということです。
 一般論は当HPのコンテンツ『link』からO氏やM氏のHPへ飛んで、眼のコーナーを読んでください。

 鳩を個体認識(個体評価)するのに、黒系・白系という観方があります。このあたりから、鳩に関する興味の度合いが鳩飼いも分かれます。つまり、個体をどう評価するかは主観が大きいので、私は客観的要素としての眼を追及しています。

 鳩には距離特性があります。全レース全天候型なる言葉がありますがこれは妄想(夢物語・・・でも目指しますね??)です。不規則な条件下でオールラウンドに速く帰還する(日本AP賞=Rg&N&1000k)鳩は少ないものです。ベルギーは鳩の歴史も古く、そのあたりの鳩の特徴を良く知っているので、短距離AP、中距離AP、長距離AP、超長距離APを分けています。
 眼から何を評価するかです。スピード、帰還能力(=率)、距離特性、方向判定力、筋繊維性能(短距離か長距離か?)etc.です。ちなみに、ヒトの感じている短距離・中距離・長距離とハトレースにおける短距離・中距離・長距離を一緒に考えるのは危険です。

 観方は血統によっても異なってきます。異血統での比較は大変危険が伴います。一般論はありますが、例外はつきものです。軽々に口にすると誤解を生むことになるでしょう。自鳩舎の飛び筋(=他鳩舎から持って来て、自鳩舎で飛んだものもOK)を両親と比較し、祖父母と比較し、兄弟で比較し、子孫で比較するしか方法はありません。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

眼屋さんへ

 投稿者:Jan Aarden愛好家  投稿日:2018年 1月 2日(火)17時44分47秒
   はじめまして?ようこそ、Jan Aarden愛好家のHPへ。
 眼の鑑定の依頼ですが、メ-ルにてご返事いたしますので、メール(コンテンツ mail)からお願いします。掲示板では語れないこと多々ありますので・・・。

http://aarden0777.sakura.ne.jp

 

レンタル掲示板
/212