teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年10月17日(火)05時58分30秒
返信・引用 編集済
   10/14(土)
第6週1日目は、慶大と法大が勝ちました。

 慶大100 010 401 001 ┃ 8
 立大200 050 000 000 ┃ 7
  ( 延長12回、慶1勝 )

慶大-立大1回戦の先発が、津留﨑と田中誠。
初回に慶大は2死一、三塁からこの日4安打3打点の活躍で.500(1位・点8本0)の清水翔が右前打し天野かえり先制。
立大もその裏2死一、二塁で山根が左中間ツーベースをはなって二者生還し2対1とリード。
5回に慶大は1死一塁から、清水翔の左中間ツーベースで岩見が長駆生還し同点へ。
追いつかれた立大はその裏1死二、三塁で慶大2番手・髙橋亮から飯迫が右前打し田中誠かえって3対2。なおも2死満塁で、慶大3番手・石井雄から大東が四球を選び押し出し。つづく2死満塁からは、藤野の左中間ツーベースで走者一掃しこの回打者一巡4安打2四球を集め一挙5点。
 この日で藤野.385(3位・点6本2)、飯迫.310(13位・点5本0)。
ねばる慶大は7回無死一塁から、この日3安打で.351(8位・点8本1)の柳町が中越えツーベースをはなち小原和かえって反撃。さらに無死一、二塁で立大2番手・比屋根から清水翔の右越えツーベースで柳町かえり4対7。つづく無死二、三塁からは倉田も右越えツーベースをはなって二者生還しこの回打者一巡4安打2四球で4点を入れ1点差。
9回にも2死一塁で、立大3番手・中川から河合の左翼線ツーベースで倉田かえってついに同点へ。
追いついた慶大は12回2死満塁で、立大4番手・手塚から倉田の押し出し四球で柳町かえり勝ち越し。
投げては、9回から救援した5番手・関根が4イニングを1安打無失点3奪三振に抑え春季4/24の立大3回戦以来となる白星=画像中。
11回から登板の立大・手塚が、2イニングを1安打3四球1失点2奪三振で2勝2敗。
この日の立大は投手陣が打ち込まれ6長打ゆるしリード守れず、9/30の明大1回戦から3連敗し4勝3敗・勝ち点2(3位)で春季の3回戦からは対慶大戦も3連敗。
今季5度目となる2ケタ16安打の慶大が、延長12回8対7で勝って6勝3敗1分け・勝ち点2(2位)とし10/7の明大1回戦から3連勝としました。

 早大000 000 100 ┃ 1
 法大001 000 01X ┃ 2
   ( 法1勝 )

第2試合、早大-法大1回戦は小島と菅野の先発で午後3時39分開始。
法大は3回2死一、二塁からこの日で.314(12位・点7本2)の中山が左前打し小林かえって先制。
早大は5回2死三塁で檜村が一邪飛、6回には1死二塁から岡が三ゴロにこの日で.367(6位・点7本0)の福岡は空振り三振。
それでも7回2死二塁から、熊田の右越えシングルで加藤が生還し同点へ。
追いつかれた法大は8回2死三塁から、この日で.385(3位・点3本1)の毛利が右前打して中山かえり勝ち越し。
早大・小島が、7回3分の2を8安打2四球2失点5奪三振で防3.34(4位・1勝3敗)=画像下。
味方打線は、9回2死一塁で佐藤晋が空振り三振にたおれ万事休す。
この日の早大は、打線が援護しきれず同点止まりで今季3度目の1点差負けとなり3勝5敗・勝ち点1(4位)。
法大・菅野が117球を投げ、6安打2四球1失点8奪三振で通算13勝を完封した9/23の慶大1回戦以来となる完投勝利でかざり防3.62(5位・3勝2敗)=画像上。
東大戦の巻き返しをはかった法大が、2対1で競り勝って3勝5敗1分け・勝ち点1(4位)とし昨秋2回戦からの対早大戦連敗を4でとめました。
 
 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年10月12日(木)02時10分21秒
返信・引用 編集済
    10/8(日)
 東大、15年ぶり勝ち点

第5週最終日、東大が法大に連勝し30季ぶりの勝ち点を挙げました。

 法大021 001 012 ┃ 7
 東大400 400 00X ┃ 8
   ( 東2勝 )

法大-東大2回戦の先発が、長谷川と濵﨑。
東大は初回無死一、二塁で楠田が中前打し辻居かえり先制。この日で辻居.344(10位・点6本1)、楠田.323(12位・点6本2)。チームは、さらに無死満塁から山田の右前打で山下朋が生還。なおも2死満塁からは、杉本への4球目を法大2番手・鈴木昭(1年=常総学院)が暴投し田口かえって3対0。つづく2死二、三塁で杉本が中前打して山田かえりこの回打者一巡5安打1四球を集め4点。
法大・長谷川が、3分の0イニングで3安打1四球4失点し2敗。
味方打線は2回無死一、三塁で小林が左前打し福田かえって反撃。さらに1死二、三塁から鈴木昭も左前打してこの日4安打で.375(6位・点5本0)の向山が生還しこの回2点。
3回にも1死一、二塁で東大2番手・宮本から向山が左前打し森かえり1点差。
東大は、4回に先頭・宮本が1号左越えソロをはなって5対3。なおも1死一、二塁で法大3番手・熊谷から田口の1号左中間スリーランでこの回4点。
投げては、2回途中から登板した宮本が3回3分の2を3安打無四球1失点1奪三振で抑え初勝利。
5点差を追う法大は6回2死一、二塁で東大3番手・宮台(=画像上)から相馬が中前打し向山生還。
8回にも1死一、三塁から吉岡が中犠飛をはなちこの日で.360(8位・点2本1)の毛利かえって5対8。
9回には先頭・中山が2号左越えソロ、さらに1死満塁からは斎藤卓の一ゴロの間に大崎かえり1点差。しかし2死二、三塁で相馬が左飛にたおれこの回2点かえすもそこまで。
この日の法大は中盤までの失点ひびき、打線も今季5度目の2ケタ16安打ながら12残塁で1993年秋以来24年ぶりに東大戦で勝ち点を落とし2勝5敗1分け・勝ち点1(6位)。
午後1時30分、02年秋の立大戦以来となる勝ち点で一塁側ベンチからマウンド付近へ駆け寄る歓喜の東大ナイン。
2ホーマーふくむ9安打の東大が、8対7で法大に勝って3勝6敗(5位)とし1997年春の立大戦以来20年ぶりに連勝での勝ち点を挙げました。

 明大000 000 010 ┃ 1
 慶大000 011 00X ┃ 2
   ( 慶2勝 )

第2試合、明大-慶大2回戦の先発が水野と佐藤。
慶大は3回2死一、三塁で倉田が三邪飛。
4回にも2死満塁で、明大2番手・石毛からこの日で.313(14位・点7本1)の柳町が二ゴロ。
それでも、5回に明大3番手・髙橋[裕]から先頭・岩見が2ボール1ストライクからの4球目を強振。打球はリーグ歴代3位タイの通算20号アーチとなり、春季5本と合わせ年間最多タイ11本の秋季6号左越えソロでリーグ新記録の5戦連続弾となって先制。
チームは、6回にも2死三塁から瀬尾の左中間ツーベースで照屋が生還。
5回から登板の明大・髙橋[裕]が、1回3分の2を先制被弾ふくむ3安打1四球2失点し初黒星で1勝1敗=画像下。
7回まで三塁をふめぬ明大は、8回2死一塁から清水風の左中間ツーベースで高瀬かえり反撃。
しかし9回2死二塁で慶大2番手・髙橋亮から、この日で.353(9位・点10本1)の越智がセカンド内野安打も二走・添田がオーバーランし三本間で挟殺され万事休す。
この日の明大は、打線が援護しきれず前日につづく1点差負けで6勝3敗・勝ち点3(1位)。
初先発の慶大・佐藤が、8イニングを2安打2四球1失点12奪三振で抑え2勝目=画像中。
3長打ふくむ9安打の慶大が、2対1で競り勝って5勝3敗1分け・勝ち点2(3位)とし春季の1回戦から対明大戦4連勝としました。
 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年10月11日(水)06時30分12秒
返信・引用
    10/7(土)
 慶大・岩見、4戦連続アーチ

第5週1日目は、慶大と東大が勝ちました。

 慶大000 020 200 1 ┃ 5
 明大003 000 010 0 ┃ 4
  ( 延長10回、慶1勝 )

慶大-明大1回戦の先発が、髙橋亮と齊藤。
明大は3回2死一、二塁から添田の左翼線ツーベースで高瀬かえり先制。つづく2死二、三塁で渡辺佳が中前打し竹村と添田が生還してこの回3点。この日で竹村.333(8位・点3本1)、渡辺佳.324(15位・点6本0)。
慶大は5回1死一、三塁から柳町の左翼線ツーベースで小原和かえって反撃。なおも2死二、三塁でこの日4安打の清水翔が右前打し中村かえりこの回2点。この日で清水翔.516(1位・点5本0)、柳町.333(8位・点7本1)。
チームは、7回2死で柳町が1号右中間ソロをはなち同点。つづく2死で、岩見が9/24の法大2回戦からリーグ史上4人目となる最多タイ記録の4戦連続弾で、歴代4位タイの通算19号アーチとなる今季5号右越えソロをはなってこの回2点を入れ4対3とリード。
明大は8回1死三塁で、慶大5番手・津留﨑から逢澤が右前打し村上かえって同点へ。この日で村上.333(8位・点0本0)、逢澤.333(8位・点9本1)。
追いつかれた慶大は10回2死満塁で、明大4番手・水野から柳町の押し出し死球で倉田かえり勝ち越し。
この回から登板の明大・水野が、1イニングを無安打4四死球1失点1奪三振と昨春5/15の早大2回戦以来となる黒星で防3.63(6位・2勝1敗)=画像下。
味方打線はその裏2死一塁で、慶大6番手・石井雄から河野が中飛にたおれ万事休す。
この日の明大は、投がふんばれず9/11早大3回戦からの連勝が5でとまる。
9回から登板した慶大・石井雄が、2イニングを3安打1四球無失点1奪三振で初勝利をマークし1勝1敗=画像中。
3長打ふくむ今季4度目の2ケタ11安打の慶大が、延長10回5対4で勝って春季の1回戦から対明大戦3連勝としました。

 東大011 150 010 ┃ 9
 法大000 011 000 ┃ 2
   ( 東1勝 )

第2試合、東大-法大1回戦は宮台と菅野が先発し午後2時45分開始。
東大は2回1死三塁から、杉本のファースト前スクイズが決まり新堀かえって先制。
3回にも2死一、三塁から山田が右前打しこの日で.333(8位・点6本1)の辻居生還。
法大・菅野が、3イニングを6安打1死球2失点2奪三振で防4.78(8位・2勝2敗)。
東大は4回2死三塁で、法大2番手・長谷川から辻居が中前打し杉本かえり3点リード。
5回には1死満塁で、法大3番手・落合から三鍋が中前打し二者生還。さらに1死満塁からは、宮台の左前打で山田と三鍋かえって7対0。なおも1死二、三塁で法大4番手・柏野から辻居の三ゴロの間に杉本かえりこの回打者一巡4安打2四死球1失策で一挙5点。
8点差を追う法大はその裏に無死一、三塁から毛利の二ゴロ併殺打の間に川口が生還し反撃。
6回にも1死一塁から、福田の左翼線ツーベースを東大・楠田左翼手が三塁へ悪送球する間に中山かえって2対8。
6点リードの東大は8回1死三塁で、法大6番手・熊谷から田口の左中間ツーベースで武隈かえり追加点。
この日の法大は、投手陣が打ち込まれ打線も9残塁と攻めきれず昨春1回戦以来の東大戦黒星を喫す。
東大・宮台が、最速145kmの直球を武器に121球を投げ8安打3四球2失点6奪三振と9/16慶大1回戦以来の完投勝利で防5.54(9位・2勝3敗)=画像上。
慶大3回戦以来今季3度目の2ケタ14安打の東大が、9対2で勝って9/18慶大2回戦からの連敗を4でとめました。

 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年10月 6日(金)04時50分10秒
返信・引用 編集済
    10/1(日)
 明大、単独首位へ

第4週最終日は、明大と早大が連勝しました。

 東大010 000 000 ┃ 1
 早大105 130 00X ┃10
   ( 早2勝 )

東大-早大2回戦が、濵﨑と柳澤の先発で午前10時半に開始。
早大は初回2死一、二塁からこの日3安打で.385(5位・点6本0)の宇都口が右前打し岡[大]かえって先制。
東大も、2回2死で新堀が2号左越えソロをはなち同点へ。
3回に早大は1死一、二塁で加藤が左中間ツーベースをはなって岡[大]かえり勝ち越し。なおも1死満塁からは、三倉が中前打しこの日で.423(4位・点7本0)の福岡かえって3対1。つづく1死満塁で、岸本が右中間ツーベースをはなち二者生還。つづく1死二、三塁で東大2番手・小林から檜村の遊ゴロの間に三倉かえりこの回打者一巡3安打3四球を集め一挙5点。
東大・濵﨑が、2回3分の1で5安打4四球6失点し3敗。
早大は4回1死三塁から、福岡の右犠飛で八木かえって7対1。
5回にも1死二、三塁で檜村が左前打し二者生還。さらに2死一、三塁からは岡[大]への初球前に東大3番手・柴田の一塁けん制球がボークとなって檜村かえりこの回3点。
東大は6回無死二塁から、磯野が空振り三振に新堀は一飛で岡[俊]も空振り三振。
この日の東大は、投手陣が打ち込まれ打線も3回以降三塁をふめず1勝6敗(6位)。
早大・柳澤が126球を投げ、6安打1四球1失点9奪三振で抑え完封した春季4/30の東大2回戦以来となる完投勝利をマークし防2.30(4位・1勝1敗)=画像下。
3長打ふくむ今季3度目の2ケタ12安打の早大が、10対1で東大に勝って3勝4敗・勝ち点1(4位)としました。

 明大500 010 401 ┃11
 立大010 001 001 ┃ 3
   ( 明2勝 )

第2試合、明大-立大2回戦の先発が水野と手塚。
初回に明大は、竹村が1ボール2ストライクからの4球目を強振。打球は、右翼席へ飛び込む1号先頭打者アーチとなって先制。なおも1死一、三塁から越智の右中間ツーベースで添田が生還。つづく1死二、三塁からは河野の2号左越えスリーランでこの回一挙5点。この日で竹村.381(6位・点3本1)、越智.370(7位・点10本1)、河野.300(18位・点5本2)。
立大・手塚が初回に4安打1四球5失点と炎上、わずか3分の1イニング17球で降板し春季4/25の慶大4回戦以来となる黒星で2勝1敗=画像中。
味方打線は2回2死から、この日で.429(3位・点3本2)の藤野が2号左越えソロをはなって1対5。
明大は5回1死二塁で、立大3番手・中川からこの日で.308(14位・点8本1)の逢澤が右中間スリーベースをはなって添田生還。
立大は6回2死三塁から、山根が右前打しこの日で.368(8位・点2本0)の熊谷かえり2対6。
明大は7回無死一塁から、逢澤が中越えツーベースをはなちこの日で.333(10位・点4本0)の渡辺佳かえって7対2。さらに1死一、三塁で宮﨑[新]が左前打し逢澤生還。つづく1死一、二塁で立大4番手・宮崎[晃]から橋本[大]の右前打で河野かえり9対2。つづく1死一、三塁からは水野の捕前スクイズで荒井海かえりこの回4点。
チームは9回にも1死三塁で、立大5番手・橋本[敦]から荒井海が左犠飛をはなって渡邉涼かえり追加点。
9点差を追う立大は、その裏2死から大東の1号左越えソロで1点かえすもそこまで。
この日の立大は、投手陣が6長打あび春季の慶大戦以来6カードぶりに勝ち点を落とし4勝2敗・勝ち点2(2位)。
明大・水野が最速148kmの直球にフォークを駆使し、4安打2四球3失点13奪三振と球数142で完封した昨春4/24の慶大2回戦以来となる完投勝利を挙げ防3.31(6位・2勝)=画像上。
9/18の法大2回戦以来今季6度目となる2ケタ12安打の明大が、11対3で立大に勝って9/11の早大3回戦から5連勝し6勝1敗・勝ち点3で首位に立ちました。
 

https://sportsbull.jp/category/big6tv/

 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年10月 4日(水)03時48分5秒
返信・引用
   9/30(土)
第4週1日目は、明大と早大が勝ちました。

 立大100 000 000 ┃ 1
 明大100 001 00X ┃ 2
   ( 明1勝 )

立大-明大1回戦の先発が、田中誠と齊藤の両背番11左腕。
初回に立大は1死一、三塁から笠松のゆるい三ゴロの間にこの日で.412(6位・点2本0)の熊谷かえり先制。
明大もその裏2死三塁から、逢澤が中前打しこの日で.438(5位・点2本0)の竹村かえって同点へ。
立大は、2回2死満塁からこの日で.318(12位・点3本0)の峯本が二ゴロ。
3回、明大は1死二塁で渡辺佳が中飛に逢澤は捕邪飛。
それでも、6回に先頭・河野が2ボール2ストライクからの5球目を強振。打球は、左翼席へ飛び込む1号ソロとなり勝ち越し。
追い込まれた立大は、9回2死満塁と一打同点のチャンスも江波戸が見逃し三振にたおれ反撃ならず。
投げては、田中誠が6安打1四球2失点4奪三振と球数113で完投も春季5/20の明大1回戦以来となる黒星で防1.64(3位・1勝1敗)=画像中。
この日の立大は、打線が援護しきれず9/9東大1回戦からの連勝が4でとまる。
明大・齊藤が最速140km台前半の直球にスライダー、スクリューを織り交ぜ8安打1四球1失点11奪三振と球数136で通算11勝を完封した9/9の早大1回戦以来となる完投勝利でかざり防1.23(2位・3勝)=画像上。
明大が、2対1で立大に先勝し9/11の早大3回戦から4連勝としました。

 早大030 023 001 ┃ 9
 東大010 010 000 ┃ 2
   ( 早1勝 )

第2試合、早大-東大1回戦の先発が小島と宮台の両左腕。
2回に早大は2死一、三塁で八木への3球目を東大・宮台が暴投し岸本かえり先制。つづく2死二塁からは、八木の1号左中間ツーランでこの回3点。
東大はその裏2死一、二塁で三鍋が中前打し田口かえって1対3。
5回に早大は1死一、二塁から加藤が春季5/28の慶大2回戦以来25打席ぶりのヒットとなる左翼線ツーベースをはなち岡が生還。つづく1死二、三塁からは宇都口の右犠飛で福岡かえりこの回2点。
この日で福岡.458(4位・点6本0)、宇都口.318(12位・点5本0)。
東大もその裏2死一塁から、楠田の左中間ツーベースで辻居が生還。この日で楠田.381(7位・点5本2)、辻居.333(10位・点4本1)。
早大は6回2死二塁から、八木の右翼線ツーベースで岸本かえって6対2。なおも2死二、三塁で福岡が中前打し二者生還してこの回3点。
東大・宮台が、5回3分の2を7安打6四球8失点3奪三振で防7.31(8位・1勝3敗)。
早大・小島が、5イニングを4安打6四球2失点4奪三振で春季5/14の立大1回戦以来となる白星で通算14勝とし防3.68(6位・1勝2敗)=画像下。
味方打線は9回1死一塁で、東大2番手・宮本から檜村の右越えスリーベースで岸本かえり追加点。
4長打ふくむ9安打の早大が、9対2で東大に勝って9/11明大3回戦からの連敗を3でとめました。
 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 9月28日(木)06時18分0秒
返信・引用
   9/23(土祭)
第3週1日目は、立大と法大が勝ちました。

 早大100 000 101 ┃ 3
 立大010 000 03X ┃ 4
   ( 立1勝 )

早大-立大1回戦の先発が、小島と田中誠の両左腕。
初回に早大は1死一塁で、福岡が左中間ツーベースをはなち宇都口かえって先制。この日で福岡.438(6位・点4本0)、宇都口.357(15位・点3本0)。
立大は2回1死一、三塁から藤野の右犠飛で飯迫が生還し同点へ。この日で飯迫.455(3位・点3本0)、藤野.400(8位・点2本1)。
早大は5回2死満塁で、加藤が見逃し三振にたおれ春季5/29の慶大3回戦からこの日で5試合20打席ノーヒット。
それでもチームは7回2死三塁から、宇都口への2球目を立大・藤野捕手が三塁へけん制悪送球し檜村かえり2対1。
ねばる立大は8回1死二、三塁から飯迫の投手内野安打で峯本かえって同点。つづく1死一、三塁からは大東の中越えスリーベースで山根と飯迫が生還しこの回3点を入れ勝ち越し。この日で峯本.385(11位・点1本0)、山根.333(17位・点1本1)。
早大・小島が、7回3分の1を7安打3四球4失点8奪三振で防3.94(6位・2敗)=画像下。
味方打線は9回無死満塁で、立大2番手・中川から宇都口の二ゴロ併殺打の間に小野寺かえすも反撃そこまで。なおも2死一、三塁からは小藤が一ゴロにたおれ万事休す。
この日の早大は打線が援護しきれず10三振10残塁、9/11の明大3回戦につづく1点差負けで春季の2回戦からは対立大戦3連敗。
8回から登板の立大・中川が、2イニングを1安打3四死球1失点で春季5/22の明大3回戦以来となる白星=画像中。
立大が、4対3で逆転勝ちし9/9の東大1回戦から3連勝としました。

 法大300 032 000 ┃ 8
 慶大000 000 000 ┃ 0
   ( 法1勝 )

第2試合、法大-慶大1回戦の先発が菅野と髙橋亮。
初回に法大は1死二、三塁からこの日3安打し.385(11位・点4本1)の中山が1号左越えスリーランをはなって先制。
慶大は、その裏2死満塁から郡司が二飛。
投で、髙橋亮が3回3分の2を5安打2四球3失点6奪三振も春季5/28の早大2回戦以来となる黒星で防2.84(4位・1勝1敗)。
法大は5回にも慶大3番手・菊地をせめ無死二、三塁からこの日4安打で.455(3位・点3本0)の福田が右翼線ツーベースをはなち二者生還。さらに1死三塁で、小林が左前打し福田かえりこの回3点。
その裏、慶大は2死満塁から岩見が右飛にたおれ好機をいかせず。
6点リードの法大は6回2死一、三塁で慶大4番手・川端(4年=慶應志木)から向山の左翼線ツーベースで二者かえってダメ押し。
投げては、菅野が7安打2死球8奪三振と球数115で春季5/21の東大2回戦以来となる完封勝利をあげ通算11勝とし防4.20(7位・1勝1敗)=画像上。
この日の慶大は、投手陣が7長打あび打線も8残塁と攻めきれず昨秋9/25の明大2回戦以来となる零敗で投打に精彩を欠く。
今季2度目の2ケタ13安打の法大が、8対0で勝って春季の2回戦から対慶大戦3連勝としました。
  
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 9月17日(日)22時08分10秒
返信・引用
   東大、9年ぶりの慶大戦勝利

第2週1日目は明大と東大が先勝、東大は昨秋以来のリーグ戦白星を挙げました。

 東大120 011 000 ┃ 5
 慶大002 000 000 ┃ 2
   ( 東1勝 )

東大-慶大1回戦の先発が、宮台と髙橋佑の両左腕。
東大は初回1死一、三塁から田口の右犠飛で新堀かえり先制。
2回にも1死一、二塁で宮台が左前打し水島生還。なおも2死一、三塁からは辻居も右前打し三鍋かえってこの回2点。
3点差を追う慶大は3回1死一、三塁からこの日3安打の中村が左中間ツーベースをはなち照屋かえり反撃。さらに2死一、三塁で柳町が左前打し中村かえってこの回2点。
東大は5回1死三塁から、田口のショート内野安打で辻居が生還。
慶大・髙橋佑が、4回3分の2を8安打1四球4失点2奪三振で昨秋9/25の明大2回戦以来となる黒星。
2点リードの東大は6回1死で、慶大2番手・関根から新堀が1号左越えソロをはなち追加点。
追い込まれた慶大は9回2死一、二塁から柳町が一ゴロにたおれ万事休す。
きのうの慶大は、序盤の失点ひびき打線も10残塁の拙攻で08年秋の1回戦以来となる東大戦黒星を喫す。
東大・宮台が、最速146kmの直球を武器に158球を投げ8安打4四死球2失点1奪三振で抑え、昨秋10/8の立大1回戦以来となる白星を完封した昨春5/7の立大1回戦以来となる完投勝利でかざり1勝1敗=画像上。
3長打ふくむ10安打の東大が、5対2で勝って昨秋10/9の立大2回戦から続いたリーグ戦の連敗を16でとめました。

 法大102 000 010 ┃ 4
 明大130 001 30X ┃ 8
   ( 明1勝 )

第2試合、法大-明大1回戦の先発が菅野と齊藤。
初回に法大は無死一、三塁で毛利が左前打し向山かえって先制。
明大はその裏に無死二、三塁から渡辺佳の中犠飛で竹村かえり同点へ。
2回にも2死一、二塁から竹村の右中間ツーベースで二者生還し勝ち越し。つづく2死二塁で、きのう3安打の添田が中前打し竹村かえってこの回3点。
法大は3回無死二、三塁から中山の高くはずむ遊ゴロの間に相馬かえり2対4。つづく1死二塁で、福田が中前打し毛利かえってこの回2点。
明大は6回2死二塁から、添田の左越えツーベースできのう3安打の橋本が生還。
7回にも無死一塁から、越智の中前打でエンドランのかかった逢澤が長駆生還し6対3。なおも1死二塁で、法大2番手・柏野から高瀬が1号右越えツーランをはなってこの回3点。
法大・菅野が、6回3分の0を11安打4四死球7失点2奪三振で昨秋10/10の慶大3回戦以来となる黒星=画像中。
味方打線は8回1死一、三塁で明大2番手・水野から向山が中犠飛をはなち舩曳かえすも反撃そこまで。
きのうの法大は、投がふんばれず打も11安打10残塁と攻めきれず。
明大・齊藤が、7回3分の0を11安打4四死球4失点6奪三振で2勝目を挙げ通算10勝=画像下。
毎回走者と4長打ふくめ9/9の早大1回戦から、4試合連続2ケタ12安打の明大が8対4で法大に勝ちました。
 
 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 9月13日(水)04時46分25秒
返信・引用
   9/9(土)
秋季リーグ戦が開幕、第1週1日目は立大と明大が勝ちました。

 立大001 011 010 ┃ 4
 東大000 000 100 ┃ 1
   ( 立1勝 )

立大-東大1回戦の先発が、田中誠と濱﨑。
立大は3回2死一、二塁で松﨑が左前打しこの日3安打の峯本かえり先制。
東大・濱﨑が、4回を5安打4四死球1失点2奪三振で春季5/7の立大2回戦以来となる黒星。
立大は5回2死三塁で、山根への5球目を東大2番手・宮本が暴投し峯本生還。
6回には、1死から藤野が1号左越えソロをはなち3点リード。
東大は7回1死二塁で、三鍋が右前打し岡かえって1対3。
立大・田中誠が、7イニングを5安打2四死球1失点7奪三振で春季5/16の早大3回戦以来となる白星=画像上。
味方打線は、8回に東大3番手・宮台から先頭・山根が1号中越えソロをはなって追加点。
この日の東大は、7安打も10三振10残塁の拙攻で零敗を逃れるのがやっと。
3長打ふくむ11安打の立大が、4対1で東大に勝って春秋連覇へ好発進を見せました。

 明大201 000 000 ┃ 3
 早大000 000 000 ┃ 0
   ( 明1勝 )

明大-早大1回戦の先発が、齊藤と小島の両左腕。
明大は初回1死二、三塁から逢澤の左翼線ツーベースで二者生還し先制。
3回にも1死一、三塁から逢澤の左邪犠飛で竹村が生還。
早大・小島が、4回3分の2を8安打1四球3失点3奪三振で春季5/16の立大3回戦以来となる黒星=画像中。
この日の早大は、4併殺で三塁をふめず昨秋10/31の慶大3回戦以来となるシャットアウト負けで春季の1回戦から対明大戦3連敗。
明大・齊藤が113球を投げ、6安打1四球6奪三振で抑え通算45試合目の登板で春季4/22の早大1回戦以来となる白星を初完封勝利でかざる=画像下。
3長打ふくむ10安打の明大が、3対0で勝って昨春から4季連続の緒戦白星スタートとしました。
 

http://www.big6.gr.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 9月 4日(月)04時58分41秒
返信・引用
  慶大-NTT東日本戦は、引き分けました。

 慶大021 000 000 ┃ 3
 N東000 300 000 ┃ 3

慶大日吉総合グラウンド、先発が菊地と渡邉。
慶大は2回2死一、三塁で植田清が左前打し倉田かえって先制。つづく2死一、二塁からは柳町の左越えツーベースで照屋が生還しこの回2点。
3回にも、1死から岩見の左越えソロで3点リード。
N東は4回1死二、三塁で長澤(1年目=上武大)が中前打しきのう3安打の北道(14年目=駒大)かえり反撃。つづく1死一、三塁からは二十八(つちや、4年目=中大)の一ゴロの間に矢島(7年目=仙台大)が生還して1点差。つづく2死二塁で、髙橋(1年目=駒大)が中前打し長澤かえってこの回3点を入れ同点へ。
慶大・菊地が、4イニングを6安打4四球3失点4奪三振=画像上。
N東は5回1死一、三塁で慶大3番手・佐藤(=画像中)から長澤の浅い右飛で一走・池沢(3年目=東農大北海道オホーツク)が飛び出し併殺。
7回にも2死一、二塁で慶大4番手・石井雄(2年=慶應志木)から池沢が見逃し三振と好機をいかせず。
投げては、渡邉(2年目=神奈川工大)が7イニングを10安打2四球3失点5奪三振=画像下。
味方打線は、8安打も3併殺や盗塁死ひびき8残塁で同点止まり。
慶大は、序盤のリード守れず打線も5回以降二塁をふめず8月からのオープン戦成績を5勝7敗2分けに。
2時間44分の慶大-NTT東日本戦は、3対3の引き分けでした。
 

http://baseball.sfc.keio.ac.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 9月 3日(日)08時00分1秒
返信・引用
  法大-中大戦は、法大が勝ちました。

 中大010 000 020 ┃ 3
 法大001 030 00X ┃ 4

法大川崎総合グラウンド、先発が菅野と花城。
初回に中大は1死三塁で保坂が三ゴロに堀内は二ゴロ、法大もその裏2死三塁から中山が三ゴロ。
中大は2回2死一、二塁で大工原が左前打し牧かえり先制。
その裏に法大は2死二塁から、鎌倉が中前打も二走・福田は中大・五十幡中堅手の好返球に本塁タッチアウト。
それでも3回2死三塁から、毛利の中前打で向山が生還し同点へ。
5回には1死満塁で、中山が左越えツーベースをはなち向山と相馬かえって勝ち越し。つづく1死二、三塁からは福田の左前打で毛利かえりこの回3点。
投げては菅野が5イニングを2安打3四球1失点で、中大・花城が5回を7安打5四死球4失点2奪三振。
3点差を追う中大は8回2死二塁で、法大4番手・落合から宮本が中越えスリーベースをはなって大城龍が生還。つづく2死三塁からは、牧の左前打で宮本かえりこの回2点かえすも反撃そこまで。
9回には、法大6番手・熊谷から河合と大城幸に田畑が三者凡退で万事休す。
きのうの中大は、投がふんばれず8/23鷺宮製作所戦からの連勝が4でとまりオープン戦成績を8勝7敗2分けに。
4長打ふくむ9安打の法大が、4対3で中大に勝って成績を16勝6敗5分けとしました。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月28日(月)05時10分1秒
返信・引用
  明大-日大戦は、明大が勝ちました。

 日大030 000 000 ┃ 3
 明大101 001 001x┃ 4

明大 内海・島岡ボールパーク(=画像上)、先発が入江と大和田(3年=日大東北)。
明大は初回1死三塁から、添田の高くはずむ二ゴロの間に河野かえって先制。
日大は2回2死一、二塁できのう3安打の田中達が中前打し北阪かえり同点。つづく2死一、二塁から古谷の右前打で石井大が生還し2対1。つづく2死一、三塁からは上川畑への4球目に一走・古谷が二盗、さらに明大・橋本捕手が二塁悪送球する間に三走・田中達かえってこの回3点。
3回に明大は、1死満塁から添田の遊邪飛で山本が生還し1点差。
日大・大和田が、4回で5安打1四球2失点=画像中。
明大・入江が、5回を6安打5四球3失点4奪三振=画像下。
味方打線は6回1死で、日大3番手・田中凌から和田が左中間ソロをはなち3対3の同点へ。
追いついた明大は、9回に日大5番手・上原から坪井と渡邉涼が連続左前打して1死一、三塁と一打勝ち越しのチャンス。ここで、代わった日大6番手・春日井から奥村が中前打し三走・荒井海かえってサヨナラ勝ち。
投げては、9回表に登板の3番手・中山(1年=鳴門)が1イニングを1安打1四球無失点1奪三振。
9回裏から登板した日大・上原(3年=山梨学院)が、3分の1イニングで2安打無四球1失点。
きのうの日大は、10安打も10三振12残塁と8/24東大戦からの連勝が3でとまりオープン戦成績を8勝5敗2分けに。
9安打の明大が、4対3で日大に勝って成績を5勝3敗3分けとしました。

http://meiji-bbc.net/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月26日(土)21時12分23秒
返信・引用
  東洋大-JFE東日本戦は、引き分けました。

 JF東000 000 000 ┃ 0
 東洋000 000 000 ┃ 0

東洋大川越キャンパス野球場、先発が片山翔と辻。
2回にJF東は1死一、二塁から生多(6年目=東北福祉大)が中飛に岡(5年目=東洋大)は二ゴロ。
東洋は3回1死二、三塁で宝楽が浅い左飛に小川は遊直。
JF東・辻(4年目=愛知学院大)が、3イニングを1安打2四球無失点1奪三振=画像上。
東洋・片山翔が、6回を3安打1死球無失点4奪三振=画像中。
3回から8回まで二塁をふめぬJF東は9回1死一、二塁で東洋2番手・甲斐野(=画像下)から長谷川(6年目=法大)が空振り三振、内藤(5年目=青学大)は投ゴロで二者残塁。
4回から二塁をふめぬ東洋は9回1死で、JF東5番手・中林(8年目=慶大)から末包が遊ゴロに原澤は二ゴロで無得点。
きょうの東洋は投手陣が零封も打線は散発2安打と沈黙、JF東は打線が5安打8三振で三塁をふめず。
2時間2分の東洋大-JFE東日本戦は、スコアレスドローでした。
 

http://www.jfe-steel.co.jp/works/east/baseball/index.html

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月24日(木)20時40分58秒
返信・引用
  慶大-環太平洋大戦は、慶大が勝ちました。

 環太100 000 000 ┃ 1
 慶大020 011 20X ┃ 6

慶大日吉総合グラウンド、先発が髙橋佑と伊藤。
初回に環太は1死一、二塁で槇山(2年=久留米商)が左前打し大脊戸(1年=広島国際学院)かえって先制。
慶大は2回無死三塁から、倉田の右中間スリーベースで清水翔が生還し同点。なおも1死三塁で、河合への7球目を環太・伊藤が暴投して倉田かえりこの回2点を入れ勝ち越し。
環太・伊藤(3年=松江東)が、2イニングで4安打2四球2失点=画像上。
慶大は5回に環太2番手・平澤津(1年・クラーク記念国際=画像中)から、きょう3安打した先頭・柳町がバックスクリーン直撃の中越えソロをはなち3対1。
6回にも2死一、二塁で環太3番手・又吉(4年=浦添)から瀬尾の左越えツーベースで河合かえって3点リード。
投げては、髙橋佑が6イニングを3安打3四死球1失点2奪三振=画像下。
味方打線は7回2死一塁で、環太4番手・家森(3年=玉島商)から小原徳の右越えツーベースで郡司が長駆生還。つづく2死二塁からは、瀬戸西も左翼線ツーベースをはなって小原徳かえりこの回2点追加。
追い込まれた環太は9回2死一、三塁で慶大3番手・関根から黒岩(1年=神港学園)への4球目に一走・熊倉(3年=浦和学院)が二盗に失敗し万事休す。
きょうの環太は、投手陣が打ち込まれ8/12のJFE西日本戦から8連敗し今月のオープン戦成績を1勝9敗1分けに。
毎回走者と7長打ふくむ10安打の慶大が、6対1で環太平洋大に勝って8月の成績を4勝2敗1分けとしました。
 

http://baseball.sfc.keio.ac.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月21日(月)04時18分45秒
返信・引用 編集済
  明大-中大戦は、引き分けました。

 中大110 000 001 ┃ 3
 明大000 001 020 ┃ 3

明大 内海・島岡ボールパーク、先発が水野と花城。
中大は、初回1死から土谷の右越えソロで先制。
2回にも1死二塁で、小野寺が中前打し堀内かえって2点リード。
明大は3回2死二塁から村上が見逃し三振、4回には2死二塁で森下智が左飛。
投げては、水野が5回を4安打1四球2失点3奪三振=画像上。
味方打線は6回2死二、三塁から平塚への3球目を中大・保坂捕手が二塁へけん制悪送球する間に、三走・内山(2年=静岡)かえり1点差。
中大・花城が、7回を6安打2四球1失点3奪三振=画像中。
明大は8回1死二塁で、中大2番手・鳥養(=画像下)から逢澤が右越えツーランをはなちこの回2点とし3対2とリード。
ねばる中大は9回2死二塁で、明大5番手・長江(2年=帯広緑陽)から田畑が中前打し大城幸かえって同点へ。
きのうの中大は、打で7安打も投がリード守れずオープン戦成績を4勝5敗2分けに。
明大は、3長打ふくむ7安打をはなち8回まで毎回走者も3併殺など攻めきれず成績を2勝1敗3分けに。
2時間28分の明大-中大戦は、3対3の引き分けでした。
 

http://meiji-bbc.net/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月19日(土)20時42分13秒
返信・引用
  東洋大-立大戦は、立大が勝ちました。

 立大001 000 020 ┃ 3
 東洋000 000 000 ┃ 0

東洋大川越キャンパス野球場、先発が田中誠と上茶谷。
初回に立大は2死一、三塁で山根が見逃し三振。
東洋は、その裏2死二塁から佐藤が中飛。
立大は、2回2死満塁で松﨑が左飛。
それでも3回2死二塁からは、種田(おいだ、3年=大垣日大)の左越えツーベースで笠松かえり先制。
投げては、田中誠が5回を2安打1四球無失点4奪三振=画像上。
東洋・上茶谷が、6回を4安打3四死球1失点5奪三振=画像中。
1点リードの立大は8回1死二塁で、東洋3番手・山下雅(=画像下)から山根の右翼線スリーベースで柿澤(4年=立教池袋)が生還。つづく1死三塁からは、種田が右前打し山根かえってこの回2点。
7回まで三塁をふめぬ東洋は8、9回と立大3番手・中川の前に三者凡退で反撃ならず。
きょうの東洋は、散発3安打と打線が沈黙し投手陣を援護できず零敗。
3長打ふくむ7安打の立大が、3対0で東洋大に勝ってオープン戦成績を4勝6敗1分けとしました。
 

http://rikkio-bbc.com/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月13日(日)19時32分42秒
返信・引用
  JX-ENEOS対早大戦は、ENEOSが勝ちました。

 早000 000 000 ┃ 0
 E001 010 30X ┃ 5

ENEOSとどろきグラウンド、先発が左澤と早川の両左腕。
ENEOSは3回2死三塁で、須藤(1年目=慶大)への初球を早大・早川が暴投し若林(2年目=法大)かえり先制。
4回に早大は2死一、三塁から宇都口が空振り三振。
5回にも、2死二塁で小藤が一ゴロにたおれ好機をいかせず。
ENEOSはその裏、先頭・山崎珠(4年目=横浜商大)が中越えソロをはなち2点リード。
投げては、左澤(1年目=横浜商大)が7イニングを6安打無四球無失点4奪三振=画像上。
味方打線は7回裏に1死二、三塁で早大2番手・柳澤(=画像中)から髙橋(1年目=愛工大名電高)が左前打し柏木(6年目=城西国際大)かえって3対0。つづく1死一、三塁からは真鍋(1年目=早大)の捕前スクイズで山崎珠が生還。つづく2死二塁で、きょう3安打の塩見(2年目=帝京大)が右翼線ツーベースをはなって髙橋かえりこの回3点。
早大・早川が、6回3分の0を6安打2四死球4失点3奪三振=画像下。
きょうの早大は、5回以降三塁をふめず打線沈黙でオープン戦成績を3勝1敗1分けに。
8安打のJX-ENEOSが、5対0で早大に勝ちました。
 

http://www.wasedabbc.org/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月12日(土)08時21分59秒
返信・引用
  専大-東京経大戦は、東経が勝ちました。

 東経200 020 101 ┃ 6
 専大000 201 200 ┃ 5

専大伊勢原総合グラウンド、先発が金城(=画像上)と酒井(3年=栄北)。
東経は初回1死満塁で、きのう3安打の目黒(1年=錦城学園)が中前打し岡田(3年=中央学院)かえって先制。つづく1死満塁からは、秋葉[夢](1年=帝京)の中犠飛で間柄(4年=日大明誠)が生還しこの回2点。
専大は、4回に先頭・福永が左越えソロをはなち反撃。なおも1死からは、秦も左越えソロをはなってこの回2点を入れ同点へ。
東経は5回1死二塁から、舟木(4年=水戸商)の左越えツーベースで深代(3年=前橋商)かえり3対2。つづく1死二塁で、専大2番手・藤本(2年=西脇)から目黒も左越えツーベースをはなち舟木かえってこの回2点。
専大・金城が、4回3分の1を5安打3四死球4失点3奪三振。
東経・酒井が、5イニングを6安打1四球2失点1奪三振=画像中。
2点差を追う専大は6回2死二塁で、東経2番手・星野(4年=前橋商)から岡本良が左前打し秦かえり3対4。
7回に東経は1死一、二塁で専大3番手・勝田から大金(4年=安田学園)が中前打し目黒生還。
専大もその裏に無死二塁で、東経3番手・山田一(3年=都昭和)から和田が中前打し秋葉[和]かえって1点差。さらに1死二塁からは、竹並も中前打して和田かえりこの回2点で5対5の同点へ。
追いつかれた東経は9回1死二、三塁で専大4番手・前田から小山(4年=安田学園)の高くはずむ遊ゴロの間に1点勝ち越し。
その裏に専大は2死二、三塁のチャンスで東経4番手・宮田から福永が右飛にたおれ万事休す。
8回から登板した専大・前田が、2イニングを2安打無四球1失点2奪三振。
7回途中から登板の東経・宮田(3年=上尾)が、2回3分の1を2安打1死球無失点2奪三振=画像下。
きのうの専大は、投手陣がふんばれず打線は5長打ふくむ13安打も同点止まり。
12安打の東京経大が、6対5で専大に勝って今月のオープン戦成績を7勝1敗1分けとしました。
 

http://senshu-bc.moon.bindcloud.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月11日(金)06時58分1秒
返信・引用
  早大-天理大戦は、早大が勝ちました。

 天理000 110 003 ┃ 5
 早大000 115 20X ┃ 9

早大安部磯雄記念野球場、先発が小島と森浦(1年=天理高)の両左腕。
4回に天理は2死二塁で、田中秀(3年=明徳義塾)が中前打し荻野(3年=社)かえって先制。
早大はその裏2死一、二塁から宇都口の遊ゴロを天理・権代(3年=安来)がそらし山岡(3年=早実)かえり同点。
天理は5回1死三塁から、大石(1年=大阪桐蔭)の左翼線スリーベースで中村(4年=大阪桐蔭)が生還し2対1。
その裏に早大は2死一、二塁で山岡が右前打し戸谷かえって同点へ。
天理・森浦が、5イニングを2安打2四球2失点4奪三振=画像上。
早大は6回2死満塁で、天理3番手・松原(2年=桜宮)から檜村が走者一掃の右中間スリーベースをはなち勝ち越し。つづく2死三塁から、三倉への7球目を天理・松原が暴投し6対2。なおも2死一塁からは、山岡の左前打を天理・牧野(4年=龍谷大平安)がそらして三倉かえり、この回打者一巡3安打2四球1失策で一挙5点。
この回に登板の天理2番手・蔵下(3年=市立尼崎)が、3分の1イニングで無安打1四球1失点=画像中。
7回にも早大は2死二、三塁で天理4番手・八木(2年=敦賀)から小藤が右前打し二者生還して追加点。
投げては、小島が7イニングを6安打2四球2失点2奪三振=画像下。
7点差を追う天理は9回1死満塁で、早大3番手・柴田(1年=早大学院)から敷名(3年=加古川北)が右前打し早田(2年=日高中津分校)かえって3対9。つづく1死満塁から、篠原(2年=龍谷大平安)の一ゴロを早大・和田(2年=早実)がはじき尾﨑(3年=明徳義塾)生還。つづく1死満塁からは、荻野の中犠飛で中村かえりこの回3点かえすも反撃そこまで。
きのうの天理は、8安打も投手陣が中盤ふんばれず勝ち越しゆるす。
9安打の早大が、9対5で天理大に勝ってオープン戦成績を2勝1分けとしました。
 

http://www.wasedabbc.org/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月10日(木)06時14分10秒
返信・引用
  駒大-新日鐵住金鹿島戦は、鹿島が勝ちました。

 鹿島003 002 011 ┃ 7
 駒大002 100 001 ┃ 4

駒大祖師谷グラウンド、先発が白銀と山井(5年目=日大)。
3回に鹿島は1死二塁で、林(2年目=東洋大)が右前打し坂口(2年目=関東学院大)かえって先制。なおも1死二塁からは、木村(4年目=立正大)の中越えツーベースで林が生還。さらに1死一、三塁で高畠(5年目=日体大)が左前打して木村かえりこの回3点。
駒大はその裏、きのう3安打3打点の先頭・米満が右越えソロをはなち反撃。なおも無死二塁からは、酒井良が三ゴロで凡退も鹿島・木村一塁手が三塁悪送球する間に二走・青木が生還しこの回2点。
4回にも2死から、米満が右越えソロをはなって3対3の同点へ。
追いつかれた鹿島は6回無死満塁で、駒大2番手・東野(=画像上)から島田直(3年目=日体大)が左前打し高畠かえって勝ち越し。さらに1死満塁からは、江藤(5年目=八戸大)の右犠飛で佐藤竜(2年目=法大)かえりこの回2点。
駒大・白銀が、5回3分の0を7安打2四死球5失点7奪三振=画像中。
鹿島・山井が、6イニングを6安打1四球3失点5奪三振=画像下。
味方打線は8回2死満塁で、駒大3番手・白崎から堀越(7年目=東洋大)の押し出し四球で石川(4年目=関東学院大)が生還し3点リード。
9回にも2死一、二塁で駒大4番手・保坂から藤本(4年目=國學大)が中前打し佐藤竜かえって追加点。
その裏に駒大は2死一、三塁で鹿島2番手・樋口(3年目=日本文理大)から米満の中前打で平野が生還。さらに2死満塁のチャンスも、鹿島3番手・能間(4年目=東洋大)から東が投ゴロにたおれ反撃およばず。
きのうの駒大は、3長打ふくむ10安打も投手陣がふんばれずオープン戦成績を2勝1敗1分けに。
12安打の新日鐵住金鹿島が、7対4で駒大に勝って成績を2勝1敗1分けとしました。
 

http://komadai-baseball.sakura.ne.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月 9日(水)06時16分16秒
返信・引用
  法大-青学大戦は、青学が勝ちました。

 青学410 204 431 ┃19
 法大523 000 001 ┃11

法大川崎総合グラウンド(=画像)、先発が内沢と山田将。
初回に青学は2死二塁で、長野が中前打しきのう5安打5得点の德本かえって先制。なおも2死二塁からは、きのう4打点の遠藤が左越えツーランをはなち3対0。さらに2死一塁で、きのう3安打の吉澤岳が右越えスリーベースをはなって山本龍かえりこの回4点。
その裏に法大は1死一、三塁から中山の左前打で中村迅が生還し反撃。なおも2死一、三塁できのう3安打の福田が中前打し毛利かえって2対4。つづく2死一、二塁から川口の右前打で向山かえり1点差。さらに2死満塁からは、中村浩の中前打で二者生還しこの回打者10人4安打3四球を集め一挙5点。
2回に青学は、2死二塁から西村の左翼線ツーベースで德本かえって5対5の同点へ。
法大は、その裏1死二塁から中山が左越えツーラン。
3回にも無死一塁で、青学2番手・松本から小林の左中間ツーランに連弾となる毛利の右越えソロでこの回3点。
5点差を追う青学は、4回2死満塁から長野のゆるい投ゴロを法大・内沢が本塁へ悪送球し二者生還で7対10。
6回にも1死二塁で、法大2番手・金子(3年=常総学院)からきのう3安打4打点の小坂井が右中間へツーランをはなち1点差。なおも2死一塁で、法大3番手・岩﨑から遠藤が右中間ツーランをはなってこの回4点を入れついに逆転。
投げては、5回から登板の3番手・阿部が2イニングを2安打無四球無失点1奪三振。
味方打線は7回2死二塁から、德本の右中間スリーベースで吉澤岳が生還し12対10。つづく2死三塁からは、小坂井の右翼線ツーベースで1点。さらに2死二、三塁で長野が左前打し小坂井かえり14対10。つづく2死一、三塁から遠藤への初球前に法大・岩﨑が一塁へけん制悪送球する間に三走・西村かえってこの回も4点。
6回途中から登板した法大・岩﨑が、1回3分の1を6安打無四球5失点2奪三振。
5点リードの青学は8回1死二、三塁で法大5番手・河野太(3年=法政二)から丹治が右前打し荒内(1年=高松商)生還。つづく1死一、三塁からは德本への初球前に法大・河野太が一塁へけん制する間で三走・吉澤岳のディレード・スチールが決まり17対10。なおも2死二塁で、小坂井が中前打し丹治かえってこの回3点。
9回にも2死二塁から、髙島翔(4年=常総学院)が中前打し浅井かえり追加点。
9点差を追う法大はその裏1死二塁で、青学6番手・河端から吉岡(3年=智辯学園)が中前打し舩曳かえすもそこまで。
きのうの法大は、打線が3ホーマーふくむ15安打も投手陣が打ち込まれオープン戦成績を6勝4敗1分けに。
8長打ふくむ22安打の青学大が、19対11で法大に勝って成績を1勝1敗3分けとしました。
 

http://www3.tky.3web.ne.jp/~agubbc/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月 8日(火)07時38分32秒
返信・引用
  法大-國學大戦2試合は、1勝1敗でした。

 國學000 030 000 ┃ 3
 法大013 030 02X ┃ 9

法大川崎総合グラウンド(=画像)、先発が熊谷と上出の両背番17。
法大は2回1死で、この試合3安打4打点の向山が左越えソロをはなち先制。
3回にも2死一、二塁からこの試合3安打の中山が右中間スリーベースをはなって二者生還。なおも2死一、三塁で向山が右前打し中山かえってこの回3点。
國學・上出(1年=札幌第一)が、2回3分の2を5安打1四球4失点1奪三振。
味方打線は5回2死二塁から、西丸の右中間ツーランに連弾となる髙橋(3年=生光学園)の中越えソロでこの回3点を入れ反撃。
法大・熊谷が、5イニングを5安打3四死球3失点7奪三振。
チームはその裏に無死一、三塁で國學2番手・田中から向山の左中間スリーベースで二者生還。さらに1死三塁からは、舩曳の投ゴロを國學・田中が本塁悪送球し向山かえりこの回3点。
8回にも2死一、三塁で國學4番手・木村(2年=旭川大高)から川口が右前打して中村(迅)生還。つづく2死一、三塁からは舩曳も右前打し斎藤卓かえってこの回2点。
第1試合の國學は、投手陣が打ち込まれ打線も1点差にせまるのがやっと。
毎回走者で、4長打ふくむ15安打の法大が9対3で國學大に勝ちました。

 法大020 000 104 ┃ 7
 國學002 250 11X ┃11

第2試合が、朝山と諸見里(俊)[1年=沖縄尚学]の先発で午後1時27分開始。
法大は2回1死二塁から、原田の中越えツーランで先制。
國學は3回1死一塁で、川本(2年=岩国)が右翼線ツーベースをはなち宮迫(3年=崇徳)が長駆生還して反撃。つづく1死二塁からは、この試合4安打の戸張も右中間ツーベースをはなって川本かえりこの回2点とし同点へ。
4回にも2死二、三塁でこの試合4打点の水木(2年=青森山田)が左越えツーベースをはなち二者生還して勝ち越し。
5回には1死二塁から、髙本の左中間ツーベースで5対2。なおも1死一、三塁からは茂木の投前スクイズが本塁野選となり1点。さらに2死一、二塁から桂の左中間スリーベースで二者生還。つづく2死三塁で、水木が左前打し桂かえってこの回打者一巡4安打1四球を集め一挙5点。
投げては、3回から登板の2番手・關橋(4年=國學院久我山)が3イニングを1安打4四死球無失点2奪三振。
法大・朝山(2年=作新学院)が、5イニングを10安打2四死球9失点6奪三振。
味方打線は、7回無死一塁で國學3番手・田村(2年=桐蔭学園)から小林が右中間スリーベースをはなって中村(迅)生還。
その裏に國學は1死二、三塁で法大2番手・森田(3年=富山商)から水木の中犠飛で茂木かえり10対3。
8回にも1死三塁で、法大3番手・宮本勇(3年=明豊)から髙本の左犠飛で鹿屋かえって追加点。
8点差を追う法大は9回無死一、二塁で國學4番手・渡邊(1年=尽誠学園)から村田(1年=横浜)の右中間ツーベースで二者生還。なおも1死二塁からは、原田も右中間スリーベースをはなち村田かえって6対11。つづく1死三塁で、吉岡(3年=智辯学園)が右前打し原田かえりこの回4点かえすもそこまで。
この試合の法大は、打が4長打ふくむ10安打も投が猛打あびオープン戦成績を6勝3敗1分けに。
6長打ふくむ15安打の國學大が、11対7で法大に勝ちました。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月 6日(日)21時20分51秒
返信・引用
  駒大-セガサミー戦は、駒大が勝ちました。

 セガ000 300 000 ┃ 3
 駒大100 000 102x┃ 4

駒大祖師谷グラウンド、先発が久堀(2年=生光学園)と氏家(3年目=東京国際大)。
駒大は初回1死一、三塁で岡田耕が左前打し青木かえって先制。
4回にセガは1死一、二塁から海保(2年目=東京情報大)の左越えツーベースで根岸(2年目=日大)かえり同点。つづく1死二、三塁からは赤堀(8年目=立正大)の三ゴロを駒大・新井がはじき澤良木(7年目=日本文理大)生還して2対1。つづく1死一、三塁で松延(6年目=横浜商大)への初球前に一走・赤堀と三走・海保の重盗が決まりこの回3点。
駒大・久堀が、5回を2安打4四死球3失点4奪三振=画像上。
2点差を追う駒大は、7回に先頭の代打・東が左越えソロをはなって2対3。
9回にも無死満塁で、セガ2番手・田中(7年目=大分工)から恒川の中犠飛で若林かえり3対3の同点へ。なおも1死満塁と一打勝ち越しのチャンス、ここで代打・岡本が中前打し杉浦(1年=静清)かえってサヨナラ勝ち。
投げては、8回から登板の3番手・保坂が2イニングを1安打2四球無失点2奪三振=画像中。
セガ・氏家が、8回3分の0を7安打3四球4失点6奪三振=画像下。
きょうのセガは、けん制死や盗塁死など計6度の走塁ミスひびき投も終盤に力尽き、今月のオープン戦成績を1勝2敗に。
9安打の駒大が、4対3でセガサミーに勝って成績を2勝1分けとしました。
 

http://komadai-baseball.sakura.ne.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月 6日(日)04時03分50秒
返信・引用
  日大-セガサミー戦は、日大が勝ちました。

 セガ000 100 100 ┃ 2
 日大100 102 11X ┃ 6

日大実籾キャンパス野球場、先発が松原と石垣。
日大は初回2死一、三塁から石井祐(2年=東海大望洋)への初球前でセガ・石垣が一塁へけん制悪送球する間に、三走・竹内良(1年=龍谷大平安)かえって先制。
4回、セガは2死からきのう3安打の澤良木(7年目=日本文理大)が右越えソロをはなち同点へ。
日大・松原が、4イニングを4安打無四球1失点3奪三振=画像上。
味方打線はその裏1死から、きのう3打点の松田が右越えソロをはなって勝ち越し。
6回にも無死一、二塁から上川畑の中前打で竹内良が生還。つづく無死一、三塁からは松田の中犠飛で吉村(1年=札幌日大)かえりこの回2点。
投げては、5回から登板した2番手・西居(3年=金沢)が2イニングを2安打無失点1奪三振=画像中。
セガ・石垣(3年目=中大)が、6イニングを5安打2四球4失点4奪三振=画像下。
チームは、7回に先頭・澤良木が連続打席弾となる右越えソロで2対4。
日大はその裏、セガ2番手・鈴木(3年目=東洋大)から先頭・太田(和)が左越えソロをはなち3点リード。
8回にも、無死三塁で松田が右前打し長沢かえって追加点。
きのうのセガは、投がふんばれず7/14の日本新薬戦から1分けはさんだ連勝が3でとまり、7月からのオープン戦成績を8勝3敗1分けに。
3長打ふくむ8安打の日大が、6対2でセガサミーに勝って成績を1勝1敗1分けとしました。
 

http://www.nu-baseball.jp/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 8月 4日(金)23時45分3秒
返信・引用 編集済
  慶大-三菱日立パワーシステムズ戦は、慶大が勝ちました。

 M001 100 000 ┃ 2
 慶100 000 101x┃ 3

慶大日吉総合グラウンド、先発が石井雄(=画像上)と荒川(1年目=城西国際大)。
慶大は、初回2死から岩見が右中間へソロホーマーをはなって先制。
投げては、石井雄が1回3分の1を無安打無失点1奪三振。
MHPSは3回2死で、慶大3番手・伊藤佑(=画像中)から前田(7年目=立大)の左中間ソロで同点へ。
4回にも2死一、二塁から二橋(1年目=東日本国際大)の左前打で久保(2年目=富士大)かえり2対1とリード。
投で、荒川が4イニングを4安打2四球1失点2奪三振=画像下。
慶大は7回1死二塁で、MHPS2番手・松田(3年目=近大)から長谷川(3年=八代)が中前打し瀬尾かえって2対2の同点へ。
追いつかれたMHPSは、9回1死三塁のチャンスも慶大8番手・津留﨑から園田(3年目=国際武道大)、二橋が連続空振り三振にたおれ無得点。
その裏に慶大は2死三塁で、MHPS4番手・田中から河合が高くはずむセカンド内野安打をはなち照屋が生還してサヨナラ勝ち。
投げては、9回に登板の津留﨑が1イニングを1安打無失点3奪三振。
9回裏に登板のMHPS・田中(1年目=愛媛大)が、3分の2イニングで1安打1四球1失点。
きょうのMHPSは、打線が援護しきれず投手陣もリード守れずサヨナラ負け。
3長打ふくむ9安打の慶大が、3対2で三菱日立パワーシステムズに勝ちました。
 

http://baseball.sfc.keio.ac.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月31日(月)22時02分56秒
返信・引用 編集済
  法大-城西国際大戦は、法大が勝ちました。

 城国000 100 000 ┃ 1
 法大100 002 00X ┃ 3

法大川崎総合グラウンド、先発が鈴木昭(=画像上)と武笠(=画像中)。
法大は初回、先頭・福田が右中間へソロホーマーし先制。
2回に城国は2死一、三塁から梅田(2年=長崎日大)が二飛。
それでも4回2死二塁で、西岡(3年=明徳義塾)が右前打し八木(2年=習志野)かえって同点へ。
法大・鈴木昭(1年=常総学院)が、4イニングを4安打無四球1失点3奪三振。
城国・武笠(3年=花咲徳栄)が、5回を4安打1死球1失点2奪三振。
追いつかれた法大は6回、城国2番手・髙橋慶をせめ無死二塁から中山が左中間スリーベースをはなち中継プレーで城国・湯浅(翔)遊撃手[3年=花咲徳栄]が三塁悪送球し、毛利(2年=愛工大名電)につづき打者走者の中山まで生還してこの回2点を入れ勝ち越し。
投げては、5回から登板の2番手・内沢が2イニングを2安打無四球無失点2奪三振=画像下。
6回裏に登板の城国・髙橋慶(2年=西条)が、3分の0イニングで2安打無四球2失点。
きのうの城国は、打線が7安打も投手陣を援護しきれず同点止まり。
5長打ふくむ8安打の法大が、3対1で城西国際大に勝って7/12の九州三菱自動車戦から1分けはさみ3連勝し、オープン戦成績を3勝1敗1分けとしました。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月30日(日)06時30分33秒
返信・引用
  亜大-筑波大戦は、筑波が勝ちました。

 筑波000 000 203 ┃ 5
 亜大000 012 000 ┃ 3

亜大日の出キャンパス野球場、先発が山城と藪崎(2年・県立船橋=画像上)。
亜大は5回1死三塁で、筑波2番手・園田(1年=兵庫・長田)から伊藤寛(1年=静清)の一ゴロの間に中村将かえり先制。
6回に筑波は1死一、三塁で亜大2番手・北庄司(2年=神村学園)から星(3年=桐蔭学園)が一ゴロに新村(2年=神奈川・横須賀)は二ゴロ。
亜大はその裏2死一、三塁から小山倭の遊ゴロを筑波・星が一塁悪送球し正隨生還。つづく2死一、三塁で岩本(2年=金光学園)が左前打し近森かえってこの回2点。
3点差を追う筑波は7回無死二、三塁で亜大3番手・内間(1年=宜野座)から皆神(2年=常総学院)の右前打で種子島(3年=膳所)と松谷(4年=報徳学園)かえり、この回2点を入れ反撃。
9回にも1死三塁で、亜大4番手・嘉陽から森永(4年=川内)が右前打し小坂(3年=金沢泉丘)が生還して同点。なおも1死満塁から、星の左犠飛で森永かえって勝ち越し。つづく2死一、二塁からは新村の三ゴロを亜大・森元(4年=岡山理大附)が一塁悪送球し佐藤(4年=習志野)かえりこの回3点。
7回途中から登板の亜大・嘉陽が、3イニングを4安打1四球3失点1奪三振=画像中。
味方打線はその裏、筑波3番手・村木(1年=静岡)から岩本と中村将に赤嶺が三者連続三振にたおれ逆転負け。
きのうの亜大は、投手陣がふんばれず7/22の白鴎大戦から3連敗しオープン戦成績を7勝7敗1分けに。
7回裏から登板した筑波・村木が、3イニングを無安打1四球無失点6奪三振=画像下。
9安打の筑波大が、5対3で亜大に勝ちました。

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月22日(土)20時50分56秒
返信・引用
  法大-立正大戦は、引き分けました。

 立正003 000 000 ┃ 3
 法大100 000 101 ┃ 3

法大川崎総合グラウンド、先発が鈴木昭と木寺の両左腕。
初回に立正は2死一、三塁で三好が左飛。
法大は、その裏に無死三塁から毛利(2年=愛工大名電)の右前打で宇草かえり先制。
立正・木寺が、1回3分の1を4安打2四球1失点1奪三振=画像上。
味方打線は3回1死三塁から、井橋の投前スクイズが決まり神保かえって同点。つづく2死で、伊藤裕が中越えソロをはなち2対1。なおも2死二塁からは、小畑の左中間ツーベースで三好が生還しこの回3点。
法大・鈴木昭(1年=常総学院)が、3イニングを5安打1四球3失点2奪三振=画像中。
4回、立正は2死満塁で法大2番手・柏野から井橋が見逃し三振。
法大も、その裏2死満塁で立正3番手・福井から向山が左飛。
立正は、6回2死三塁から神保が左飛で追加点ならず。
2点差を追う法大は7回2死二塁で、立正5番手・渡部から原田が左中間スリーベースをはなって向山かえり2対3。
9回にも2死二塁から、向山への9球目を立正6番手・釘宮(=画像下)が暴投しボールがネット裏一塁側寄りを転々とする間に、二走・杉村(1年=広島新庄)かえって同点へ。
きょうの立正は、打線が5長打ふくむ8安打も投手陣がリード守れず。
法大は、中継ぎ投手のふんばりに打線が10安打でこたえオープン戦成績を1勝1敗1分けに。
3時間9分の法大-立正大戦は、3対3の引き分けでした。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月17日(月)20時18分22秒
返信・引用
  立大-桐蔭横浜大戦は、立大が勝ちました。

 桐蔭000 001 000 ┃ 1
 立大011 001 10X ┃ 4

立大新座キャンパス野球場、先発が中﨑と山地。
2回に立大は2死一、二塁で笠井が右前打し藤野かえって先制。
桐蔭は3回1死二、三塁から藤坂(4年=高岡商)が浅い右飛に大神田(2年=日大明誠)は遊ゴロ。
立大は、その裏2死から山根が左越えソロをはなち2点リード。
桐蔭・山地(3年=青森山田)が、3イニングを5安打1四球2失点1奪三振=画像上。
立大・中﨑が、4回を2安打2四球無失点2奪三振=画像中。
桐蔭は5回2死一、二塁で立大2番手・比屋根から大神田が中前打も二走・花村(3年=昭和第一学園)は立大・寺山の好返球に本塁タッチアウト。
それでも6回無死一、三塁から稲葉(1年=松山聖陵)の遊ゴロ併殺打の間に本夛(4年=相洋)が生還し反撃。
立大もその裏2死三塁で、桐蔭3番手・加賀屋(4年=日立第一)から飯迫が中前打し林田かえり3対1。
投げては、5回から登板した比屋根が3イニングを5安打1死球1失点1奪三振=画像下。
味方打線は7回1死二、三塁から小松田(1年=報徳学園)の中犠飛で井上かえって追加点。
桐蔭は8回、9回と立大3番手・中村に抑えられ3点およばず。
きのうの桐蔭は、打線が8安打も8残塁で投手陣を援護しきれず零敗を逃れるのがやっと。
9安打の立大が、4対1で桐蔭横浜大に勝って今月のオープン戦成績を1勝2敗としました。
 

http://rikkio-bbc.com/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月15日(土)22時33分55秒
返信・引用
  亜大-城西国際大戦は、亜大が勝ちました。

 城国020 002 000 ┃ 4
 亜大311 101 01X ┃ 8

亜大日の出キャンパス野球場、先発が北庄司と武笠。
亜大は初回1死一、二塁で頓宮が左前打し正隨かえって先制。なおも1死二、三塁からは岩本(2年=金光学園)の中前打で二者生還しこの回3点。
2回に城国は1死一塁で、きょう3安打4打点の福山(1年=仙台育英)が左越えツーランをはなちこの回2点を入れ反撃。
亜大はその裏1死三塁から、正隨の投前スクイズが決まって佐久本かえり4対2。
3回にも2死二塁から、伊藤寛(1年=静清)の右中間スリーベースで頓宮が生還。
城国・武笠(3年=花咲徳栄)が、2回3分の2で5安打3四死球5失点=画像上。
亜大は4回1死三塁で、城国2番手・青木(3年=専大松戸)から小山倭の投前スクイズが本塁野選となり中村将かえって4点リード。
投げては、北庄司(2年=神村学園)が5回を6安打無四球2失点=画像中。
6回に城国は1死一、二塁で亜大2番手・山城から福山の右中間スリーベースで八木(2年=習志野)と花岡(1年=八戸学院光星)かえり4対6。
亜大は、その裏に城国3番手・菅野(4年・日本文理=画像下)から先頭・手塚が左越えソロ。
8回にも1死二塁で、城国4番手・徳永(1年=白樺学園)から上田が左中間スリーベースをはなち手塚かえって追加点。
追い込まれた城国は9回1死二塁で、亜大3番手・中村稔から岸川(3年=東大阪大柏原)と湯浅翔(3年=花咲徳栄)が連続三振にたおれ万事休す。
きょうの城国は、投手陣が毎回走者ゆるし打線は11安打も序盤で1点差にせまるのがやっと。
4長打ふくむ11安打の亜大が、8対4で城西国際大に勝って先月からのオープン戦成績を6勝4敗1分けとしました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月10日(月)20時25分5秒
返信・引用 編集済
  立教大-立正大戦は、立正が勝ちました。

 立正004 011 041 ┃11
 立教112 101 002 ┃ 8

立教大新座キャンパス野球場、先発が中村と木寺(=画像上)の両背番19。
立教は初回1死一塁から、飯迫が右中間スリーベースをはなち井上かえって先制。
2回にも1死一、二塁で立正2番手・竹井からきのう3安打3打点の笠井が右前打し髙田かえり2対0とリード。
3回に立正は1死一、三塁から伊藤裕のピッチャー強襲ヒットできのう4安打の小郷が生還し反撃。つづく1死一、二塁で立教2番手・池田(3年=小松)から木下が右前打し井橋かえって同点。つづく1死一、二塁からは土井の左中間ツーベースで二者生還してこの回4点。
その裏に立教は1死一、二塁から大東の左翼線ツーベースで二者かえり4対4の同点へ。
4回にも2死二塁で、立正3番手・赤川(2年=弘前学院聖愛)から井上の右飛を立正・小郷が落球し林田かえって5対4。
立正は5回2死三塁で、立教3番手・比屋根から土井のセカンド内野安打で神保が生還し同点。
6回にも2死二塁から、河津の左中間ツーベースで小郷かえり6対5。
立教はその裏1死三塁で、立正4番手・徳重から笠井が右前打し吉田純かえって同点へ。
追いつかれた立正は8回、立教4番手・西村峻をせめ1死から大平の中越えソロで勝ち越し。なおも1死一、三塁で河津の投前スクイズが本塁野選となり吉田悠かえり8対6。つづく1死一、二塁からは神保の中越えツーベースで二者生還しこの回4点。
この回に登板の立教・西村峻(3年=國學院久我山)が、1イニングを3安打2四球4失点1奪三振=画像中。
6回途中から登板した立正5番手・竹内慎が、2回3分の1を3安打1四球無失点1奪三振=画像下。
味方打線は9回1死で、立教5番手・坂井(3年=立教新座)から立松由の中前打を立教・寺山がそらし、打球がセンター後方を転々とする間に打者走者・立松由かえって追加点。
5点差を追う立教はその裏1死満塁で、立正6番手・土田(2年=橘学苑)から江藤(2年=東海大菅生)が右前打し松﨑かえり7対11。つづく1死満塁からは、笠井の左前打で林中かえってこの回2点かえすも反撃そこまで。つづく1死満塁からは寺山が遊ゴロ、つづく2死満塁で立正7番手・渡部から中嶋(1年=佼成学園)も遊ゴロにたおれ万事休す。
きのうの立教は、打線が3長打ふくむ15安打と毎回走者も守りで5失策に投手陣が打ち込まれ逆転負け。
4時間15分の打撃戦は、6長打ふくむ13安打の立正大が11対8で立教大に勝ちました。

http://www.ris.ac.jp/sports/baseball/2017/open/mdcpc700000jgiue.html

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 7月 8日(土)19時53分23秒
返信・引用 編集済
  JX-ENEOS対法大戦は、ENEOSが勝ちました。

 法 100 101 000 ┃ 3
 E 110 102 00X ┃ 5

ENEOSとどろきグラウンド、先発が鈴木と高田。
初回に法大は1死で、きょう3安打の舩曳が中越えソロをはなち先制。
ENEOSはその裏1死二塁から、須藤(1年目=慶大)の左中間ツーベースで髙橋(1年目=愛工大名電高)かえり同点。
2回にも1死二、三塁から百瀬のサード内野安打で真鍋(1年目=早大)が生還し2対1。きょうの百瀬(2年目=松商学園高)は、3安打2打点2盗塁の活躍。
法大・高田(1年=平塚学園高)が、3回で5安打1四球2失点=画像上。
味方打線は4回1死二、三塁から川口の二ゴロの間に村田(1年=横浜高)かえって同点。
その裏にENEOSは2死三塁で、法大2番手・落合から百瀬のファースト内野安打で日髙(9年目=筑波大)かえり3対2。
6回に法大は無死一、二塁で森が左前打し村田かえって同点へ。
その裏にENEOSは1死二、三塁で法大3番手・河野太から塩見(2年目=帝京大)が中前打し百瀬かえり勝ち越し。なおも2死満塁からは、日髙の押し出し四球で須藤が生還しこの回2点。
投げては、鈴木(2年目=木更津総合高)が7回を8安打3四死球3失点2奪三振=画像中。
6回から登板の法大・河野太(3年=法政二)が、2イニングを2安打3四球2失点1奪三振=画像下。
チームは8回、9回とENEOS2番手・藤本(1年目=九国大付高)の前に三者凡退で2点およばず。
きょうの法大は、打線がねばるも投手陣がふんばれず。
3長打ふくむ11安打のJX-ENEOSが、5対3で法大に勝ちました。
 

http://hosei-baseball.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 6月19日(月)05時42分21秒
返信・引用 編集済
  亜大-日体大戦は、引き分けました。

 日体000 000 200 ┃ 2
 亜大010 010 000 ┃ 2

亜大日の出キャンパス野球場、先発が嘉陽と吉田大。
日体は、初回2死三塁でジョセフ(2年=柏日体)が見逃し三振。
2回に亜大は1死満塁から、佐久本の投前スクイズが決まり丸山かえって先制。
日体は4回2死一、三塁で中田(3年=大宮東)が遊ゴロ。
5回にも2死一、二塁から船山(3年=日大三)が遊直にたおれ二者残塁。
亜大・嘉陽が、5イニングを6安打1四球無失点1奪三振=画像上。
味方打線はその裏2死二塁で、正隨が左中間ツーベースをはなち佐久本かえり2点リード。
日体・吉田大(2年=大冠)が、5回を4安打1死球2失点1奪三振=画像中。
チームは7回1死二、三塁で亜大2番手・高野(3年・杵築=画像下)から宮木(1年=日大三)の中前打で中村誠(3年=大阪桐蔭)と馬場(2年=八戸学院光星)が生還、この回2点を入れ同点へ。
8回には1死一、二塁で亜大3番手・髙橋遥から馬場が捕邪飛に川﨑(2年=日大三)は三ゴロで勝ち越しならず。
亜大もその裏2死二塁で、日体3番手・松本航(3年=明石商)から山田が見逃し三振にたおれ中村将が残塁。
きのうの亜大は、打が7安打も投がリード守れず今月のオープン戦成績を2勝3敗1分けに。
日体は、中盤のチャンスいかせず11安打11残塁で同点止まり。
2時間23分の亜大-日体大戦は、2対2の引き分けでした。
 

http://nittaibaseball.com/schedule/4058

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 6月17日(土)20時22分30秒
返信・引用
  横浜商大-三菱日立パワーシステムズ戦は、横商が勝ちました。

 M000 000 010 ┃ 1
 商000 100 01X ┃ 2

横商大みどりキャンパス野球場、先発が渡辺佑と浜屋の両左腕。
MHPSは、3回2死三塁で成田(1年目=中央学大)が二ゴロ。
4回に横商は無死二塁から、西林(3年=宮崎日大)の左翼線ツーベースで大城(4年=熊本城北)かえり先制。
MHPSは5回2死二、三塁で成田が中飛。
6回にも2死一、二塁から中西(5年目=八戸大)が遊ゴロにたおれ好機をいかせず。
投で、浜屋(1年目=樟南高)が5イニングを4安打2四球1失点3奪三振=画像上。
味方打線は8回、無死一塁から伊藤(5年目=法大)の右中間へのシングルヒットでエンドランがかかった成田が長駆生還し1対1の同点へ。
追いつかれた横商はその裏1死二塁で、MHPS4番手・小林から馬場竜(4年=必由館)が左翼線ツーベースをはなち吉川(2年=横浜創学館)かえって勝ち越し。
投げては、渡辺佑(4年=富士学苑)が8イニングを4安打6四球1失点5奪三振=画像中。
8回裏に登板のMHPS・小林(4年目=八戸学院大)が、1イニングを2安打1四球1失点1奪三振=画像下。
チームは9回2死一塁で、横商4番手・藤村(1年=愛工大名電)から成田が二ゴロにたおれ万事休す。
きょうのMHPSは、レギュラークラスがほとんど帯同せず4安打10残塁で同点止まり。
2長打8安打の横浜商大が、2対1で三菱日立パワーシステムズに勝ちました。
 

http://www.mhps.com/baseball/index.html

 

きのうの全日本選手権

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 6月12日(月)05時34分51秒
返信・引用
   立大、59年ぶり日本一

第66回大会・最終日~決勝は、立大が国際武道大に勝って4度目の優勝を決めました。

 国武101 000 000 ┃ 2
 立大500 001 21X ┃ 9

国際武道大-立大戦は、伊藤将と手塚の先発で午後1時3分開始。
初回に国武は2死一、三塁から個人表彰選手で敢闘賞の磯網(2年=東海大相模)が右前打し井上(4年=東海大五)かえって先制。
立大もその裏1死満塁で、山根が左前打し熊谷とこの日3安打2打点の飯迫が生還して逆転。つづく1死一、二塁からは最高殊勲選手賞に選ばれた大東が2号左越えスリーランをはなちこの回4安打1四球で一挙5点、沸きに沸く三塁側の立大応援席。
国武は3回1死一、三塁から磯網の投ゴロ併殺くずれの間に井上かえり2対5。
投げては、前日に続き先発の伊藤将(3年=横浜)が3イニングを5安打1四球5失点。
味方打線は5回1死一、二塁から最優秀投手賞の立大2番手・中川(=画像下)から服部(4年=東海大相模)が見逃し三振に磯網は一邪飛で二者残塁。
3点リードの立大は6回2死一、二塁で国武2番手・林(桂)[3年=銚子商]から髙取が中前打し笠松かえり6対2。
7回には1死一、二塁で国武3番手・青野(3年=市立船橋)から飯迫が左中間ツーベースをはなって二者生還。
8回にも無死一塁で、国武5番手・高橋直(3年=東海大甲府)から髙取の捕犠を国武・小田捕手(4年=千葉明徳)が一塁悪送球し、ボールがライトファウルゾーンを転々とする間に一走・大東かえって追加点。
追い込まれた国武は8回、9回と三者凡退にたおれ万事休す。
きのうの国武は、打線が8安打も投手陣がふんばれず千葉県リーグ勢として昨年大会の中央学院大に続く準V。
国武・赤木(2年=作新学院)が.467で首位打者賞、特別賞は東海大北海道キャンパスチームに。
午後3時24分、1958年第7回大会以来の優勝が決まり三塁側ベンチからマウンド付近へ駆け寄る歓喜の立大ナイン(=画像中)。
3長打ふくむ10安打の立大が、9対2で国際武道大に勝って六大学勢として2年ぶり25度目の大会制覇を果たしました。
おめでとう立教大学、秋季リーグ戦も六大学をリードし春秋連覇をねらいたいですね。
 
 

きのうの全日本選手権

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 6月11日(日)02時23分22秒
返信・引用
   立大、59年ぶりの決勝へ

第66回大会・第5日~準決勝2試合は、国際武道大と立大が勝ちました。

 国武000 000 200 1 ┃ 3
 上武000 010 010 0 ┃ 2
   ( 延長10回 )

上武大-国際武道大戦は、西村雅(2年=熊本国府)と伊藤将(3年=横浜)の先発で午前11時半開始。
上武は5回2死三塁から、山脇(4年=日南学園)のショート内野安打で増野(4年=尾道)かえり先制。
投げては、西村雅が5イニングを1安打3四死球無失点5奪三振。
国武は7回1死一塁で、上武2番手・寺沢(3年=佐久長聖)から赤木(2年=作新学院)が右中間へ1号ツーランをはなち2対1とリード。
1点差を追う上武は8回2死一塁から、田中悠(4年=大冠)の左中間ツーベースで島田(4年=九州学院)かえって2対2の同点へ。
国武・伊藤将が、8イニングを3安打3四死球2失点6奪三振=画像上。
タイ・ブレーク方式の延長10回、国武は1死満塁で上武3番手・宮川哲から服部(4年=東海大相模)のセカンド内野安打で矢後(4年=東海大相模)が生還して勝ち越し。
8回から登板の上武・宮川哲(4年=東海大山形)が、2回3分の2を1安打1失点1奪三振。
味方打線はその裏1死満塁で、国武2番手・平川から島田と阿部優(4年=岡山理大附)が連続空振り三振にたおれ万事休す。
きのうの上武は、打線が援護しきれず13年62回大会以来の決勝進出ならず。
9回から登板した国武・平川(3年=東海大浦安)が、1回3分の2を無安打無失点2奪三振。
2長打ふくむ5安打の国際武道大が、延長10回3対2で上武大(関甲新)に勝って千葉県リーグ勢として昨年大会の中央学院大に続く2回目の決勝進出としました。

 海北000 000 000 ┃ 0
 立大100 000 00X ┃ 1

第2試合、東海大北海道-立大戦の先発が太田将と田中誠の両左腕。
立大は初回1死満塁から、山根の三ゴロを東海北・中西(4年=東海大四)がそらし寺山かえって先制。
2回に東海北は、2死二塁で新井(4年=大谷室蘭)が空振り三振。
立大は、その裏1死二塁から林田が左邪飛に寺山は中飛。
東海北は6回2死一、二塁で福田(3年=東海大四)が左飛。
7回には、1死二塁から有間(3年=前橋工)が見逃し三振に新井は左飛。
8回にも2死一、二塁で立大2番手・中川から福田が中飛にたおれ好機をいかせず。
立大・田中誠が、7回3分の2を3安打3四死球無失点6奪三振=画像中。
追い込まれた東海北は、9回に大河内(3年=東海大四)と今川(3年=東海大四)が連続三振で有間は三邪飛にたおれ反撃ならず。
投げては、太田将(4年=駒大苫小牧)が2安打2四死球1失点5奪三振と球数101で完投もエラー絡みの失点で惜敗=画像下。
きのうの東海北は、打線が沈黙し初の決勝進出ならず。
立大(東京六大学)が、1対0で東海大北海道キャンパス(札幌学生)に勝って1958年第7回大会以来4回目の決勝進出を果たしました。
 

http://www.jubf.net/alljapan/

 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月29日(月)05時24分25秒
返信・引用 編集済
   立大、21世紀初V

最終週2日目、優勝の可能性を残していた慶大が早大に敗れ立大の1999年秋以来35季ぶり13度目の優勝が決まりました。

 慶大103 020 000 ┃ 6
 早大202 100 52X ┃12
   ( 1勝1敗 )

観衆30,000人の神宮(=画像上)、慶大-早大2回戦の先発が菊地と柳澤。
初回に慶大は2死一、三塁で郡司が右前打し天野かえって先制。きのうで郡司.346(3位・点12本3)、天野.327(11位・点8本1)。
早大はその裏1死二塁から、佐藤晋の3号左越えツーランで2対1。
3回に慶大は無死二、三塁からきのうで.340(6位・点15本2)の清水翔が中前打し二者生還で3対2。なおも1死三塁で、早大2番手・二山から照屋が右犠飛をはなって清水翔かえりこの回3点。
早大はその裏2死二塁で、慶大2番手・髙橋佑から宇都口が左前打し加藤かえって1点差。さらに2死二塁からは、長谷川も左前打し宇都口が生還してこの回2点を入れ4対4の同点へ。きのうで加藤.405(1位・点13本4)、宇都口.333(8位・点2本0)。
チームは4回にも2死三塁から、檜村の投手強襲ヒットで織原かえり5対4。
慶大は5回2死満塁から、天野の押し出し死球で郡司が生還し同点。つづく2死満塁で、早大3番手・北濱から瀬尾の左前打で倉田かえってこの回2点とし6対5とリード。
1点差を追う早大は、7回に慶大3番手・髙橋亮をせめ2死満塁と一打勝ち越しのチャンス。ここで代打の福岡が左中間ツーベースをはなち走者一掃で8対6と逆転、沸きに沸く一塁側の早大応援席。さらに2死満塁からは、檜村の中前打で二者生還しこの回打者10人4安打2四球1失策で一挙5点。
投げては、5回途中から登板した北濱が2回3分の1を1安打無失点1奪三振で昨春4/30の法大1回戦以来となる白星=画像中。
5回裏から登板の慶大・髙橋亮が、2回3分の2を4安打4四球5失点4奪三振で初黒星となり2勝1敗=画像下。
4点リードの早大は8回1死二塁で、慶大4番手・関根から長谷川が中前打し八木生還。なおも2死三塁からは、吉澤の左前打で長谷川かえりこの回2点追加。
きのうの慶大は、投手陣がふんばれず昨春4/26の明大4回戦以来となる2ケタ失点で5/14明大1回戦からの連勝が3でとまる。
3長打ふくめ今季4度目の2ケタ14安打の早大が、12対6で慶大に雪辱し5/15立大2回戦からの連敗を3でとめました。

 
 

きょうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月27日(土)21時53分36秒
返信・引用
   慶大、V王手

最終週1日目は、慶大が早大に先勝しました。

 早大000 000 500 ┃ 5
 慶大000 004 40X ┃ 8
   ( 慶1勝 )

観衆30,000人の神宮(=画像上)、早大-慶大1回戦の先発が小島と髙橋佑の両左腕。
慶大は、2回2死三塁で倉田が中飛。
早大は5回2死一、二塁から織原が一邪飛。
慶大は6回2死満塁から、きょうで.340(5位・点13本2)の清水翔が1ボール1ストライクからの3球目を強振。打球は、右翼席へ飛び込む2号グランドスラムとなりこの回4点。
早大・小島が、5回3分の2を2安打4四死球4失点2奪三振で防3.82(10位・2勝1敗)=画像中。
味方打線は7回、先頭の佐藤晋が2号左越えソロをはなち反撃。なおも1死満塁で、慶大2番手・菊地から熊田が中前打し二者生還して1点差。さらに1死二、三塁で慶大3番手・髙橋亮から三倉の遊ゴロを慶大・照屋が本塁野選し岸本かえって4対4の同点へ。なおも1死二、三塁からは福岡の高くはずむ二ゴロの間に小野寺かえりこの回打者一巡2安打3四球で5点を入れリード、沸きに沸く一塁側の早大応援席。
慶大・髙橋佑が、6回3分の1を2安打3四球3失点9奪三振で防2.83(6位・2勝)=画像下。
チームはその裏1死満塁で、早大3番手・早川からきょうで.311(12位・点9本1)の柳町が1号右越えアーチをはなちこの回4点として勝ち越し。
7回裏に登板の早大・早川が、3分の1イニングで2安打2四球4失点し初黒星となり1勝1敗。
味方打線は8回、9回と三者凡退にたおれ万事休す。
きょうの早大は、投手陣が満弾2発あび5/15の立大2回戦から3連敗。
7回途中から登板した慶大・髙橋亮が、2回3分の2を無安打無失点1奪三振に抑え2勝目。
3長打の慶大が、8対5で早大に勝って5/14の明大1回戦から3連勝し6季ぶり35度目の優勝へ王手をかけました。
 
 

きょうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月20日(土)23時59分55秒
返信・引用 編集済
  第7週1日目は、明大と法大が勝ちました。

 明大100 010 001 ┃ 3
 立大000 000 000 ┃ 0
   ( 明1勝 )

観衆16,000人の神宮、明大-立大1回戦の先発が森下暢と田中誠。
明大は初回2死三塁で、越智が中前打し竹村かえって先制。
その裏に立大は2死一、二塁からきょうで.346(7位・点6本0)の飯迫が遊飛。
4回にも1死一、二塁からきょうで.318(10位・点3本1)の藤野が空振り三振に峯本は中飛。
5回に明大は1死三塁で、氷見が中犠飛をはなち渡辺佳が生還。
立大・田中誠が、5イニングを4安打1四球2失点2奪三振で防3.38(9位・3勝3敗)=画像上。
味方打線はその裏2死二、三塁からきょうで.368(2位・点14本2)の笠松が空振り三振にたおれ好機をいかせず。
明大・森下暢が、6回を無安打7四死球無失点4奪三振に抑え防2.92(6位・2勝2敗)=画像中。
チームは9回1死三塁で、立大3番手・中川から宮﨑の遊ゴロの間にきょうで.343(8位・点4本0)の逢澤かえり追加点。
追い込まれた立大は9回2死一、二塁で明大2番手・齊藤から熊谷が三ゴロにたおれ万事休す。
きょうの立大は、8回まで無安打と打線が沈黙し2安打9四死球も11残塁の拙攻で5/14の早大1回戦以来今季2度目となる零敗を喫し、昨春の3回戦からは対明大戦4連敗。
2長打ふくむ6安打の明大が、3対0で勝って4/29法大1回戦からの連敗を4でとめました。

 東大010 000 001 ┃ 2
 法大001 020 00X ┃ 3
   ( 法1勝 )

第2試合、東大-法大1回戦の先発が濵﨑と長谷川。
東大は2回2死二塁から、森田が左前打しきょうで.290(17位・点5本1)の楠田かえって先制。
法大は3回1死満塁から、原田の押し出し死球で中村浩が生還し1対1の同点へ。
5回にも無死満塁で、東大2番手・山下大から中山が右前打し相馬かえり勝ち越し。つづく無死満塁からは、福田の遊ゴロ併殺くずれの間に原田かえってこの回2点。きょうで相馬.333(9位・点4本0)、中山.318(10位・点8本2)。
この回から登板の東大・山下大が、3分の1イニングで2安打1四球2失点し昨秋10/2の早大2回戦以来となる黒星。
法大・長谷川が、7回を6安打無四球1失点5奪三振とふんばり防2.52(4位・3勝)=画像下。
2点差を追う東大は9回1死満塁から、森田への3球目を法大2番手・熊谷が暴投して山田かえり1点差にせまるもそこまで。つづく森田が四球を選び1死満塁も、竹中が遊ゴロで宮台は空振り三振にたおれ惜敗。
きょうの東大は、エラー絡みの失点で勝ち越しゆるし終盤の反撃およばず。
2長打ふくむ6安打の法大が、3対2で東大に勝って4/29の明大1回戦から1分けはさみ8季ぶりの5連勝としました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月15日(月)05時40分7秒
返信・引用
  第6週1日目は、早慶が勝ちました。

 立大000 000 000 ┃ 0
 早大000 100 00X ┃ 1
   ( 早1勝 )

立大-早大1回戦の先発が、田中誠と小島の両左腕。
立大は、2回2死一塁で熊谷が三ゴロ。
早大は3回2死一、二塁からきのうで.320(14位・点6本0)の岸本が空振り三振。
4回に立大は2死一塁から、きのうで.400(3位・点6本0)の飯迫が左飛。
その裏に早大は2死一、三塁から前週まで.217(33位・点3本1)だった佐藤晋が左前打し織原かえって先制。
立大・田中誠が、5安打2四球1失点8奪三振と球数118で完投も防3.55(8位・2勝2敗)=画像上。
味方打線は9回1死一塁から、小松と松﨑が連続空振り三振にたおれ反撃ならず。
きのうの立大は、打線が沈黙し二塁をふめず昨春5/21の明大1回戦以来となるシャットアウト負けを喫す。
早大・小島が115球を投げ、2安打1四球7奪三振で抑え通算13勝を初完封でかざり防2.33(2位・2勝)=画像中。
2長打ふくむ5安打の早大が、1対0で立大に勝って4/29の東大1回戦から3連勝としました。

 明大101 001 000 ┃ 3
 慶大000 030 11X ┃ 5
   ( 慶1勝 )

第2試合、明大-慶大1回戦の先発が齊籐と髙橋佑の両左腕。
明大は初回1死二、三塁で越智のゆるい遊ゴロを慶大・照屋がはじき竹村かえり先制。
3回にも1死一、三塁から平塚が中犠飛をはなちきのうで.357(5位・点4本0)の逢澤が生還。
慶大は5回1死一、二塁で天野が右前打し倉田かえって反撃。なおも1死満塁からは、柳町の左前打で小原徳かえり同点。つづく1死満塁から、岩見の左犠飛で天野が生還しこの回3点を入れ1点リード。きのうで柳町.342(8位・点5本0)、天野.325(12位・点7本1)、倉田.314(15位・点3本0)、岩見.314(15位・点13本5)。
明大は6回1死で、慶大2番手・菊地から宮﨑の1号右越えソロで3対3の同点へ。
追いつかれた慶大は7回2死満塁から、きのうで.333(9位・点8本1)だった清水翔への3球目を明大4番手・入江が暴投し天野かえって勝ち越し。
6回から登板の明大2番手・外尾が、1回3分の0で2安打無四球1失点し初黒星。
慶大は8回にも2死一、二塁で瀬尾が左前打し照屋かえり追加点。
投げては、7回から救援した3番手・髙橋亮が3イニングを無安打無失点2奪三振のパーフェクトに抑え初勝利=画像下。
きのうの明大は、打線が9安打も投手陣がふんばれず4/29の法大1回戦からは4季ぶりとなる3連敗を喫す。
5/7の法大2回戦以来今季6度目となる2ケタ10安打の慶大が、5対3で勝って昨春4回戦から続いた対明大戦の連敗を3でとめました。
 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月 8日(月)06時00分2秒
返信・引用
  第5週2日目は、立大と法大が勝ちました。

 東大100 000 010 ┃ 2
 立大001 113 14X ┃11
   ( 立2勝 )

東大-立大2回戦は、濵﨑と手塚の先発で午前11時開始。
東大は初回1死三塁から、山田への2球目を立大・藤野が捕逸し宇佐美(舜)かえって先制。
立大は3回1死三塁から、寺山の左翼線ツーベースで熊谷かえり同点へ。寺山は、きのう3安打2打点の成績で.378(8位・点3本0)。
チームは4回2死二、三塁で熊谷が中前打しきのうで.405(4位・点6本0)の飯迫が生還して勝ち越し。
5回には1死二、三塁から松﨑の投手強襲ヒットで3対1とリード。
東大・濵﨑が、5イニングを7安打3四死球3失点2奪三振で初黒星となり防5.82(11位・1敗)。
立大は6回2死二塁で、東大2番手・溪から手塚の右中間スリーベースで熊谷が生還。つづく2死三塁で、東大3番手・山下大から寺山が左前打し5対1。なおも2死二塁からは、林田も左前打し寺山かえってこの回3点。
投げては、手塚が7回を4安打無四球1失点9奪三振に抑え防3.00(6位・2勝1敗)=画像上。
味方打線は、7回に先頭・笠松が1号左越えソロをはなち7対1。
8回に東大は1死満塁で、立大2番手・中村から山田の遊ゴロ併殺くずれの間に岩田が生還。
その裏に立大は2死満塁で、東大4番手・柴田から笠松が2打席連続弾となる2号左越えグランドスラムをはなってこの回4点。笠松は、きのう5打点2ホーマーの活躍で.440(2位・点12本2)。
東大は、きのうも投手陣が猛打あび開幕8連敗で39季連続の最下位が確定。
4長打ふくめ今季4度目の2ケタ14安打の立大が、11対2で東大に勝って5勝2敗2分け・勝ち点2(1位)としました。

 慶大201 000 010 ┃ 4
 法大010 000 40X ┃ 5
  ( 法1勝1分け )

第2試合、慶大-法大2回戦の先発が髙橋佑(=画像中)と菅野。
慶大は初回2死一、二塁で郡司が中前打し瀬尾かえり先制。つづく2死一、二塁からは清水翔の右前打で岩見かえってこの回2点。きのうで清水翔.406(3位・点8本1)、郡司.400(5位・点10本2)。
法大は2回1死二、三塁から鎌倉のゆるい遊ゴロの間にきのうで.314(16位・点5本1)の中山が生還し反撃。
慶大は3回無死二塁から、岩見が右前打しきのうで.355(9位・点3本0)の柳町かえり3対1。
それでも、7回2死満塁から岩見が見逃し三振にたおれ三者残塁。
その裏に法大は無死二、三塁で慶大2番手・菊地から舩曳の右越えツーベースで斎藤卓かえって1点差。つづく無死二、三塁から小林が右前打し原田かえり同点へ。つづく無死一、三塁からはきのうで.345(10位・点4本0)の相馬が右中間ツーベースをはなち二者生還してこの回4点を入れついに勝ち越し、沸きに沸く一塁側の法大応援席。
投げては、菅野が7イニングを9安打2四球3失点4奪三振とふんばり防1.93(1位・2勝)=画像下。
6回から登板した慶大・菊地が、1回3分の0を4安打1四球4失点し初黒星。
味方打線は8回無死一、三塁で法大2番手・熊谷から倉田の右犠飛で郡司かえすもそこまで。さらに2死一、二塁から河合が左前打も二走・清水翔は法大・森の好返球で本塁タッチアウト。
きのうの慶大は、4/24の立大3回戦から4戦連続となる今季5度目の2ケタ12安打も10残塁で投手陣もふんばれず逆転負け。
4長打ふくむ9安打の法大が、5対4で慶大に勝って4/29の明大1回戦から1分けはさみ3連勝としました。

 

http://www.big6.gr.jp/

 

きのうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月 6日(土)04時08分33秒
返信・引用 編集済
  早大-神奈川大戦は、早大が勝ちました。

 早大020 400 150 ┃12
 神大100 010 000 ┃ 2

早大安部磯雄記念野球場、先発が小島(=画像上)と重田の両左腕。
神大は初回2死二塁で、城田(1年=大村工)が左前打し荒井(4年=佐渡)かえって先制。
早大は2回1死一塁から、きのう3安打3打点の三倉が左中間ツーベースをはなち佐藤晋かえり同点。なおも1死満塁からは、福岡の押し出し四球でこの回2点を入れ勝ち越し。
神大・重田(2年=佐賀西)が、3回で3安打4四死球2失点=画像中。
早大は4回無死一、二塁で神大2番手・岩瀬晴(1年=昌平)から八木が右中間スリーベースをはなって檜村と福岡生還。さらに2死満塁からは、三倉の右越えツーベースで岡と加藤かえりこの回4点。
投で、小島が4イニングを3安打2四球1失点6奪三振。
5点差を追う神大は5回1死二、三塁で早大2番手・二山から冨岡(2年=下関商)が左前打し夏井(3年=東北)生還。
早大は7回2死二塁で、神大3番手・出井(2年=埼玉栄)から檜村が中前打し三倉かえって7対2。
投げては、5回から登板の二山が3イニングを3安打2四球1失点4奪三振=画像下。
味方打線は8回1死一、三塁から加藤の左越えスリーベースで二者生還。つづく1死三塁で、山岡が右越えツーベースをはなち10対2。なおも2死三塁からは、吉澤の左中間スリーベースで山岡が生還。さらに2死一、三塁で戸谷が左前打し吉澤かえりこの回打者10人6安打1四球を集め一挙5点。
きのうの神大は、打線が11三振で投手陣も打ち込まれ逆転負け。
8長打ふくむ14安打の早大が、12対2で神奈川大に勝ちました。

http://www.ku-baseball.com/

 

今季の六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 5月 2日(火)04時08分0秒
返信・引用
    4/30(日)
 法大、3季ぶりの明大戦勝ち点

第4週最終日は、早大と法大が連勝しました。

 東大000 000 000 ┃ 0
 早大000 221 61X ┃12
   ( 早2勝 )

東大-早大2回戦は、柴田と柳澤の先発で午前10時半開始。
早大は4回無死三塁から、織原が左越えツーベースをはなち長谷川かえって先制。なおも無死一、三塁で柳澤が左前打して織原かえりこの回2点。
昨春5/22の法大2回戦以来となる先発の東大・柴田が、4イニングで4安打3四球2失点し昨秋10/9の立大2回戦以来となる黒星。
早大は5回1死満塁で、東大2番手・小林から織原が押し出し四球を選び岸本生還。つづく1死満塁で、東大3番手・濵﨑から檜村が中前打し加藤かえってこの回も2点。この日で加藤.556(1位・点10本3)、岸本.381(5位・点6本0)。
6回、東大は2死三塁で杉本が空振り三振。
その裏に早大は2死一、三塁から佐藤晋が右前打しこの日で.333(10位・点3本0)の八木生還。
7回にも1死一塁で、東大4番手・宮台から檜村の左中間ツーベースで織原かえり6対0。さらに2死満塁で、岸本が四球を選び押し出し。つづく2死満塁からは、加藤の3号左中間グランドスラムでこの回打者一巡2安打4四球を集め一挙6点。
8回には2死二塁から、柳澤の左越えシングルで三倉かえって追加点。
この日の東大は、投手陣が猛打あび打線も4/9の明大2回戦以来今季2度目となる零敗で明大1回戦からは開幕6連敗。
早大・柳澤が、最速145kmの直球を武器に137球を投げ2安打無四球12奪三振で初完封勝利をマークし防2.35(5位・2勝1敗)=画像上。
4長打ふくめ4/8の法大1回戦以来となる今季2度目の2ケタ11安打の早大が、12対0で東大に勝って4勝2敗・勝ち点2(2位)としました。

 明大000 000 000 ┃ 0
 法大001 111 10X ┃ 5
   ( 法2勝 )

第2試合、明大-法大2回戦の先発が森下暢と菅野。
法大は3回無死一、三塁からこの日で.350(8位・点2本0)の相馬が中犠飛をはなち舩曳かえって先制。
4回にも1死一塁から、大西千の左翼線スリーベースで小林が生還。
5回には、1死から森の1号左中間ソロで3対0とリード。
明大・森下暢が、4回3分の2を6安打2四球3失点4奪三振で初黒星となり防3.65(7位・1勝1敗)=画像中。
法大は6回無死二塁で、明大2番手・石毛から鎌倉の左越えツーベースで大西千が生還。
6回まで三塁をふめぬ明大は、7回1死満塁と一打反撃のチャンスも河野が三ゴロ併殺打にたおれて好機をいかせず。
法大・菅野が、7イニングを4安打4四球無失点7奪三振に抑え昨秋10/22の東大1回戦以来となる白星で防1.17(2位・1勝)=画像下。
味方打線は7回2死満塁から、大崎への初球を明大4番手・髙橋が暴投し中山かえり追加点。
この日の明大は、投打に精彩を欠き昨秋10/16の早大2回戦以来となる零敗で4勝2敗・勝ち点2(2位)とし3季ぶりに法大戦で勝ち点を落とす憂き目。
4長打ふくめ4/15の立大1回戦以来となる今季2度目の2ケタ11安打の法大が、5対0で勝って2勝4敗1分け・勝ち点1(5位)とし4季ぶりの明大戦連勝としました。

 
 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 4月30日(日)08時25分4秒
返信・引用
   明大、今季初黒星

第4週1日目は、早大と法大が勝ちました。

 法大010 000 010 ┃ 2
 明大000 000 100 ┃ 1
   ( 法1勝 )

法大-明大1回戦の先発が、長谷川と齊藤。
明大は初回2死二塁から、きのうで.316(11位・点2本0)の越智が見逃し三振。
法大は2回2死一、二塁で舩曳が右前打し大西千かえり先制。
6回まで三塁をふめぬ明大は、7回2死二塁から添田の左中間ツーベースで越智が生還し1対1の同点へ。
追いつかれた法大は8回1死三塁から、森への5球目を明大・齊藤が暴投し斎藤卓かえって勝ち越し。
投げては、昨春4/10の慶大2回戦以来となる先発だった長谷川が7イニングを4安打1死球1失点6奪三振に抑え初勝利をマークし防0.48(1位・1勝)=画像上。
明大・齊藤が、8イニングを7安打2四死球2失点4奪三振も昨春5/8の法大2回戦以来となる黒星で防2.01(3位・2勝1敗)=画像中。
味方打線は8、9回とも法大2番手・熊谷から三者凡退にたおれ惜敗。
きのうの明大は打線が援護しきれず同点止まり、4/8東大1回戦からの連勝が4でとまり昨春3回戦からの法大戦連勝も3でストップ。
7安打の法大が、2対1で勝って4/8早大1回戦から1分けはさんだ連敗を4でとめました。

 早大103 030 000 ┃ 7
 東大000 011 020 ┃ 4
   ( 早1勝 )

第2試合、早大-東大1回戦の先発が早川と宮台の両左腕。
早大は初回1死二塁から、岸本の右前打を東大・杉本がはじく間に八木かえり先制。きのうで岸本.389(5位・点5本0)、八木.350(9位・点3本0)。
チームは3回にも無死一、二塁からきのうで.529(1位・点6本2)の加藤が2号左越えスリーラン。
5回には1死二塁から、加藤が右中間ツーベースをはなちきのうで.389(5位・点1本0)の宇都口かえって5対0。なおも2死二、三塁で織原が左前打し二者生還してこの回3点。
東大・宮台が、4回3分の2を7安打5四死球7失点5奪三振で防7.88(11位・3敗)。
味方打線は5回2死二塁で、竹中が右前打し楠田かえり反撃。
6回にも無死一、三塁から田口の遊ゴロ併殺打の間に辻居が生還。
8回には2死二塁から、山田の左中間ツーベースで新堀かえって3対7。つづく2死二塁で、田口が中前打し山田かえりこの回2点かえすもそこまで。
きのうの東大は、中盤までの失点ひびき反撃およばず。
初先発の早大・早川が、最速145kmの直球にスライダーを織り交ぜ7回3分の2を8安打無四球4失点11奪三振で初勝利を挙げ防2.38(4位・1勝)=画像下。
4長打ふくむ9安打の早大が、7対4で東大に勝ちました。

 

きのうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 4月24日(月)05時20分0秒
返信・引用
   明大、開幕4連勝

第3週2日目は、明大と立大が勝ちました。

 慶大000 020 000 ┃ 2
 立大010 002 01X ┃ 4
  ( 立1勝1分け )

慶大-立大2回戦の先発が、髙橋佑と手塚。
立大は2回2死満塁から、きのうで.318(11位・点1本0)の寺山が左前打し藤野かえって先制。
慶大は5回1死二塁で、小原和が右前打し倉田かえり同点。なおも2死一、三塁からは柳町も右前打して小原和が生還しこの回2点を入れリード。きのうで柳町.400(7位・点3本0)、倉田.333(9位・点1本0)。
1点差を追う立大は6回1死三塁で、慶大2番手・土井から山根がツーナッシングからの3球目を強振し打球は右翼席へ飛び込む2号ツーランとなって逆転。
5回から登板した慶大・土井が、2イニングを2安打1四球2失点2奪三振で初黒星。
6回から登板の立大・藤田が、2イニングを1安打無四球無失点3奪三振に抑え14年秋10/12の東大2回戦以来となる白星=画像上。
味方打線は8回2死三塁で、慶大3番手・佐藤から笠井の中越えツーベースで飯迫かえって追加点。
きのうの慶大は、打線が9三振で投手陣もふんばれず勝ち越しゆるす。
4長打ふくむ今季2度目の2ケタ10安打の立大が、4対2で慶大に勝って4/16の法大2回戦から1分けはさみ3連勝としました。

 明大001 002 000 ┃ 3
 早大000 000 020 ┃ 2
   ( 明2勝 )

観衆13,000人の神宮、明大-早大2回戦の先発が森下暢と柳澤。
初回に明大は、2死三塁からきのうで.333(9位・点2本0)の越智が遊飛。
早大はその裏1死三塁から、佐藤晋が空振り三振にきのうで.500(1位・点2本1)の加藤が中飛。
明大は2回1死三塁で、河野が空振り三振に清水風は左飛。
それでも3回2死二塁から、きのうで.438(2位・点4本0)の逢澤が右中間スリーベースをはなち森下暢かえり先制。
早大は、4回2死満塁から織原が空振り三振。
明大は6回無死一、三塁からきのうで.385(8位・点3本0)の平塚が左前打し逢澤生還。さらに1死二、三塁で河野が右前打し越智かえってこの回2点。
早大・柳澤が、6イニングを7安打2四球3失点2奪三振で昨秋10/15の明大1回戦以来となる黒星で防3.86(7位・1勝1敗)=画像中。
3点差を追う味方打線は8回2死一、二塁から加藤が中前打しきのうで.412(6位・点3本0)の八木かえり反撃。つづく2死一、三塁で明大2番手・石毛からきのうで.429(5位・点3本0)の岸本が右前打し宇都口かえってこの回2点かえすもそこまで。
9回には無死一塁で、明大3番手・齊藤から吉澤のサード前バントが併殺打となり檜村も二飛にたおれ万事休す。
きのうの早大は、打線が9安打も終盤の反撃およばず前日につづく1点差負けで2勝2敗・勝ち点1(4位)とし3季ぶりの明大戦連敗を喫す。
明大・森下暢が、最速149kmの直球を武器に7回3分の2を7安打2四球2失点7奪三振に抑え初先発初勝利=画像下。
8安打の明大が、3対2で勝って4/8の東大1回戦から4連勝し勝ち点2としました。
 
 

きょうの六大学

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 4月22日(土)22時54分10秒
返信・引用
  第3週1日目は明大が早大に先勝、慶大と立大は引き分けました。

 早大400 010 000 ┃ 5
 明大020 030 10X ┃ 6
   ( 明1勝 )

早大-明大1回戦の先発が、小島と水野。
早大は初回2死一、三塁で岸本が左前打し八木かえり先制。つづく2死一、二塁からは長谷川も左前打し加藤が生還。なおも2死二、三塁で織原への4球目を明大2番手・齊藤が暴投し3対0。つづく2死三塁から、織原の左中間ツーベースで長谷川かえってこの回6安打1失策で4点。きょうで加藤.500(1位・点1本1)、岸本.455(3位・点4本0)、八木.385(5位・点3本0)、長谷川.364(8位・点2本0)。
明大は2回2死満塁から、齊藤の押し出し四球で逢澤かえり反撃。つづく2死満塁で、渡辺佳が中前打し越智かえってこの回2点。きょうで逢澤.385(5位・点3本0)、越智.364(8位・点2本0)。
5回に早大は2死一、二塁から岸本の左前打で八木が生還。
明大もその裏2死二、三塁で早大2番手・清水(4年=宮崎大宮)から河野が中越えスリーベースをはなって竹村と逢澤かえり1点差。つづく2死三塁からは、宮﨑のファースト強襲ヒットで河野かえってこの回3点を入れ同点へ。
追いついた明大は7回1死で、早大3番手・大竹から河野が2ボール1ストライクからの4球目を強振、打球は1号左越えソロとなってついに勝ち越し。
6回から登板の早大・大竹が、3イニングを4安打1四球1失点で昨秋9/27の立大3回戦以来となる黒星。
チームは、9安打はなつも投手陣がふんばれず逆転負け。
初回途中から登板した明大・齊藤が、8回3分の1を5安打無四球1失点7奪三振に抑え防2.03(3位・2勝)=画像上。
4/9東大2回戦につづく今季2度目の2ケタ10安打の明大が、6対5で早大に勝って東大1回戦から開幕3連勝としました。

 立大101 000 000 ┃ 2
 慶大000 020 000 ┃ 2
   ( 1分け )

第2試合、立大-慶大1回戦の先発が田中誠と関根。
立大は初回1死一、三塁で笠松が右前打し寺山かえり先制。きょうで笠松.467(2位・点3本0)、寺山.333(11位・点0本0)。
チームは3回にも無死一、三塁から笠松の遊ゴロ併殺打の間に熊谷が生還。
慶大・関根が、4回を6安打1四球2失点1奪三振で防3.00(5位・1勝)=画像中。
それでも、立大は5回1死満塁で慶大2番手・土井から飯迫と山根が連続空振り三振にたおれ追加点ならず。
慶大はその裏1死二塁から、倉田の左翼線ツーベースで郡司かえって反撃。きょうで郡司.417(4位・点5本1)、倉田.375(7位・点1本0)。チームはさらに2死一、二塁で天野が右前打し倉田かえりこの回2点を入れ同点へ。
立大・田中誠が、8回を6安打3四球2失点6奪三振で防2.45(4位・1勝)=画像下。
慶大は、9回1死満塁と一打サヨナラ勝ちのチャンス。しかし、立大2番手・中川から天野と杉本(2年=中央中教)が連続空振り三振にたおれ勝ち越しならず。
きょうの慶大は、投手陣のふんばりに打線がこたえ中盤以降で9安打しドロー。
立大は、5回の好機のがし打線が援護しきれず。
2時間32分の立大-慶大戦は、連盟規定により2対2の引き分けでした。

http://www.big6.gr.jp/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時22分22秒
返信・引用
  立大-國學大戦2試合は、立大の1勝1分けでした。

 國學200 000 000 ┃ 2
 立大000 200 000 ┃ 2

立大新座キャンパス野球場(=画像上)、先発が田中誠と山岡の両左腕。
初回に國學は2死二塁から、鹿屋の左中間スリーベースで飯野かえり先制。つづく2死三塁で、伊藤雅が左翼線ツーベースをはなち鹿屋かえってこの回2点。
立大はその裏2死一、二塁から山根が遊直。
4回、國學は1死三塁で西丸と山田がともに遊ゴロ。
立大はその裏1死一、二塁から熊谷の右中間スリーベースで飯迫と山根が生還し同点へ。
投げては、田中誠が5回を6安打無四球2失点4奪三振=画像中。
追いつかれた國學は6回2死満塁で、立大2番手・比屋根から横井が一邪飛にたおれ三者残塁。
投で、山岡が6イニングを4安打3四球2失点5奪三振=画像下。
チームは、8安打も中盤の好機いかせず7三振8残塁。
立大は、投手陣がふんばりオープン戦成績を6勝6敗6分けに。
2時間20分の立大-國學大戦は、2対2の引き分けでした。

 立大200 100 010 ┃ 4
 國學100 010 001 ┃ 3

第2試合(B軍戦)は、櫻庭と安西の先発で午後1時26分開始。
初回に立大は2死二、三塁から林中の遊ゴロを國學・荒川(4年=國學院久我山)がそらし、小倉(2年=神戸国際大附)と鷲津(2年=世田谷学園)かえって2点先制。
國學もその裏2死三塁で、鎌仲(2年=北海)が中前打し斉藤かえり反撃。
立大は4回2死二塁から、岡田(3年=南山)の中前打で林中が生還。
國學・安西が、4イニングを3安打1四球3失点3奪三振。
味方打線は5回1死二塁で、斉藤が中前打し桂かえり2対3。
立大・櫻庭(2年=千葉・市川)が、6回を7安打無四球2失点1奪三振。
チームは8回1死二塁で、國學4番手・山口から小松田(1年=報徳学園)が左中間ツーベースをはなち岩崎かえって追加点。
2点差を追う國學は9回2死二塁で、立大4番手・赤塚(2年=麗澤瑞浪)から進藤が中前打し鹿屋かえすもそこまで。つづく2死一塁からは、工藤が中飛にたおれて1点およばず。
この試合の國學は、3長打ふくむ9安打もエラー絡みの失点ひびき惜敗。
9安打の立大が、4対3で國學大に勝ってB軍のオープン戦成績を6勝2敗1分けとしました。
 

http://rikkio-bbc.com/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 4月 1日(土)23時33分33秒
返信・引用
  早大-Honda戦は、早大が勝ちました。

 H 000 001 000 ┃ 1
 早 400 002 00X ┃ 6

早大安部磯雄記念野球場(=画像上)、先発が小島と田中(2年目=福岡工大)。
初回にHondaは、1死二塁で木浪(1年目=亜大)と佐藤(1年目=立大)が連続空振り三振。
早大はその裏1死一、三塁から加藤(2年=早実)への初球をHonda・田中が暴投し八木かえって先制。なおも1死一、三塁できょう3安打の織原(4年=早実)が左越えスリーランをはなちこの回4点。
Hondaは5回2死一、二塁から鈴木(2年目=國學大)が三邪飛。
それでも6回無死二塁で、篠塚(6年目=青学大)が右前打し布袋(2年目=鳥取城北高)かえり反撃。
3点リードの早大は、その裏に無死二塁から長谷川の右越えツーランで追加点。
投げては、小島が8イニングを4安打3四球1失点6奪三振=画像中。
Honda・田中が134球を投げ、8回完投も9安打2四球6失点4奪三振=画像下。
味方打線は9回2死で、早大2番手・北濱から遠藤(2年目=亜大)が二飛にたおれ万事休す。
きょうのHondaは、打線が援護しきれず零敗を逃れるのがやっとで3/28の立正大戦から4連敗しオープン戦成績を7勝7敗1分けに。
4長打の早大が、6対1でHondaに勝って3/24青学大戦からの連敗が4でとまり成績を6勝9敗としました。
 

http://www.wasedabbc.org/

 

春季にむけて

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 3月31日(金)14時05分31秒
返信・引用
  あすが早大-Honda戦、あさっては立教大-國學大戦を見る予定です。
 

http://www.big6.gr.jp/game/preseason/2017spring_preseason.html

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 3月25日(土)20時45分9秒
返信・引用
  亜大-慶大戦は、亜大が勝ちました。

 慶大001 000 000 ┃ 1
 亜大002 400 00X ┃ 6

亜大日の出キャンパス野球場、先発が嘉陽と土井。
3回に慶大は2死一塁から、天野の右翼線スリーベースで照屋が長駆生還し先制。
亜大はその裏1死二、三塁から中村将の投前スクイズを慶大・土井がはじいて頓宮かえり同点。なおも1死二、三塁からは北村の高くはずむ二ゴロの間に矢野(1年=育英)かえってこの回2点を入れ勝ち越し。
慶大・土井(2年=慶應)が、3イニングを2安打2四球2失点2奪三振=画像上。
亜大は4回にも1死満塁で、慶大2番手・髙橋佑(=画像中)から頓宮の左翼線ツーベースで正隨と平田が生還。つづく1死二、三塁からは矢野のゆるい遊ゴロの間に木村かえり5対1。つづく2死三塁で、近森が中前打し頓宮かえってこの回2安打3四球を集め4点。
慶大は、5回2死二塁で天野が三直。
7回には1死一、二塁から瀬尾が中飛に照屋は遊ゴロで二者残塁。
亜大・嘉陽が、7イニングを6安打1四球1失点2奪三振=画像下。
慶大は9回2死三塁で、亜大2番手・井上(1年=育英)から瀬尾が空振り三振にたおれ万事休す。
きょうの慶大は、打線が8安打7残塁で投手陣もふんばれず3/20の日本製紙石巻戦から4試合で39失点しオープン戦成績を6勝6敗1分けに。
6安打の亜大が、6対1で慶大に勝って成績を11勝8敗3分けとしました。
 

http://www2.asia-u.ac.jp/~baseball/

 

きょうのオープン戦

 投稿者:くろっぴー  投稿日:2017年 3月23日(木)19時15分1秒
返信・引用
  法大-東北福祉大戦は、福祉が勝ちました。

 福祉100 000 400 ┃ 5
 法大001 000 000 ┃ 1

法大川崎総合グラウンド、先発が内沢と鈴木。
福祉は初回2死一塁から、冨木(2年=天理)の右越えツーベースで大西[涼](3年=智辯学園)が長駆生還し先制。
3回に法大は2死二塁で、清水二が左前打し大西千かえって同点へ。
投げては、内沢が5回を3安打3四死球1失点5奪三振=画像上。
福祉・鈴木(4年=仙台育英)が、6回を4安打3四死球1失点3奪三振=画像中。
味方打線は7回1死一、三塁で法大2番手・新井悠から永濱(2年=明秀学園日立)が左中間ツーベースをはなち深江(3年=八戸学院光星)と笠井(4年=国士舘)かえり勝ち越し。つづく1死二塁で、法大3番手・磯川(2年=川越東)から中野(3年=日大山形)の中越えスリーベースで永濱が生還。なおも1死一、三塁からは冨木の遊ゴロ併殺くずれの間に中野かえってこの回4安打1死球を集め4点。
6回から登板の法大・新井悠が、1回3分の1を4安打無四球3失点1奪三振=画像下。
チームは8回2死三塁で、福祉2番手・大園(4年=神戸国際大附)から清水二が空振り三振。
9回にも2死二、三塁で福祉3番手・山田(4年=市立和歌山)から毛利が空振り三振にたおれ万事休す。
きょうの法大は、投が打ち込まれ打も終盤の好機いかせず同点止まりでオープン戦成績を8勝8敗1分けに。
4長打ふくむ9安打の東北福祉大が、5対1で法大に勝ちました。

 

http://hosei-baseball.jp/

 

レンタル掲示板
/2